■プロフィール

丸坊主

Author:丸坊主
40代の男です。
テニスは高校から始めました。
福祉の仕事をしています。

『勝つときは正しいテニスで正しく勝つ。負けるときも正しいテニスで正しく負ける』
→テニスで知り会ったテニスマスターT氏の言葉は、私の生き方にも影響を与えてくれています。

『やることをやって、それで止められたなら運が悪かったということと、一方でひとつひとつの技術のクオリティーが低いから、それを許してしまうのだと思います』
(テニスマガジン2009.8号より)
→杉山愛選手のこの言葉はずっと心に残っています。試合における腹のくくり具合と冷静な自己分析が両立した、素敵な言葉だと思っています。

試合において、『正しいテニス』や『やるべきこと』をやりきれたか。練習において、試合で止められた技術の向上を意識して取り組んだか。
そんなことを考えながらテニスをしています。

使用ラケット:
ラケット迷子を抜け出し、マンティスプロ295(初代モデル)に決まりそうです。

使用ストリング:
ストリングは完全に迷子になっています。
テンションも28P~55Pで、振り幅が大きいです。

使用シューズ:
アシックス一筋です。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
終盤にどうなっていたい?


先日、コーチと長めに話す機会があったので
試合の入り方で何を考えているのか聞いてみました。

そこで言われたことがずっと頭に残っています。


『試合の終盤にどうなっていたいか。
 そうなるために序盤をどうプレーしたらいいか。
 それを考えてみたら?』



で、考えているのです。



丸坊主の結論:安心してフォアを振り切れるようになっていたい
 (せめて試合の終盤には)
 (できたらもうちょっと早く)


ただでさえ苦手としているフォアハンドです。
調子がいい日ならともかく
序盤から振り抜くなんてなかなかできないのです。

せめて中盤から終盤には
フォアスラでお茶を濁すのではなく
球を置きに行くこともなく
フォアのスイングを
自分のコントロール下に置けるようになっていたい。


そのために序盤をどうするか?

安易に考えると
 ①多少のミスは気にせず大きく振っていく
 ②ともかくつないで球感を得る
の2択になるでしょうか。

あるいは③として
 基礎的なチェックポイントだけを意識する
なんてのも考えられます。


どれもたぶん間違ってないのでしょうが
なんだか表面的な
机上の空論的な印象が拭えません。

とりあえず練習試合で試してみるしかないのでしょう。

でもこういった視点で自分の試合を振り返ったことはないので
しっくりきてないのですが
途中経過ということで記事に残してみました。

人気blogランキングへ よかったらクリックをお願いします。


スポンサーサイト
テニス・戦術面 | 11:16:33 | Trackback(0) | Comments(0)
プレースタイル?
ダブルスに関してもう少々。


レギュラーで通っているクラスのコーチは
陣形を崩さないこと
 空きスペースを作らないこと
を優先したアドバイスをします。

強引な攻撃というのは
あまり好まないようです。


一方で
振り替えでよく行く別のコーチは
ネットより高い球を攻撃すること
 少ない球数でポイントを取ること
を優先したアドバイスをします。

陣形の保持にこだわったり
つなぎの球を続けるのは
あまり好まないようです。


で、両方のレッスンを受けている生徒たちは
スクールの外で議論するのです。


いったいどっちが正しいのだろうか?


といっても
周りの数人なんですけど。



①は確かに堅い。
間違いなく私はこのタイプです。

だからわかるんですが
つなぎのショットの質を向上させ続けないと
あるレベルから通用しなくなります。

でもレベルが上がれば
それに比例して厳しい球が来る訳です。
その中でショットの質を向上させるのは
かなり難しい。

長丁場での競り合いになると
相手がいいプレーをするか or 相手が自爆するか
という話になってしまいがちです。

自分の力で状況を打開するのは
難しいように思えます。



かといって②がいいのかというと
そうでもない。

社会人男性プレーヤーに多いように思えるのですが
『まず、つなぐ』
という意識が低くなる。
ありていに言うと
『荒いプレー』
が増えてしまう。

みなさんのスクールにはいらっしゃらないでしょうか?
派手なプレーで上手いんだけど
試合では負ける方。

仲間内のテニスだとダントツなのに
外の試合だと…な方。

私の周りには意外と多いです。



我々の間では
まず①を身に付けて
だんだんと②に移行していくのが望ましいのではないか
というのが一応の結論になっています。

確かに②にしても
①が重視する陣形に則った上で
チャンスが来たらそれを度外視する
ということなので
まぁ自然な話に思えます。


でもホントにそうなのでしょうか?


たまたま私は
元々の素質が①なので
より上を目指すために②に挑戦する
というのがスムーズに理解できます。

でも、元の素質が②にある方
攻撃的なプレーに光るものを持つ方が
②を磨く前に①の習得をしなければならないとしたら
それはその方にとって
すごく難しい課題になるのではないでしょうか?

それって、楽しいのでしょうか?



何故こだわるかといいますと
スクールを通じて知り合ったテニス仲間に
②で光るプレーをする方がいるんです。
 (①については、まぁ…)
その方はまず①を身に付けようと
努力しているのですが
自分の得意なプレーにブレーキをかけてしまい
迷いが生じているように見えます。

この迷いは
上を目指すためには避けられないものなのでしょうか?
この方の持つ特性に合った
レベルアップの道筋はないものだろうか?


