■プロフィール

丸坊主

Author:丸坊主
40代の男です。
テニスは高校から始めました。
福祉の仕事をしています。

『勝つときは正しいテニスで正しく勝つ。負けるときも正しいテニスで正しく負ける』
→テニスで知り会ったテニスマスターT氏の言葉は、私の生き方にも影響を与えてくれています。

『やることをやって、それで止められたなら運が悪かったということと、一方でひとつひとつの技術のクオリティーが低いから、それを許してしまうのだと思います』
(テニスマガジン2009.8号より)
→杉山愛選手のこの言葉はずっと心に残っています。試合における腹のくくり具合と冷静な自己分析が両立した、素敵な言葉だと思っています。

試合において、『正しいテニス』や『やるべきこと』をやりきれたか。練習において、試合で止められた技術の向上を意識して取り組んだか。
そんなことを考えながらテニスをしています。

使用ラケット:
ラケット迷子を抜け出し、マンティスプロ295(初代モデル)に決まりそうです。

使用ストリング:
ストリングは完全に迷子になっています。
テンションも28P~55Pで、振り幅が大きいです。

使用シューズ:
アシックス一筋です。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
差別されてる自覚はあるか
差別されてる自覚はあるか 横田弘と青い芝の会「行動綱領」
荒井裕樹著/現代書館


なんとなく手に取ってみたのですが、すごい本でした。
一支援者として対人支援に携わって感じるモヤモヤがありまして
その正体を明らかにしてもらえたような気がします。

内容はまとめきれないので、青い芝の会「行動綱領」(初期版)と、簡単な感想を。

われらかく行動する
一、われらは自らがCP者である事を自覚する
われらは、現代社会にあって「本来あってはならない存在」とされつつある自らの位置を認識し、そこに一切の運動の原点をおかなければならないと信じ、且、行動する。
一、われらは強烈な自己主張を行う
われらがCP者である事を自覚したとき、そこに起るのは自らを守ろうとする意志である。
われらは強烈な自己主張こそそれを成しうる唯一の路であると信じ、且、行動する。
一、われらは愛と正義を否定する
われらは愛と正義の持つエゴイズムを鋭く告発し、それを否定する事によって生じる人間凝視に伴う相互理解こそ真の福祉であると信じ、且、行動する。
一、われらは問題解決の路を選ばない
われらは安易に問題の解決を図ろうとすることがいかに危険な妥協への出発であるか、身をもって知ってきた。
われらは、次々と問題提起を行うことのみ我等の行いうる運動であると信じ、且、行動する。


本文より
横田の思想の神髄は「障害者も生きたい。ただ、それだけのこと。それをあなたはどう思いますか?」ということに尽きるのだ。
(略)人は、いろいろと理由や理屈をこねて、規律やルールのようなものをつくり出す。「働かざる者喰うべからず」とか、「他人様に迷惑をかけてはいけない」とか、「経済的に自立してこそ一人前だ」とか。
でも、働けない人や、どうしても他人の手を借りなきゃいけない人や、経済的に自立できない人は、本当に生きてちゃいけないのか?そういった規律やルールを作ったのは、もちろん障害者ではない。むしろ、健康でキビキビ働ける人たちが、障害者のように他人の手を借りなければ生きていけない人たちを排除するためにつくったルールじゃないのか?
自分の預かり知らぬところでつくられた、自分を排除するルールに従う義理はない。自分はただ生きていたい。それだけのこと。それをあなたはどう思いますか?
繰り返すけれど、横田の主張はものすごく単純だ。





考えたことなど
・障害を抱えている方々の自己、主体性を奪っているのは、他ならぬ私たち支援者なのかもしれません。それでも誰かが彼らを支えなければならない。
そうである以上、私はここにとどまっていようと思っていますが、私の手が汚れているかもしれないことから、目を背けることもできません。
・彼らに対して不寛容である人たちの理屈がわかってしまう。わかるから私は怒れない。そんな私は支援者失格なのでしょう。
それでもそこから思考を進めることはできないものかと考えています。
・ここで言われる「自覚」とは、とてつもなく高度な思考作業だと思います。そんな思考作業に思いをはせることすらできない重い障害を抱える方々にも「ありのままで生きさせる社会」を目指さないといけないのでしょうか。
そんなことが現実的に可能なのでしょうか。

