■プロフィール

丸坊主

Author:丸坊主
40代の男です。
テニスは高校から始めました。
福祉の仕事をしています。

『勝つときは正しいテニスで正しく勝つ。負けるときも正しいテニスで正しく負ける』
→テニスで知り会ったテニスマスターT氏の言葉は、私の生き方にも影響を与えてくれています。

『やることをやって、それで止められたなら運が悪かったということと、一方でひとつひとつの技術のクオリティーが低いから、それを許してしまうのだと思います』
(テニスマガジン2009.8号より)
→杉山愛選手のこの言葉はずっと心に残っています。試合における腹のくくり具合と冷静な自己分析が両立した、素敵な言葉だと思っています。

試合において、『正しいテニス』や『やるべきこと』をやりきれたか。練習において、試合で止められた技術の向上を意識して取り組んだか。
そんなことを考えながらテニスをしています。

使用ラケット:
ラケット迷子を抜け出し、マンティスプロ295(初代モデル)に決まりそうです。

使用ストリング:
ストリングは完全に迷子になっています。
テンションも28P~55Pで、振り幅が大きいです。

使用シューズ:
アシックス一筋です。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
差別されてる自覚はあるか
差別されてる自覚はあるか 横田弘と青い芝の会「行動綱領」
荒井裕樹著/現代書館


なんとなく手に取ってみたのですが、すごい本でした。
一支援者として対人支援に携わって感じるモヤモヤがありまして
その正体を明らかにしてもらえたような気がします。

内容はまとめきれないので、青い芝の会「行動綱領」(初期版)と、簡単な感想を。

われらかく行動する
一、われらは自らがCP者である事を自覚する
われらは、現代社会にあって「本来あってはならない存在」とされつつある自らの位置を認識し、そこに一切の運動の原点をおかなければならないと信じ、且、行動する。
一、われらは強烈な自己主張を行う
われらがCP者である事を自覚したとき、そこに起るのは自らを守ろうとする意志である。
われらは強烈な自己主張こそそれを成しうる唯一の路であると信じ、且、行動する。
一、われらは愛と正義を否定する
われらは愛と正義の持つエゴイズムを鋭く告発し、それを否定する事によって生じる人間凝視に伴う相互理解こそ真の福祉であると信じ、且、行動する。
一、われらは問題解決の路を選ばない
われらは安易に問題の解決を図ろうとすることがいかに危険な妥協への出発であるか、身をもって知ってきた。
われらは、次々と問題提起を行うことのみ我等の行いうる運動であると信じ、且、行動する。


本文より
横田の思想の神髄は「障害者も生きたい。ただ、それだけのこと。それをあなたはどう思いますか?」ということに尽きるのだ。
(略)人は、いろいろと理由や理屈をこねて、規律やルールのようなものをつくり出す。「働かざる者喰うべからず」とか、「他人様に迷惑をかけてはいけない」とか、「経済的に自立してこそ一人前だ」とか。
でも、働けない人や、どうしても他人の手を借りなきゃいけない人や、経済的に自立できない人は、本当に生きてちゃいけないのか?そういった規律やルールを作ったのは、もちろん障害者ではない。むしろ、健康でキビキビ働ける人たちが、障害者のように他人の手を借りなければ生きていけない人たちを排除するためにつくったルールじゃないのか?
自分の預かり知らぬところでつくられた、自分を排除するルールに従う義理はない。自分はただ生きていたい。それだけのこと。それをあなたはどう思いますか?
繰り返すけれど、横田の主張はものすごく単純だ。





考えたことなど
・障害を抱えている方々の自己、主体性を奪っているのは、他ならぬ私たち支援者なのかもしれません。それでも誰かが彼らを支えなければならない。
そうである以上、私はここにとどまっていようと思っていますが、私の手が汚れているかもしれないことから、目を背けることもできません。
・彼らに対して不寛容である人たちの理屈がわかってしまう。わかるから私は怒れない。そんな私は支援者失格なのでしょう。
それでもそこから思考を進めることはできないものかと考えています。
・ここで言われる「自覚」とは、とてつもなく高度な思考作業だと思います。そんな思考作業に思いをはせることすらできない重い障害を抱える方々にも「ありのままで生きさせる社会」を目指さないといけないのでしょうか。
そんなことが現実的に可能なのでしょうか。

