■プロフィール

丸坊主

Author:丸坊主
40代の男です。
テニスは高校から始めました。
福祉の仕事をしています。

『勝つときは正しいテニスで正しく勝つ。負けるときも正しいテニスで正しく負ける』
→テニスで知り会ったテニスマスターT氏の言葉は、私の生き方にも影響を与えてくれています。

『やることをやって、それで止められたなら運が悪かったということと、一方でひとつひとつの技術のクオリティーが低いから、それを許してしまうのだと思います』
(テニスマガジン2009.8号より)
→杉山愛選手のこの言葉はずっと心に残っています。試合における腹のくくり具合と冷静な自己分析が両立した、素敵な言葉だと思っています。

試合において、『正しいテニス』や『やるべきこと』をやりきれたか。練習において、試合で止められた技術の向上を意識して取り組んだか。
そんなことを考えながらテニスをしています。

使用ラケット:
ラケット迷子を抜け出し、マンティスプロ295(初代モデル)に決まりそうです。

使用ストリング:
ストリングは完全に迷子になっています。
テンションも28P~55Pで、振り幅が大きいです。

使用シューズ:
アシックス一筋です。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
不調、ですなぁ
相変わらず不調は続いている感じがしますが
鉛テープを貼り付けたり
基礎練習をたくさんやったり
スクールにしつこく通ったり
いろいろもがいているうちに
光が見えてきたような気もします。

今回の不調は
「自分のプレーをコントロールできていないのに
 何故か戦績や結果がそこそこいい」
というもので
これまで経験した不調とは
少し違うような気がします。

結局原因はわからないままですが
「リキみ」
が一つの要因であることは間違いないようです。

基礎練習で気づいたのですが
知らず知らずのうちに
ストロークのテイクバックが大きくなりすぎていました。

きっとそういう細かいズレが重なって
プレー全体を崩していたのだろうなぁと
考えたりしています。

テニスって、難しいですね。



そういえば「楽ラケットの重量化」ですが
試行錯誤の末、なかなか快適なバランスを見つけることができました。
当然といえば当然ですし
不思議といえば不思議なのですが
重くすることによってリキみは軽減されました。
重くした分
かえってリキむと振れないラケットになった気がします。

あんまり参考にはならないかもしれませんが
ラケット面の両端(時計でいう3時と9時の場所)に3gずつ
グリップ内に10g程度の
鉛テープを貼り付けました。


ちなみに、ラケット重量化に際して参考にしたサイトです。
コートサイドテニス専門店
カスタマイズを考えている方は
ご覧になってみてはいかがでしょうか?

人気blogランキングへ よかったらクリックお願いします。




スポンサーサイト
テニス・その他 | 21:45:58 | Trackback(0) | Comments(4)
楽ラケットの鉄下駄化計画
先日
「男ダブの試合形式しかしないサークル」
の合宿がありました。

土日祝日での連休を取ることが難しい丸坊主ですが
幸いにも日帰り可能な場所での合宿だったので
一日休みをもらって、初日だけ参加してきました。

静かな環境で一日テニスを満喫してきた訳です。
合宿って、やっぱいいですね。


ここ最近、今までにないタイプの不調に
見舞われ続けている丸坊主ですが
ここでもやっぱり続いていました。

戦績はまあまあいいんですよ。
でも内面の満足度が限りなく低い。
自分のプレーをコントロールしている感じが
全くしないんです。
いったいどうしちゃったんでしょう?



技術面で気づいたのは
①ボールから目が離れるのが早い
②テイクバックでリキみ過ぎ
の2点。

あと、相手のいいショットに押される場面が
何度かありました。



家に帰って考えます。

<仮説>
年齢的にはまだ早い(?)軽量ラケットを
ブンブン振り回すことで
返ってリキんだスイングになってしまうのではないか?

