■プロフィール

丸坊主

Author:丸坊主
40代の男です。
テニスは高校から始めました。
福祉の仕事をしています。

『勝つときは正しいテニスで正しく勝つ。負けるときも正しいテニスで正しく負ける』
→テニスで知り会ったテニスマスターT氏の言葉は、私の生き方にも影響を与えてくれています。

『やることをやって、それで止められたなら運が悪かったということと、一方でひとつひとつの技術のクオリティーが低いから、それを許してしまうのだと思います』
(テニスマガジン2009.8号より)
→杉山愛選手のこの言葉はずっと心に残っています。試合における腹のくくり具合と冷静な自己分析が両立した、素敵な言葉だと思っています。

試合において、『正しいテニス』や『やるべきこと』をやりきれたか。練習において、試合で止められた技術の向上を意識して取り組んだか。
そんなことを考えながらテニスをしています。

使用ラケット:
ラケット迷子を抜け出し、マンティスプロ295(初代モデル)に決まりそうです。

使用ストリング:
ストリングは完全に迷子になっています。
テンションも28P~55Pで、振り幅が大きいです。

使用シューズ:
アシックス一筋です。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
意識の切り替え

あれからワンデーの区民大会(D)に参加して2回戦で散って…
なんてことがありましたが
気持ちはもう来年の市民大会(S)に向かってます。


守備ベースでチャンスは攻める
というのが私の意識でしたが
攻撃ベースで劣勢は守る
に切り替える必要を痛感させられています。


ここ数年の試合を振り返ると
ある程度までは勝てるけど
それ以上には勝てる見込みがない


技術的なレベルアップはもちろん必要ですが
今持っている技術の範囲内では
守備的プレーでやれることは概ねできているように感じています。


意識を変えることで今までのラインを大きく下回る可能性がありますが
同じようなことを続けても同じようにしかならないでしょう。


とりあえず以前やりかけた
バッチバチな意識を取り戻してみようかと思っています。

要はバランスなんでしょうけど。

人気blogランキングへ 道のりは果てしなく遠い…。よかったらクリックをお願いします。

スポンサーサイト
テニス・メンタル面 | 10:12:05 | Trackback(0) | Comments(0)
自分の打球

ゆるゆるにしたことで
インパクトの情報が得やすくなった気がします。

ストロークでもボレーでも
もちろんサーブでも
一瞬のたわみを感じて放つ球が
自分の打球だと思っています。



それを感じるためには
腕ではなく
ラケットとストリングに仕事をしてもらわないといけません。


ゆるゆるストリングは外テニスでも意外と普通に使えて
修得状況はまあまあというところです。

最近はこすりあげて距離を制御するのではなく
厚く当てた球で制御できつつあります。
(難しいけど)





スイングにおける私の悪癖は数え上げたらキリがないのですが
いい球を打ちたくなって体を回してしまう
というのが代表的なものとしてあげられます。


2~3球いい打球が続くと
もっといい球を…と欲が出るのです。


無くなってはいませんが
ゆるゆるを使って早く気づけるようになりました。



そういえばかつて『弓と禅』という本をご紹介しました。
その本より

「悪い射に腹を立ててはならないということは
 あなたはもうとっくにご存じのはずです。
 善い射に喜ばないことを付け足しなさい。
 快と不快との間を右往左往することから
 あなたは離脱せねばなりません」


私にとってテニスとは
快と不快の間を右往左往することから離脱するための
修練の場にもなってます。

人気blogランキングへ 悟りへの道は果てしなく遠い…。よかったらクリックをお願いします。


テニス・メンタル面 | 19:13:51 | Trackback(0) | Comments(0)
自分のスイング


ゆるゆるストリング(+デカ厚ラケ)でプレーし続けて
自分に変化が出てきました。


同じコートにうまい人がいると
今までは
『迷惑かけないようにしなきゃ』
とか
『いつもよりいいプレーをしないと相手に悪い』
とか考えて
当然上手くいく訳がなくて
勝手に崩れていく傾向がありました。

でもコレを使っていつもより球威を上げようとすると
ロクなことにはなりません。

すぐに結果に現れます。

ゆったりでものんびりでも
自分のスイングをするしかないのです。



私は自分のスイングをしよう

自然とそういう気にさせてくれます。





この間の練習会は参加者のみなさんのレベルが高くて
ついつい背伸びをしそうになったのですが
ラケットとストリングが教えてくれました。


格好をつけずに自分のスイングをしよう

人気blogランキングへ 試合でも使えるでしょうか。よかったらクリックをお願いします。


テニス・メンタル面 | 13:34:05 | Trackback(0) | Comments(0)
ぶつける?
基本的にダブルスは練習会くらいでしかやらないから
いいと言えばいいんですが
先日、練習会で

小細工に走りすぎ!
チャンスボールは相手にぶつける気持ちで!
 (相手が格上なら特に)

と指摘されました。


私、コレができないんです。

練習以外でダブルスをしないのは
コレも理由なんです。


その点シングルスはバッチバチに打ち込んでも
相手に当たるなんてことはまずない。

安心して振り回せます。

元々振り回すタイプのプレーじゃないけど…。



今回受けた指摘の趣旨はわかります。

本当に強い人とは
必要なら相手にぶつける選択もできる人なのでしょう。

そういう心構えとか覚悟とか
腹をくくるモノがないと
強くなれないのかもしれません。

結局は1ポイントに対する執着心なんだろうと。


『そんなことしなきゃならないくらいなら
 弱くても負けてもいいや』

というスタンスを指摘されたんだと思います。

確かに私、少なからずそういうところがあるし。



といっても
私ごときのヘッポコスイングでは
ぶつけてケガさせるような剛球は打てませんから
心配する必要はないんですけどね。

人気blogランキングへ よかったらクリックをお願いします。

テニス・メンタル面 | 10:43:20 | Trackback(0) | Comments(2)
修正力

4G先取のシングルス練習試合に行ってきました。

5試合?くらいして幸い全勝だったのですが
結果よりも大きな収穫がありました。


何試合目か忘れましたが
まあまあのキレで試合を作れていたバックのスライスでミスを連発し
そのせいで0‐2になってしまいました。

嫌な流れの3ゲーム目で
それまでと何が違うかいろいろ試して必死に考えて
姿勢の崩れがミスの原因だと発見しました。


そこから持ち直して逆転できたのですが
勝った結果よりも早い段階で修正できたことが
よかったと思っています。


4G先取だから
流れを取られると一気に持って行かれてしまいます。

モタモタしている余裕がないなかで
自分に何か悪い変化が起きていると感じ取ってその対策までとれたのは
私にとって非常に大きな事です。


最近特に意識しているのですが
練習試合でも勝ちにこだわってのぞんでいます。

本気で勝ちたいと思って試合をするから
うまく行かないときは本気でジタバタするわけです。

もし練習試合だから試合経験を積めればいい
とかって軽く考えていたら
きっとバックのスライスはこのままで
試合の後で
ミスしないように練習しよう
と考えて終わりにしてしまったでしょう。


各ショットで『攻撃』『操縦』『守備』を適切に選択できるよう意識していますが
試合、特にシングルスの試合では
相手の弱点に合わせたプレーや
自分の状態に合わせたプレーが求められます。

そのためには相手や自分の状況を正確に把握しないといけない。

今回に限ってはそれがいい形でできたかなぁと思います。


夏の大会に向けて
少しでもレベルアップしなければ。

人気blogランキングへ よかったらクリックをお願いします。


テニス・メンタル面 | 15:17:43 | Trackback(0) | Comments(0)
次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。