■プロフィール

丸坊主

Author:丸坊主
40代の男です。
テニスは高校から始めました。
福祉の仕事をしています。

『勝つときは正しいテニスで正しく勝つ。負けるときも正しいテニスで正しく負ける』
→テニスで知り会ったテニスマスターT氏の言葉は、私の生き方にも影響を与えてくれています。

『やることをやって、それで止められたなら運が悪かったということと、一方でひとつひとつの技術のクオリティーが低いから、それを許してしまうのだと思います』
(テニスマガジン2009.8号より)
→杉山愛選手のこの言葉はずっと心に残っています。試合における腹のくくり具合と冷静な自己分析が両立した、素敵な言葉だと思っています。

試合において、『正しいテニス』や『やるべきこと』をやりきれたか。練習において、試合で止められた技術の向上を意識して取り組んだか。
そんなことを考えながらテニスをしています。

使用ラケット:
ラケット迷子を抜け出し、マンティスプロ295(初代モデル)に決まりそうです。

使用ストリング:
ストリングは完全に迷子になっています。
テンションも28P~55Pで、振り幅が大きいです。

使用シューズ:
アシックス一筋です。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
非常識なサーブの打ち方
久々の更新になりましたが、それなりにテニスはやっています。


さて、シングルスに限らないのですが、サービスゲームの優位性を生かせないのが大きな課題の一つです。
サーブがへなちょこすぎるのももちろんですが、サーブから3球目のプレーにつながりがないことを自覚しています。
サーブを打った後で一度動きが途切れてしまうのです。

相手のリターンが甘ければいいんですが、少しいいリターンを打たれるとサービスゲームなのに守備的になってしまう。
なんとなくサーブ&ボレーをしてもボレーで対応できる範囲が狭い。

リターンから攻めてこれる力量を持つ相手にはサービスキープが難しくなる。
いくらリターンが好きと言ってもばしばしブレークできる訳ではないので、著しく勝算が低くなってしまうのです。


要するにサーブを打った後の構えとか姿勢とかそういうことなんですが、ずーっと改善できずにいました。

あまりに悩みすぎたせいか今は非常識な試みをしています。
錯覚かもしれませんが、光明が見えてきているような気がしています。


サーブの際、右足を引き付ける打ち方がありますよね。
今私は、その右足が左足を追い越す形にしています。
追い越した右足に重心のほとんどを乗せて、インパクトの時は完全に前を向いています。

全体像としてはフォアハンドのオープンスタンスに似ています。
腰の使い方としては、柔道の大腰のイメージです。


どの技術書にもこんな打ち方は載っていないのできっと大間違いなのだと思います。
ですが、この打ち方にしてから3球目の入り方がとてもスムーズになりました。
流れが途切れないというか、視線が切れないというか、ともかくスムーズなのです。
苦手なサーブ&ボレーでもスムーズにファーストボレーに入れます。
 (注:当社比です)

サーブ自体のクオリティーについては元々がへなちょこなのでハードルが低いですが、この打ち方だから大きく質が下がったという感じはしません。
むしろコントロールがつけやすいと感じています。

一応フットフォルトをしないように、最初の構えをベースラインから一歩分くらい後ろに設定しています。

致命的な何かが起こるまでは、この形を継続してみようと思っています。

人気blogランキングへ 久々ですが、よかったらクリックをお願いします。


スポンサーサイト
テニス・技術面 | 00:03:42 | Trackback(0) | Comments(0)
地面から力をもらう

最近ショットのバランスが崩れ気味でした。
強い打球を求めて前重心になりすぎたみたいです。

両足をしっかりグリップすると格段によくなりました。

特にボレーとバックのスライスで
球に力を乗せられるようになりました。

どちらもスイングでどうにかするのが難しいので
余計に崩れていたみたいです。


強い打球を求めれば求めるほど
強い打球から離れてしまう。

難しいものです。

人気blogランキングへ よかったらクリックをお願いします。

テニス・技術面 | 15:58:53 | Trackback(0) | Comments(0)
好調(スライスのみ)

先日の練習会はうまい方ばかりが集まって
ちょっと気後れしました。


『自分の打球を見ない』
『突っ込まない』
を意識してプレーできたので
今の課題はまあまあクリアできました。

このメンツの中でできたのは収穫と言えます。


この日はバックのスライスが好調でした。
コース、深さ、球威がほぼ思い通り!