しかも軽いと、相手のいいショットには押されてしまう。
それを恐れて余計にリキむ。



もしそうならば…



ということで、やってしまいました。
鉛テープでカスタマイズ!


実は極々小さいヤツを
ラケット面の両脇に付けてはいたのですが
今回は
「バランスを変えずに、ラケットの重量だけをアップ」
させる目的で
グリップ内にそれなりの重量を
貼り付けてしまいました。


手にすると、やはりずっしりきます。
でもバランスはあまり変わってないようで
「重くて振れない」
ということはありません。
 (コート上でどうかは不明)


「楽ラケットにした意味ないじゃん!」


というツッコミには耳を貸さず
しばらくコレを試してみようかと思うのです。

不調を抜けるきっかけになってくれるかしら?



世の連休明けに、ようやく私の連休がきます。
もちろんテニスを予定しています。

連休明けが楽しみになってきました。
いい方向に向かってほしい…。

人気blogランキングへ よかったらクリックお願いします。



ラケット関係 | 20:30:23 | Trackback(0) | Comments(5)
ダメダメですな
1年以上沈黙を続けていた我がアパートのエアコンが
とうとう新しくなりました!
(パチパチパチ…  )

いや~、人間ってラクを覚えるとダメですな。

「二酸化炭素マイナス6%!」

なんて息巻いていたのに
早速NEWエアコンがフル稼働。
「ドライ」機能の素晴しい快適さに、もう依存気味です。

あの日の誓いはどこへ行ったのやら…  。




そういえばここ最近、テニスばかりやっています。
でもこちらもダメダメでして…。

戦績とか結果はまあまあいいのですが
なにか
「守りに入っている」
というか
「殻を破れずにいる」
というか
何を恐れているのかわからないけど
プレーそのものが縮こまっている感じがするのです。

そんな不安を抱えているせいか
ムリして自分から仕掛けて
簡単に逆襲を食らう場面が多いんです。

わかっていても仕掛けてしまう。
ひとつ相手を崩してから…という我慢ができない。


早くポイントが欲しいというのは
自分のプレーに対する不安の表れでしかありません。


今さら何が怖いのだろうか?
ミスすることか?
負けることか?
ヘタだと思われることか?

ちょっとだけ上手くなったという自覚が
妙なプライドに変わってしまっているのでしょうか?


