FC2ブログ
 
■プロフィール

丸坊主

Author:丸坊主
40代の男です。
テニスは高校から始めました。
福祉の仕事をしています。

『勝つときは正しいテニスで正しく勝つ。負けるときも正しいテニスで正しく負ける』
→テニスで知り会ったテニスマスターT氏の言葉は、私の生き方にも影響を与えてくれています。

『やることをやって、それで止められたなら運が悪かったということと、一方でひとつひとつの技術のクオリティーが低いから、それを許してしまうのだと思います』
(テニスマガジン2009.8号より)
→杉山愛選手のこの言葉はずっと心に残っています。試合における腹のくくり具合と冷静な自己分析が両立した、素敵な言葉だと思っています。

試合において、『正しいテニス』や『やるべきこと』をやりきれたか。練習において、試合で止められた技術の向上を意識して取り組んだか。
そんなことを考えながらテニスをしています。

使用ラケット:
ダンロップのNEOMAX2000に決まりそうです。

使用ストリング:
縦ポリ/横ナイロンであればなんでもよくなっています。
テンションは35P~40Pくらいで落ち着きました。

使用シューズ:
ここは変わらず、アシックス一筋です。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
チト反省
先ほどの記事を読み返してみて
なんか先走っているというか
自分の傲慢さというか
そういった感じが滲み出てしまったように思えて
訂正しようと思いました。

削除するのは簡単ですが
自分の欠点を覆い隠すだけのようにも思えるので
今後のためにも残しておくことにしました。
お恥ずかしい限りですが。



そういえば雨天ウォーキング中
別のことも考えたんですよ。
なにせ結構な時間、歩いてましたから。



例えば、試合中における「恐れ(ビビり)」について。


以前「ギラギラ」と「やりとり」の配分とか
いろいろ考えていました。

「ギラギラ」する感じって、確かに闘争心は上がります。
でも自分の場合、結局
恐れを覆い隠すために闘争心を燃やす
って感じなのかなぁ~って思うんです。

恐れを覆い隠すのではなく
恐れの存在を認めつつも、それを脇に置いておける
そんな方法はないものだろうか。


試合に入って「恐れ」が大きくなることは
結構あります。
それを直接コントロールすることは、私には不可能です。
それなら、試合中に私でも「確実に」できるものは何か?


以前、シングルスに臨むにあたって
気をつけたポイントがあります。

①球を最後まで見ること
②がむしゃらに球を追うこと
③相手のセカンドサーブを攻撃すること
(一歩前のポジション)
④各ショットに対して、攻撃・操縦・守備の選択を行うこと

④はともかく
考えてみれば、これって
私でも「確実に」できることなんです。
③にしたって、別に「攻撃 = ハードヒット!」
っていう訳ではありませんし。


チト脱線しますが、私の実感から言って
③ってかなり有効みたいですよ。
特にシングルスだと。
一口に「攻撃」って言っても
ハードヒットで押し込む、アプローチで圧力をかける、
ドロップ・アングルといったコースで攻める
等等たくさん考えられますが
ともかく「セカンドで何か仕掛けてくる」って思わせること。
それと同時に
「一歩前のリターンのポジション」
を組み合わせると、その時にポイントが取れなくても
試合の中盤・終盤で相手がファーストを外した時
すごいプレッシャーを与えられるみたいです。
コースを狙いすぎてダボの可能性が上がるかもしれないし
仮に入れてきても、サーブで使う精神力が大きくなり
その後のラリーを優位にできる可能性が高まります。

ダブルスだと前衛のプレッシャーがあるし
リターンのコースも限定されてるんで
また違ってくるのかもしれませんが。


話を戻しますが
「恐れ」の存在を無くすことができないとするなら
確実にできることを機械的にでも実行する。
そのことに集中できれば
「恐れ」を脇に置いておくことはできるのかもしれない。


このあたりが答えに近いのかな~。
試してみて「やっぱ違った」って思うのかな~。


そんなことも考えたんです。雨の中。
だから今日の記事はこっちを本物とします。
前の記事は失敗作。
残してはおくけど。

人気blogランキングへ こんな私ですが、よかったらクリックお願いします。



スポンサーサイト



テニス・その他 | 21:34:33 | Trackback(0) | Comments(5)
ノリません
せっかくの休日も、台風  には勝てません。
テニスも当然延期に…。

仕方がないから走ってきたのですが
なんか体が重いっていうか
気分がノリません。 

前にAZUさまより
「辛くなったら歩く、あるいは思い切ってサボる」
とアドバイスをいただいたことを思い出し
今日は「通常ルート」の半分以上を歩いてみました。


雨にうたれて歩いていますと
いろいろなことを考えます。


例えば、私主催の練習会のこと。

この会が、より硬派に盛り上がっていくには
何が必要なのか?
彼ら彼女らにコンセプトを押し付けるのは
自己満足でしかないのか?
レベルのバラバラなメンバーが
みんなで上手くなるっていうのは
そんなに難しいことなのか?


「周りを気にせずに、丸坊主さんがやりたい練習をやったらいいんですよ」
と言ってくれた I 氏。

向上心の高さに実情がついていかず
モヤモヤしているように見える I さん。

技術は上がってきているのに試合に出ることを怖がり
ひとつカラを破れずにいる K さん。

「きれいなテニス」を目指したいのか「強いテニス」を目指したいのか
いまいちはっきりしない T さん。

フォアハンドに悩みすぎてこんがらがっている S 氏。

「いろいろ頭を悩ますのが楽しい。悩んで新しいことを試してもきっと上手くいかない。
 また悩んで試しても、それでも上手くいかない。ず~っと上手くいかないのが続く。
 だから楽しい」
じ~っと話を聞いてくれて、最後に一言くれたテニスマスターT氏。

等等。


彼ら彼女らは、仕事終わりで疲れているだろうに
平日夜のこの会に参加してくれる訳です。
その気持ちは大事にしたいし
だからこそ、みんながレベルアップできる会にしたい訳です。


正直に言って、メンバー間のレベル差は大きいしバラバラです。
生きた球での練習に入るにはまだまだ相当な時間が必要でしょう。
でもこのメンバーが集まった理由が必ずあるはず。


この練習会は、

 このメンバーでなければ

 ならなかったのだ!


それを証明したいのであります。


雨にうたれて  、風に吹かれて 
そんなことを考えてみたのです。


人気blogランキングへ よかったらクリックお願いします。



テニス・その他 | 16:29:24 | Trackback(0) | Comments(0)