上記の意識で姿勢が保てたからだと思います。
(フォアはまぁ…ですが、想定される範囲では制御できました)
(もともとの想定レベルがかなり低いのもある)



逆クロスやストレート方向に打つのはまあまあ得意なんですが
この日はクロス方向にもいいスライスが打てました。

『スイングは内→外』
『球の内側を捉える』
(さらにいい時:『上から潰し込む』)

私がスライスを打つときのイメージなんですが
このイメージなので当然クロス方向に持っていくのは難しいです。

クロス方向は球の外側へ面を立てる打ち方(チョップ的な打ち方)で
ごまかすことが多いです。

が、この日は上記の意識でクロス方向にも持っていけました。


この感じで捉えられると
球速はあんまり出ないものの弾んでから滑る
私が求めるスライスの打球になります。

本当にいい形で捉えると
コースや深さがイージーなのに相手が返せないスライスになったりします。
(さすがにこんなのはマレですが)



シングルスのゲーム形式をやりましたが
わざわざセンターに来た球をバックに回り込むくらい
スライスが楽しかったです。

ミスらない、というレベルではなく
ほぼ思ったように打球を運べました。



好調に浮かれて足下をすくわれる
というのはこの世の真理ですが
最近まで続いていた不調時の様子やそこから抜け出たきっかけについては
しっかり記憶しておいてこの先の波に備えなきゃいけないなぁと思っています。

人気blogランキングへ よかったらクリックをお願いします。



テニス・技術面 | 07:47:27 | Trackback(0) | Comments(0)
自分の打球を目で追わない
この間の市民大会では
自分の動作や打球を制御できなくなりました。

今までも一時的にはなったことがありますが
試合を通して改善できなかったのは久しぶりでした。


で、シングルスの練習試合に行ったのですが
ここでも続いて制御できない。

フォアはどこまでもアウトするし
バックのスライスも山なりでオーバーする。

当てて返すしかできないから
なんともつまらない。

しばらくテニスを辞めようかと思ったくらいでした。


そのまま数試合続けているうちに
体が開いてつっこんでいたことが原因と気づいて
そこから打球を制御できるようになりました。


打ちたい場所や打った後の打球を見てしまったのと
ちょっとずつよくなっていたストロークで
もっと球威を出したいという欲が出ていたのでしょう。


気づいてしまえばなんてことのない話なんですが
たったコレだけのことで壊れてしまうんだなぁと思うと
なんとも不思議です。


ダブルスではペアさんに迷惑をかけてしまいましたが
9月にもまたダブルスの大会があるし
8月末のシングルスにも間に合いそうで
一安心です。

人気blogランキングへ よかったらクリックをお願いします。


テニス・技術面 | 13:00:38 | Trackback(0) | Comments(0)
前を向きたい

超ゆるストリングは継続しています。

コントロールというか
コースだけでなく球威も含めた打球の制御が難しいです。

一方で、当てさえすればとりあえず前に飛ぶので
ラクな部分もあるんですが。

修行は続きます。



さておき
このあいだのレッスンで
途中までまあまあだったストロークが突然崩れました。

理由はわかっていました。
上体を開いてしまうから。


『ヒラカナイ、ヒラカナイ…』
と唱え続けてプレーしたら
バックはすぐ治りました。
(病は気から!)

でもフォアはどうにもこうにも治らない。

特にラリーや試合形式といった生きた球になると
治る気配もない。


相手の打球が来て自分が打とうとするその時に
無意識に前を向いてしまうのです。


利き目とか構えとかきっと原因はあるのでしょう。

日によって程度に波はありますが
基本的に私はフォアで上体が開いてしまいますから。

ただこの日は程度がひどくて
私の体が
『フォアを打つときは前を向きたいのだ!』
と主張しているようでした。



あまりにひどくて治らなかったので
『そんなに前を向きたいなら
前を向いて打っちゃいなさい』
と開き直り
右足が左足より半歩くらい前に出る超オープン?なスタンスで
フォアのテイクバックに入ってみました。

もう上体なんて開き放題です。
テイクバックの前から開いてるんですから。

そこまでやってようやく
スムーズに振り出せるようになりました。


見た目に異様だったと思いますし
腰のあたりに負担がありそうな気もしますが
今回に関しては私の体が
『コレでよし』
と言ったような気がしました。



たぶん、ですが
打球から私を見て
肩が入る角度(深さ?)は
クローズでもスクエアでもオープンでも
変わらないような気がします。

クローズスタンスの時に前を向きたいから
肩の入れが甘くなるのであって
前を向けさえすれば肩を入れること自体に不都合はない。

構える私の実感としては
今回試した超オープンな方がしっかり肩が入る気がします。

肩が深く入る上に
前を向きたい私の体の要求は満たされる。


屁理屈かもしれないのですか理屈は通っている気がするので
どうしても上体が開いてしまう日は試してみようと思っています。

人気blogランキングへ よかったらクリックをお願いします。


テニス・技術面 | 20:53:50 | Trackback(0) | Comments(2)
次のページ

FC2Ad