特に最近は、テニスをすればするほど
自分が嫌いになっていくようです。


う~ん、何がどうダメなのかもわからない。

そんなダメダメな日々です。


人気blogランキングへ よかったらクリックお願いします。



テニス・その他 | 21:02:50 | Trackback(0) | Comments(6)
エンジェル エンジェル エンジェル
梨木香歩さんの本です。

これ以外にも
「西の魔女が死んだ」
とか
「りかさん」
とか
「沼地のある森を抜けて」
とか
素敵な本がいっぱいあるのですが
私はこの本が一番好きです。

どこか童話を思わせる
不思議でなつかしい感じがします。


ぼけたおばあちゃんと高校生の孫娘とのお話です。
ちょっとしたきっかけから孫娘が
おばあちゃんの深夜のトイレ当番を任されることになるのですが…。

あまり詳しく書くとネタバレになってしまうので
この辺でやめます。
現在と過去が微妙に入り組んでいて
最後にピタッと合わさります。


よかったら読んでみてください。
ホントに素敵な本です。

薄い本ですし
1時間もかからずに読みきれると思います。



かなり前に読んだことがあったのですが
なんとなくしか覚えていなかったので
 (いつものことです)
先日、テニスの行き帰り用に持っていきました。

途中の電車内で読んだのですが…。

浅はかでした。
外で読むのは勧められません。


自分の暮らしと少し重なるところがあったんですが
そうでなくても泣けます。
というか泣いてしまいました。
電車内で。



もう30↑なんだから
 (しかも丸坊主なんだから)
この脆すぎる涙腺
なんとかしてほしいのであります。


人気blogランキングへ よかったらクリックお願いします。




本とか音楽とか | 10:57:13 | Trackback(0) | Comments(4)
カーテンも洗濯!
もうすっかり秋  ですね。

こんな髪型している割に、結構繊細な私。
秋の空気を感じて意味もなく

「じ~ん  」

としています。

道端で目をウルウルさせながら立ち尽くす丸坊主。
みな、微妙に避けて通ります。

いいんです。
だって、切ないんだもの。



さて、涼しくて絶好のテニス日和ですが
日中テニスの予定はありません。

起きてからしばらく
「時効警察DVD」
を見ながらユルユル・ダラダラしてましたが
なぜだか急に大掃除がしたくなりました。



やるときはやる子  なんです。私。

まずはカーテンをひっぺがし、洗濯機へ。
 (何年ぶりだろう…)
一通り掃除機をかけて、家じゅう雑巾がけ。
壁や天井もふき取ります。
 (雑巾がけもしばらくやってなかったなぁ)

勢い余って、玄関やアパート前も掃き掃除。

このまま模様替えに突入しそうでしたが
直前になって電池切れ  。

飽きたら早いO型なので
中途半端なところはそのままに
大掃除は終了しました。

いや~、なかなかいい仕事をしました。



今日は夜に
「男ダブの試合形式しかやらないサークル」
に参戦します。

「超ユルポリ」
にしてから、初めての参戦になります。
はたしてこのチョイスは正解だったのでしょうか?
その真価が問われます。

午後はおとなしく
キレイになったアパートで
英気を養うことにしましょう。


人気blogランキングへ よかったらクリックお願いします。




雑記 | 12:30:56 | Trackback(0) | Comments(4)
それほどでもなかった
都会での研修帰りに「直テニス」を画策。
心配された居残りも、職場からの呼び出しもなく
誰よりも早く会場を飛び出して
ラケットをしまったコインロッカーへダッシュ! 

スーツのままでコートに向かう違和感を楽しみながら
待ち合わせの駅に着くと
時間まで1時間以上余裕があります。


古本屋に行ったりファミレスに行ったりで時間を潰すのですが
そうこうしているうちに
なんか気持ちが醒めてきちゃって…。



だってスーツって
暑いし、肩は凝るし、動きにくいし…


結局トイレでテニスウェアに着替えて
いつもの格好でダラダラしてました。

ヤングエグゼクティブへの道は
果てしなく遠い…。




そのせいか (いえ違います)
テニスの調子もいまいち。

今回はレッスン形式でしたが
ただボールを打つのではなく
一連の流れの中でボールを打つという
実践的なレッスンでした。


ただボレーを打つとか、ストロークを打つとか
そういうのは結構できると思うのですが
流れの中で打とうとすると
極端に確率が下がってしまいます。

ローボレーは上体が突っ込んでしまうし
ストロークは「打ちたい方向」に目が行ってしまい
ボールから目が離れます。

いかに実践を意識しない練習ばかりだったかを
痛感させられました。


唯一、セカンドサーブだけは良かったです。
「セカンドサーブからの試合形式」では
周りがフォルトで簡単にポイントを落とす中
私は一度もフォルトせず
その後の展開に持ち込めたのです。


あにさまのブログ記事
「スピンとフラットサーブの打ち方の違い」
の「気合い」の項目に書いてあった

>○スピン
  セカンドの場合:これだけかけりゃ入るだろあん!

のイメージが上手く実践できました。
とりあえずかけておけば、どこかには入ってくれるんです。
回転に特化した超ユルポリですし。


ただ、この記事を読んでから
スピンサーブの時に下あごが若干
「イノキ風  」
に変化するようになりました。
ちと困ってます。


これも男気の一つなのかな?