人気blogランキングへ まとまらないままの投稿ですいません。よかったらクリックをお願いします。


スポンサーサイト
本とか音楽とか | 09:20:54 | Trackback(0) | Comments(0)
非常識なサーブの打ち方
久々の更新になりましたが、それなりにテニスはやっています。


さて、シングルスに限らないのですが、サービスゲームの優位性を生かせないのが大きな課題の一つです。
サーブがへなちょこすぎるのももちろんですが、サーブから3球目のプレーにつながりがないことを自覚しています。
サーブを打った後で一度動きが途切れてしまうのです。

相手のリターンが甘ければいいんですが、少しいいリターンを打たれるとサービスゲームなのに守備的になってしまう。
なんとなくサーブ&ボレーをしてもボレーで対応できる範囲が狭い。

リターンから攻めてこれる力量を持つ相手にはサービスキープが難しくなる。
いくらリターンが好きと言ってもばしばしブレークできる訳ではないので、著しく勝算が低くなってしまうのです。


要するにサーブを打った後の構えとか姿勢とかそういうことなんですが、ずーっと改善できずにいました。

あまりに悩みすぎたせいか今は非常識な試みをしています。
錯覚かもしれませんが、光明が見えてきているような気がしています。


サーブの際、右足を引き付ける打ち方がありますよね。
今私は、その右足が左足を追い越す形にしています。
追い越した右足に重心のほとんどを乗せて、インパクトの時は完全に前を向いています。

全体像としてはフォアハンドのオープンスタンスに似ています。
腰の使い方としては、柔道の大腰のイメージです。


どの技術書にもこんな打ち方は載っていないのできっと大間違いなのだと思います。
ですが、この打ち方にしてから3球目の入り方がとてもスムーズになりました。
流れが途切れないというか、視線が切れないというか、ともかくスムーズなのです。
苦手なサーブ&ボレーでもスムーズにファーストボレーに入れます。
 (注:当社比です)

サーブ自体のクオリティーについては元々がへなちょこなのでハードルが低いですが、この打ち方だから大きく質が下がったという感じはしません。
むしろコントロールがつけやすいと感じています。

一応フットフォルトをしないように、最初の構えをベースラインから一歩分くらい後ろに設定しています。

致命的な何かが起こるまでは、この形を継続してみようと思っています。

人気blogランキングへ 久々ですが、よかったらクリックをお願いします。


テニス・技術面 | 00:03:42 | Trackback(0) | Comments(0)
オクトパスウェット

グリップテープの話です。

Amazonで面白いグリップテープを見つけまして、即購入してみました。


オクトパスウェット
HORIZONという熊本の会社の商品らしいです。

六角形の細かい模様が編み目のように入っていて、これが滑り止めになるみたいです。


厚み:薄めです
伸縮性:あまり伸びません
吸水性:低いです
滑り止め:結構しっかりしてます
耐久性:使いたてなので不明
値段:1本あたり約150円


・滑るのがイヤだから普段ウェットタイプを使っている。
・手のひらにあまり汗をかかない。
・グリップテープにクッション性を求めない。

上記すべてに当てはまる方、要するにグリップテープに滑り止め以外の性能を求めない、そんな方にとっては良品だと思います。
安いですし。
私にはドンピシャでした。

実は薄さにやや違和感を抱きましたが(グリップが細くなって…)、これは慣れの範囲内だと思います。
使ってみて耐久性がよければメインで使うつもりでいます。

人気blogランキングへ よかったらクリックをお願いします。


買ってみた。 | 09:37:19 | Trackback(0) | Comments(0)
マンティスプロ295Ⅱ
先日ヨメの目を盗んで購入したマンティスプロ295ですが、同モデルの最新版としてⅡが出ています。

そのⅡが我が家に来ました。
もちろんヨメには内緒です。



さて、スペックですが

・プロ295
フェイス:98平方インチ
重さ:平均295g
バランス:320mm
パターン:M16×C19

・プロ295Ⅱ
フェイス:98平方インチ
重さ:295g
バランス:325mm
パターン:M16×C19

となってます。
初代よりⅡのほうが5mm頭寄りのバランスになっているだけで、他は同じです。

説明によると『グラファイトのレイアップ角度を云々…』とか『様々なストリングパターンに対応できるよう…』とか書いてありましたが、その辺は私にはよくわかりません。
(レイアップ角度ってなんでしょう?編み込みの角度?)