人気blogランキングへ まとまらないままの投稿ですいません。よかったらクリックをお願いします。


スポンサーサイト
本とか音楽とか | 09:20:54 | Trackback(0) | Comments(0)
BPM15Q はくちゅーむ

ヘッドホンを外しても頭の中でループしてます。

一過性のものであってほしい。



詳細は知らないのですが
今流行の?地下アイドルらしい
女の子二人組です。

曲はいわゆるピコピコポップスなんですが
『詰め込んだな~』
という感じです。


きゃりーとかでんぱ組とかベビーメタルでも驚愕しましたが
ここまでくるとなんと言っていいのやら…。


地下室タイムスというサイトで紹介されていたので
なんとなくMVを試聴してみたら
曲が頭から離れなくなりました。


コレは危険な曲です。
みなさん気をつけた方がいいです。


私の場合
あまりに頭から離れないので
ディスコグラフティもバイオグラフティもまともに見れない
(見れないですよね?)
彼女たちのHPからCDを注文して
移動中はコレを延々とリピートしています。


地下アイドルにハマる40男。
(既婚、子持ち。しかも坊主頭)

ヤバい人です。


『イベントに行きたい』
とか
『握手したい』
とか
そういう方向ではないのが不幸中の幸いですが。

人気blogランキングへ よかったらクリックをお願いします。



本とか音楽とか | 15:08:53 | Trackback(0) | Comments(0)
門無き門より入れ

繰り返し読む本がまたひとつ増えました。

門無き門より入れ
精読「無門関」
山田史生著/大蔵出版


南宋の時代の禅僧が書いた禅問答の解説書(無門関)を
現代の中国哲学の学者さん(山田氏)が読み解いた
という本です。


そもそも禅を知識で理解しようと考えること自体
間違いなのかもしれませんが
何も考えないのは禅ではない
ということはハッキリしているはずです。

家族も仕事も捨てて修行できるほど根性はないので
書物にあたるしかないのです。


禅僧の方が書いたものほど難解ではなく
かといって超一般向けに安易な解釈をしたものでもない。

素人だけど真剣に禅について知りたい、考えたい
という方にはぴったりな難易度だと思います。

人気blogランキングへ よかったらクリックをお願いします。

本とか音楽とか | 07:07:20 | Trackback(0) | Comments(0)
落合博満 バッティングの理屈
惨敗のショックを抱えながらフラリと入った本屋でびっくり!

復活してるやん!


丸坊主的バイブルに認定されている
『落合博満の超野球学①②』
の復刻版です。

絶版になった理由がまるで理解できないくらい
すばらしい本です。

普通に手に入りやすくなりましたし
一冊にまとまって見やすくなりましたし
買わない理由はないと思います。


全くの無関係者なんでこの本が売れても1円も入りませんが
この本が広く読まれることで
野球だけでなく、スポーツ全般の見方が深くなり
より素敵な社会になるような気がしています。

人気blogランキングへ よかったらクリックをお願いします。

本とか音楽とか | 15:27:58 | Trackback(0) | Comments(0)
清竜人25

以前、何回か記事にした清竜人さんですが
清竜人25という名義でアイドルグループを結成し
早くも3枚目のシングルを発表しました。


センターは自分
6名の女の子たちは全員自分の妻
という設定だそうです。

やっぱり、この人、完全に頭おかしいんだと確信しましたが
1枚目のシングルからすごく楽しくて
私は大好きです。


しかし
ソロで発表したアルバム『MUSIC』で何割かのファンが離れたと
まことしやかに囁かれている中
(『痛いよ』と『Can You Speak Japanese?』の動画を見比べればわかると思います)
ソロ時代のファンをどのくらい引っ張れるか未知数で
かといって、設定から考えてアイドル好きの層を引き込むのは難しそうで
商業的に成立するのか心配です。


私が気に入る歌手は売れないという
丸坊主ジンクスを打ち破って
ビックになってほしいものです。

人気blogランキングへ よかったらクリックをお願いします。

続きを読む >>
本とか音楽とか | 14:20:10 | Trackback(0) | Comments(0)
次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。