「ヤングエグゼクティブ・丸坊主」から
どんどん離れていくな…。

人気blogランキングへ よかったらクリックお願いします。


テニス・その他 | 11:31:20 | Trackback(0) | Comments(4)
スーツでテニス
をする訳ではありません。


今度

「スーツでコートに駆けつける」

予定なんです! 









もしかして
「でっ?」 
って思いました?


いやいや、コレすごいことなんですよ。
私にとっては。



そもそも私、通常業務でスーツは着ません。
っていうかスーツを着るのは年に数回。

しかも仕事が定時で終わるなんて
ホールインワンと同じくらいの確率でしか起こらないので
 (言いすぎたかも)
仕事後にテニスなんて、基本的に予定はしないんです。


でも今度は別。 


研修のため、またもや都会に行くんですが
さすがにコレは定時で終了するので
その後にテニスを入れちゃった訳ですよ!

で、家までラケット取りに行ってたら間に合わないから
最寄の駅のコインロッカーにテニス用品をしまっておいて
 (ロッカーの場所は前の研修後にリサーチ済みです  )
スーツ姿のまま直でコートに向かっちゃうんです!



いや~、なんか丸坊主
仕事はチャチャっとやっちゃって
アフター5は充実させる
「できるサラリーマン  」
みたいじゃない?


テニスそのものよりも
スーツ+テニスのほうで
ワクワクしている丸坊主でした。





もし研修で居残りなんかくらったりしたら…。


必ずブログのネタにします! 
 (そっちを期待しないでね)

人気blogランキングへ よかったらクリックお願いします。



雑記 | 20:58:00 | Trackback(0) | Comments(4)
チト反省
先ほどの記事を読み返してみて
なんか先走っているというか
自分の傲慢さというか
そういった感じが滲み出てしまったように思えて
訂正しようと思いました。

削除するのは簡単ですが
自分の欠点を覆い隠すだけのようにも思えるので
今後のためにも残しておくことにしました。
お恥ずかしい限りですが。



そういえば雨天ウォーキング中
別のことも考えたんですよ。
なにせ結構な時間、歩いてましたから。



例えば、試合中における「恐れ(ビビり)」について。


以前「ギラギラ」と「やりとり」の配分とか
いろいろ考えていました。

「ギラギラ」する感じって、確かに闘争心は上がります。
でも自分の場合、結局
恐れを覆い隠すために闘争心を燃やす
って感じなのかなぁ~って思うんです。

恐れを覆い隠すのではなく
恐れの存在を認めつつも、それを脇に置いておける
そんな方法はないものだろうか。


試合に入って「恐れ」が大きくなることは
結構あります。
それを直接コントロールすることは、私には不可能です。
それなら、試合中に私でも「確実に」できるものは何か?


以前、シングルスに臨むにあたって
気をつけたポイントがあります。

①球を最後まで見ること
②がむしゃらに球を追うこと
③相手のセカンドサーブを攻撃すること
(一歩前のポジション)
④各ショットに対して、攻撃・操縦・守備の選択を行うこと

④はともかく
考えてみれば、これって
私でも「確実に」できることなんです。
③にしたって、別に「攻撃 = ハードヒット!」
っていう訳ではありませんし。


チト脱線しますが、私の実感から言って
③ってかなり有効みたいですよ。
特にシングルスだと。
一口に「攻撃」って言っても
ハードヒットで押し込む、アプローチで圧力をかける、
ドロップ・アングルといったコースで攻める
等等たくさん考えられますが
ともかく「セカンドで何か仕掛けてくる」って思わせること。
それと同時に
「一歩前のリターンのポジション」
を組み合わせると、その時にポイントが取れなくても
試合の中盤・終盤で相手がファーストを外した時
すごいプレッシャーを与えられるみたいです。
コースを狙いすぎてダボの可能性が上がるかもしれないし
仮に入れてきても、サーブで使う精神力が大きくなり
その後のラリーを優位にできる可能性が高まります。