真剣にテニスに取り組んでいて
試合に勝ちたいと頑張っている仲間なので
何かいい方法はないものかと
考えてしまうのです。

人気blogランキングへ 抽象的でつまらなかったかもしれませんが、よかったらクリックをお願いします。

テニス・戦術面 | 22:09:21 | Trackback(0) | Comments(5)
位置取り
今回はダブルスの陣形についてちょっと。


スマッシュ3月号の
鈴木貴男直伝ダブルス講座に

『サービスゲームでの前衛は少し後ろ目の位置に立ち
 サーブのボールと同じように前に出ていき
 リターンにプレッシャーをかける』

と書いてあったのでその通りにしてみたら
なかなかいい感じ  で攻撃的なプレーができました。


ぜひ皆さんもお試しあれ。







それはそれとして
苦手なシチュエーションがあるんです。

サービスゲームでの前衛の時に多いんですが
サーバーが前に詰めて  きて
ボレーする度に詰めて  きて
前衛の私を追い越しそう  に
あるいは追い越してしまう  ことがあります。

そんな時私はロブをケアしたくなって
前衛なのに下がってしまいます。

いわゆる『逆ポジション』になる訳ですな。


で、たいがい
『下がっちゃダメ  』
と言われます。

この時点で攻撃の体勢になってるから
攻めに集中するべきで
いいロブが来たら諦めるくらいの気持ちでいなさいと。


言ってることは理解できるんですが
この陣形で私も詰めちゃったら
それほどいいロブでなくても
抜かれちゃわないかい?

まぁ、頑張ってスマッシュ
もしくはカットしなさいと
そういうことなのかもしれませんが。



ちなみにダブルス講座によりますと
『ファーストボレーしたらさらに詰める』
とあり
鈴木選手も
『ファーストボレー後のステップで2人が平行に並ぶのは普通。
 場合によっては自分が前に出ることもある』
とコメントしてます。


私にとって問題なのは
その時の前衛がどう動けばいいのか
ということです。


ド詰めのポーチ狙いでいいのか?
そしたらサーバーが前衛を追い越した時点で
2人ともベタ詰めになってしまうではないか。

それは攻撃的というよりもむしろ
無謀な陣形ではないだろうか?



ちなみに私がサーバーの時は
ファーストボレーの後も前衛と並ばないように
陣形を崩さないことを第一に考えます。

前衛を追い越してしまうなんてことは
まずありえません。

逆にボレーしてもその場に留まってしまうことが多くて
それはそれで問題  なんですが。







相手目線で考えてみると
自分がリターンの時
サーバーが前に出てきて
出てくる度に詰めてきたら
確かにプレッシャー  です。

そういう時に
苦し紛れのロブをあげると
たいてい失敗  します。


でも相手のボレーが甘かったらどうだろう?


ロブだって気持ちに余裕を持って上げられるし
ぶつけるつもりで打ち込むにしても
目の前に格好の標的  が二つもある。

沈めるとか抜くのはさすがに厳しいけど。



相手サーバーが私のように
前に出ても下がり目 (サービスラインやや前くらい) だったら
狙うのは足元かアングルになるでしょう。
陣形的にロブは選択しにくい。

けれどプレッシャーは感じないかもしれない。



そう考えてみると
答えはほぼ出ているようなものですが
頭で理解しても
ついつい体が動いてしまうんですよね~。

人気blogランキングへ よかったらクリックをお願いします。


テニス・戦術面 | 21:11:06 | Trackback(0) | Comments(5)
テニスメモ
今日は暖かかった  ですね。

サークルの活動日だったんですが
 (明日もあります  )
眩しいのを除けば絶好のテニス日和で
目一杯、楽しんできました。


やっぱ年末はこうでなくちゃね 


今日はダブルスを延々と回したんですが
よ~く  見てみると
我々レベルの中級プレーヤーのダブルスは
サーブ・リターン・ファーストボレー
で多くのポイントが決まってしまいます。

能動的にポイントを取って終わるなら
まだいいんですが
ほとんどはつまらないミス  で
プレーが切れてしまう。

攻めるべきではない球やポジションで
無理やり攻めてミスをする。
そんな場面が何度もありました。

しかもミスの多くがネット


となると
その逆をすればいいのかなぁと思いまして。


サーブ (特にファースト!)
リターン
ファーストボレー
をネットしないこと!



私はド真ん中の中級なので
サイドやオーバーのアウトは
仕方がないと割り切ることにしました。

だって
「ネットもオーバーも、ついでにサイドアウトもしない」
なんてできないし。

そんなのできたら、もう上級者だよ 


でもそれを意識するだけで
今日は割といいプレーができました。



「ファーストサーブをネットするな!」
とはよく言われてたんです。
辛口テニスマスターM氏から。

あと
「基本的にネットのミスはダメですよ」
とも言われてたんです。
単発でレッスンを受けているコーチから。


だから特別新しい内容ではないのですが
自分も含めて、みんなのプレーを見ていたら
実感を持って理解することができました。


今年最後のテニスメモ  として
残しておくことにします。

人気blogランキングへ よかったらクリックをお願いします。

テニス・戦術面 | 19:53:46 | Trackback(0) | Comments(3)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。