あっ、あと、Ⅱはフレームの一部に赤色が入りました。
どうでもいいことですが、個人的にはカラーリングが大事なので。



肝心の初代とⅡを打ち比べた感想ですが、正直違いはわかりません…。

しっかりフレームで硬めの打球感。
取り回しはラクだけどきちんとしたスイングを求められる。
振ったら振ったなりの、かけたらかけたなりの打球が出ていく。
いくらか弾きは感じるものの自分のスイングがそのまま反映される。

そんな感想です。
(初代と同じです)


振った感じの違いは5mmのバランスの差もあるでしょうが、フレームの個体差の範囲内という気がします。
私が調べた範囲ですが、最重量と最軽量で10gくらいの差があるようです。
それだけ差があれば振った感じが変わるのは当然かと。


ストリングは両方ともXR3を50Pで張りました。
初代の方が2週間程度先に張り上がっています。
時間によるストリングの差とフレームの個体差を感じるくらいで、ラケット自体の差はわかりませんでした。

それだけに初代からの乗り換えを考えている方にとっては、不安が少ないと言えます。

私のように両立することも問題ないです。
たぶん。
(私はにぶいのでアレですが…)



初代のインプレで
『薄目のフレームから想像していたよりも弾く印象』
みたいなことを書きましたが、あえて、無理矢理違いを絞り出してみると、Ⅱのほうがパワーがあるような、弾きがあるような気がします。

バランスの差を意識しているからそう感じるだけかもしれません。

なんにしても、気持ちよく振っていけるし、軽めである程度のラクさもあるし、これからのテニスが楽しみで仕方ありません。

人気blogランキングへ 新品を2本なんて何年ぶりだろう…。よかったらクリックをお願いします。

ラケット関係 | 14:19:13 | Trackback(0) | Comments(0)
マンティスプロ295

前記事までの流れをぶち切ってますが、現在メインで使っています。
もちろんヨメには内緒です。


薄めのフレームだから全面ボックス形状かと思っていましたが
スロート部分がボックス形状で、フェイス部分がラウンド形状でした。
そのせいか、薄めのフレームから想像していたよりは弾きがあるように感じました。

ストリングを何にするかで印象は変わるのでしょうが
巷のインプレのように『飛ばない』とは感じませんでした。

ちなみに私はXR3を50Pで張っています。
丸坊主基準ではかなり硬めにしてみました。


打球感は硬めです。
金属的な硬さではなく、硬さの中にしなやかさがあるような、なんとなく木刀っぽい硬さのように感じました。
使ったことがあるラケットで言うとグラファイトミッドの打球感に似ています。
295のほうがずっと取り回しがラクですし、弾きもありますが。

振れば振ったなりの、かければかけたなりの打球が出て行くので
球威や回転量を含めたコントロールに対する信頼感が高いです。
 (当然ミスヒットはミスヒットなりの打球になります…)

取り回しはラクですがフレームのしっかり感と多少の弾き感のおかげか、打ち負ける感じはありません。
まだ試合では試していませんが、ここまで使った印象だとかなりの球威を相手にしても負けないフレームだと思います。

ただしラクちんラケットではないので、それなりに振り切ることが求められます。
取り回しのラクさに乗っかろうとすると痛い目を見ると思います。

いろんな所で使われている表現ですが、一言で表すと『ツアー系軽量ラケット』となります。


ツアー系軽量ラケットを探してて
ヘッド風の扁平グリップが気にならなくて (もしくは扁平グリップが好きで)
変な機能が付いてないラケットを探している方にとっては選択肢に入ると思います。


今回は試打もしないで新品を買いましたが、今のところ当たりでした。
真っ黒なカラーリングが特に気に入ってます。
 (Ⅱは色が入っちゃったから初代にしました)
 (ホントは初代ももっと黒が多ければよかったのに)

人気blogランキングへ こだわっているようで、実はカラーリング優先だったりして…。よかったらクリックをお願いします。



ラケット関係 | 23:15:24 | Trackback(0) | Comments(0)
次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。