ダブルスだと前衛のプレッシャーがあるし
リターンのコースも限定されてるんで
また違ってくるのかもしれませんが。


話を戻しますが
「恐れ」の存在を無くすことができないとするなら
確実にできることを機械的にでも実行する。
そのことに集中できれば
「恐れ」を脇に置いておくことはできるのかもしれない。


このあたりが答えに近いのかな~。
試してみて「やっぱ違った」って思うのかな~。


そんなことも考えたんです。雨の中。
だから今日の記事はこっちを本物とします。
前の記事は失敗作。
残してはおくけど。

人気blogランキングへ こんな私ですが、よかったらクリックお願いします。



テニス・その他 | 21:34:33 | Trackback(0) | Comments(5)
ノリません
せっかくの休日も、台風  には勝てません。
テニスも当然延期に…。

仕方がないから走ってきたのですが
なんか体が重いっていうか
気分がノリません。 

前にAZUさまより
「辛くなったら歩く、あるいは思い切ってサボる」
とアドバイスをいただいたことを思い出し
今日は「通常ルート」の半分以上を歩いてみました。


雨にうたれて歩いていますと
いろいろなことを考えます。


例えば、私主催の練習会のこと。

この会が、より硬派に盛り上がっていくには
何が必要なのか?
彼ら彼女らにコンセプトを押し付けるのは
自己満足でしかないのか?
レベルのバラバラなメンバーが
みんなで上手くなるっていうのは
そんなに難しいことなのか?


「周りを気にせずに、丸坊主さんがやりたい練習をやったらいいんですよ」
と言ってくれた I 氏。

向上心の高さに実情がついていかず
モヤモヤしているように見える I さん。

技術は上がってきているのに試合に出ることを怖がり
ひとつカラを破れずにいる K さん。

「きれいなテニス」を目指したいのか「強いテニス」を目指したいのか
いまいちはっきりしない T さん。

フォアハンドに悩みすぎてこんがらがっている S 氏。

「いろいろ頭を悩ますのが楽しい。悩んで新しいことを試してもきっと上手くいかない。
 また悩んで試しても、それでも上手くいかない。ず~っと上手くいかないのが続く。
 だから楽しい」
じ~っと話を聞いてくれて、最後に一言くれたテニスマスターT氏。

等等。


彼ら彼女らは、仕事終わりで疲れているだろうに
平日夜のこの会に参加してくれる訳です。
その気持ちは大事にしたいし
だからこそ、みんながレベルアップできる会にしたい訳です。


正直に言って、メンバー間のレベル差は大きいしバラバラです。
生きた球での練習に入るにはまだまだ相当な時間が必要でしょう。
でもこのメンバーが集まった理由が必ずあるはず。


この練習会は、

 このメンバーでなければ

 ならなかったのだ!


それを証明したいのであります。


雨にうたれて  、風に吹かれて 
そんなことを考えてみたのです。


人気blogランキングへ よかったらクリックお願いします。



テニス・その他 | 16:29:24 | Trackback(0) | Comments(0)
ブログの神様
ちょっと、聞いて聞いて! 
ついさっき、すごく不思議なことがあったんです!


今日の日中に
「エアコンと換気扇が壊れて、1年以上経つ」
って書いたんですが
 (下記参照)
ついさっき、なんとウチに大家さんが登場。

大家さん:「外玄関の電気が切れてるみたいで、取り替えようかと…」

で、

大:「なんか変わりない?」

って聞かれたんで、お願いしちゃいましたよ。
エアコンと換気扇。

数日後には直してもらえることになりました。 


いやはや、めでたい。 
 (汚い部屋、見られちったけどさ  )



前に、ブログ活用法でも書きましたが
このブログを始めてから、書いたことと逆の事が起きるのです。
ホントに不思議。

なんだか 「ブログの神様  」 みたいな存在がいて
丸坊主を含め
全国の迷えるブロガー達を見守っているような…。




よ~し。 

それなら今度こそ。














ボク、

 ホントに、ぜ~んぜん

 モテないんで~す!  







