FC2ブログ
 
■プロフィール

丸坊主

Author:丸坊主
40代の男です。
テニスは高校から始めました。
福祉の仕事をしています。

『勝つときは正しいテニスで正しく勝つ。負けるときも正しいテニスで正しく負ける』
→テニスで知り会ったテニスマスターT氏の言葉は、私の生き方にも影響を与えてくれています。

『やることをやって、それで止められたなら運が悪かったということと、一方でひとつひとつの技術のクオリティーが低いから、それを許してしまうのだと思います』
(テニスマガジン2009.8号より)
→杉山愛選手のこの言葉はずっと心に残っています。試合における腹のくくり具合と冷静な自己分析が両立した、素敵な言葉だと思っています。

試合において、『正しいテニス』や『やるべきこと』をやりきれたか。練習において、試合で止められた技術の向上を意識して取り組んだか。
そんなことを考えながらテニスをしています。

使用ラケット:
ダンロップのNEOMAX2000に決まりそうです。

使用ストリング:
縦ポリ/横ナイロンであればなんでもよくなっています。
テンションは35P~40Pくらいで落ち着きました。

使用シューズ:
ここは変わらず、アシックス一筋です。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
それほどでもなかった
都会での研修帰りに「直テニス」を画策。
心配された居残りも、職場からの呼び出しもなく
誰よりも早く会場を飛び出して
ラケットをしまったコインロッカーへダッシュ! 

スーツのままでコートに向かう違和感を楽しみながら
待ち合わせの駅に着くと
時間まで1時間以上余裕があります。


古本屋に行ったりファミレスに行ったりで時間を潰すのですが
そうこうしているうちに
なんか気持ちが醒めてきちゃって…。



だってスーツって
暑いし、肩は凝るし、動きにくいし…


結局トイレでテニスウェアに着替えて
いつもの格好でダラダラしてました。

ヤングエグゼクティブへの道は
果てしなく遠い…。




そのせいか (いえ違います)
テニスの調子もいまいち。

今回はレッスン形式でしたが
ただボールを打つのではなく
一連の流れの中でボールを打つという
実践的なレッスンでした。


ただボレーを打つとか、ストロークを打つとか
そういうのは結構できると思うのですが
流れの中で打とうとすると
極端に確率が下がってしまいます。

ローボレーは上体が突っ込んでしまうし
ストロークは「打ちたい方向」に目が行ってしまい
ボールから目が離れます。

いかに実践を意識しない練習ばかりだったかを
痛感させられました。


唯一、セカンドサーブだけは良かったです。
「セカンドサーブからの試合形式」では
周りがフォルトで簡単にポイントを落とす中
私は一度もフォルトせず
その後の展開に持ち込めたのです。


あにさまのブログ記事
「スピンとフラットサーブの打ち方の違い」
の「気合い」の項目に書いてあった

>○スピン
  セカンドの場合:これだけかけりゃ入るだろあん!

のイメージが上手く実践できました。
とりあえずかけておけば、どこかには入ってくれるんです。
回転に特化した超ユルポリですし。


ただ、この記事を読んでから
スピンサーブの時に下あごが若干
「イノキ風  」
に変化するようになりました。
ちと困ってます。


これも男気の一つなのかな?


「ヤングエグゼクティブ・丸坊主」から
どんどん離れていくな…。

人気blogランキングへ よかったらクリックお願いします。


スポンサーサイト



テニス・その他 | 11:31:20 | Trackback(0) | Comments(4)