いやいや、ホントに。
今度こそ頼んますよ!
パン、パン 

人気blogランキングへ こんな丸坊主でよかったらクリックお願いします。



雑記 | 19:26:08 | Trackback(0) | Comments(7)
マシントラブル発生!
台風が近づいているみたいですね。
せっかくの連休なのに、テニスもできず
 (シングルスの練習試合とスクールが潰れました  )
家に引きこもっています。

だれかインドアコートを買ってくれないかしら(笑)。



ところで気がつけばもう、1年以上も経つんです。


我がアパートのエアコンがエンジントラブルで急停止。
その後、完全に沈黙。


それとほぼ時を同じくして
久々の調理 (レトルトカレーを温める) 中、
ガス台に火をつけて、ため過ぎた洗い物なんかしていると


「ガン!」


って音と共に、換気扇のプロペラが横に離脱!
クルクルと回転運動をしながら向かいの壁に激突したのです。




えぇ~っ! 




これはもう、大家さんに言うしかないでしょう。



でもこれって意外に億劫。

億劫な理由
①大家さんが状況を見に来る
②室内はほぼゴミ屋敷な様相
③大家さんは気合の入ったパンチパーマ
④大家さんはヤンキースエットに下駄か雪駄

②以外は私のせいではありません。


億劫なことは可能な限り後回しにするのが私の生き方。
そんなこんなで一年以上経過してしまったのです。



でも人間って、大抵の環境には慣れます。

エアコンのない冬は室内でも外着。
 (ちゃんちゃんこの「ちゃんこちゃん」が大活躍)
エアコンのない夏は全面網戸で扇風機。
 (扇風機の「ふうた君」がフル稼働)
換気扇のない台所は原則ガス台を使わない。
使うときは全面網戸で扇風機。
 (「ふうた君」ここでもフル稼働)

これが意外に心地よいのです。


エアコンを強制的に止めてから体調がすこぶるよろしい。
ふうた君の優しい風で大抵の熱帯夜は眠れます。
 (タイマーがないのが玉に瑕だが)
ガス台を封印して荷物置き場が増えました。
 (溢れた本をここに置きます)
今流行の「エコライフ」です。
 (たぶん違います)


めざせ二酸化炭素マイナス6%!
ついでに体脂肪もマイナス6%!


だからこの夏も、大家さんには言わないまま終わってしまうのです。
(換気扇は直して欲しいかも)

人気blogランキングへ よかったらクリックお願いします。




雑記 | 13:58:57 | Trackback(0) | Comments(0)
都会にでたの
スーツなんて、何ヶ月ぶりでしょうか?

ウチの職場自体はもの凄く小さいのですが
本体の(?)法人はなんだか大きいようで
法人主催の研修なんてものがあるんです。

研修の意義は理解してますが
職員の多い職場と、ウチのようにごく少ない職場で
同じように招集がかかりますと
私みたいな
「研修リピーター」
が出てきてしまうのです。
もちろん何度も出て悪いことはありませんが。

でも普通に勤務回すのも苦労するような小さい職場なんだから
なんとかならないもんですかねぇ~。


そんな裏事情はともかく
久々にスーツを着て
ビジネスマンがひしめく都会を闊歩するっていうのは
ちょっとした楽しみでもあります。

丸坊主:「傍から見たら、ボクも企業戦士に見えるのかしら?
     ひょっとして、エリートサラリーマン  に見えたりして」

な~んてね(笑)。


でもなぁ~。
坊主頭に真っ黒のスーツ(ちなみに軽めの礼服兼用  )なのに
ビルの高さに圧倒されてウロウロしてる30↑って
どうも周りから浮いてる気がします。
私服だったら間違いなく
「おのぼりさん」だな。


幼い頃は漠然と
「大きくなったらスーツを着て、都会に通うもの」
とイメージしていたものだが。
思えば遠くにきたもんだ。



それはさておき
研修自体はとてもためになるものでした。

気持ちはいつまでもフレッシュ  なつもりなのですが
そんな私も「中堅」なんて言われる経験年数になったみたいです。
 (いまいち自覚が薄いのがイカン)
その「中堅」が何をすべきなのか?
耳の痛いお話し連発で、喝を入れていただきました。


職場をよくするには
我々「中堅」から動いていかないといけません!
動いていかないといけません!
いかないといけません!
いけません!


はぁ~ 

ウチの職場の現状 (と私自身の未熟さ) を考えて
ちとブルーになる中堅・丸坊主なのでした。


まっ、明日はテニスしちゃうけどね!
超ユルポリ  で。

人気blogランキングへ こんな中堅・丸坊主でよかったらクリックお願いします。



福祉の仕事 | 22:40:03 | Trackback(0) | Comments(4)
考えてみた
理由付けできないとなんか気持ち悪いんです。
「頭でっかち」だから。

だから考えてみました。


そういえば過去に
「ウィルソンのNXT」
を40ポンドで張ったことがありました。
もちメタリックス6で。

確かに食いつきは良かったのですが
ぽわ~んと飛んでいってしまい
全然使えませんでした。
アン・コントローラブル!(インチキ英語くさい  )

ガットの話の時にmahさま
「ポリはたわんだ後の戻りが遅いようで、ナイロンは戻りが速いから
 緩く張ったら飛びすぎてしまうかも」
とコメントをくれました。

だからNXTの超ユルは失敗だったんですね。


でもこれって、超ユルポリが良かった理由にもならないかしら?

つまり、ポリはたわんだ後の戻りが遅いから
食いつきで回転をかけやすいのに
ガットが戻って弾く前にボールが飛んでいく。
ということ?(合ってる?)


普通のスイングスピードの方は
わざわざユルくして食いつかせなくても
スイングで回転をかけられる。

でも私のようなへっぽこスイングの人は
ユルくすることで食いつきをよくできて
回転をかけやすくできる。
さらにポリなら戻りが遅いから
ガットの弾きでボールをすっ飛ばしてしまうこともない。


リキんだ時にフカしたのは
肩とか肘とかが硬くなって回転がかからなかった
結果的に「どフラット」を打つ形になってしまったから?


なんとなくそこらへんが答えであるような気がします。
確証は無いのですが。


ボレーやサーブについてはあまり触れてないけど
こちらもよかったですよ。
ボレーなんて、インパクト時間が長くなった気がして
 (気のせい?)
ちょっと面をズラすだけでスライス回転がかかってくれるし。
サーブも回転量が増した印象です。
 (注:あくまでも主観的感想です)



ちょっとした冒険(遊び?ネタ作り?)のつもりで試してみた

超ユルポリ

ですが、もう定番になりそうです。
今度は30とかにしてみようかしら?



欠点らしい欠点と言えば

前にも書きましたが、リキんで打つとフカす 
 → 45ポンドの時も同じ
高い打点から打ちおろされて自分の足元に来た球のボレーを
フラットに捉えすぎると、これは完全にフカす 
 → 同上
リキんだスイングだとフカすから
「男気スピンサーブ」の男気(「うらっ!」「んがっ!」)が出しにくくなる 
 → いいサーブが行くなら別に男気はいらない

今のところ、そのくらいかな。



でも、なんで「脱力スイング」がしやすかったのかは
完全にナゾです。

もしこれが
「たまたま調子が良かったから」
なんて理由だったら…。


調子が落ちたとたんにフカしまくる  可能性があります。


どうやら経過は慎重に見守る必要がありそうです。

人気blogランキングへ こんな超ユルポリの私でよかったらクリックお願いします。



ストリング関係 | 22:40:06 | Trackback(0) | Comments(4)

FC2Ad