FC2ブログ
 
■プロフィール

丸坊主

Author:丸坊主
40代の男です。
テニスは高校から始めました。
福祉の仕事をしています。

『勝つときは正しいテニスで正しく勝つ。負けるときも正しいテニスで正しく負ける』
→テニスで知り会ったテニスマスターT氏の言葉は、私の生き方にも影響を与えてくれています。

『やることをやって、それで止められたなら運が悪かったということと、一方でひとつひとつの技術のクオリティーが低いから、それを許してしまうのだと思います』
(テニスマガジン2009.8号より)
→杉山愛選手のこの言葉はずっと心に残っています。試合における腹のくくり具合と冷静な自己分析が両立した、素敵な言葉だと思っています。

試合において、『正しいテニス』や『やるべきこと』をやりきれたか。練習において、試合で止められた技術の向上を意識して取り組んだか。
そんなことを考えながらテニスをしています。

使用ラケット:
ダンロップのNEOMAX2000に決まりそうです。

使用ストリング:
縦ポリ/横ナイロンであればなんでもよくなっています。
テンションは35P~40Pくらいで落ち着きました。

使用シューズ:
ここは変わらず、アシックス一筋です。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
楽ラケットの鉄下駄化計画
先日
「男ダブの試合形式しかしないサークル」
の合宿がありました。

土日祝日での連休を取ることが難しい丸坊主ですが
幸いにも日帰り可能な場所での合宿だったので
一日休みをもらって、初日だけ参加してきました。

静かな環境で一日テニスを満喫してきた訳です。
合宿って、やっぱいいですね。


ここ最近、今までにないタイプの不調に
見舞われ続けている丸坊主ですが
ここでもやっぱり続いていました。

戦績はまあまあいいんですよ。
でも内面の満足度が限りなく低い。
自分のプレーをコントロールしている感じが
全くしないんです。
いったいどうしちゃったんでしょう?



技術面で気づいたのは
①ボールから目が離れるのが早い
②テイクバックでリキみ過ぎ
の2点。

あと、相手のいいショットに押される場面が
何度かありました。



家に帰って考えます。

<仮説>
年齢的にはまだ早い(?)軽量ラケットを
ブンブン振り回すことで
返ってリキんだスイングになってしまうのではないか?

しかも軽いと、相手のいいショットには押されてしまう。
それを恐れて余計にリキむ。



もしそうならば…



ということで、やってしまいました。
鉛テープでカスタマイズ!


実は極々小さいヤツを
ラケット面の両脇に付けてはいたのですが
今回は
「バランスを変えずに、ラケットの重量だけをアップ」
させる目的で
グリップ内にそれなりの重量を
貼り付けてしまいました。


手にすると、やはりずっしりきます。
でもバランスはあまり変わってないようで
「重くて振れない」
ということはありません。
 (コート上でどうかは不明)


「楽ラケットにした意味ないじゃん!」


というツッコミには耳を貸さず
しばらくコレを試してみようかと思うのです。

不調を抜けるきっかけになってくれるかしら?



世の連休明けに、ようやく私の連休がきます。
もちろんテニスを予定しています。

連休明けが楽しみになってきました。
いい方向に向かってほしい…。

人気blogランキングへ よかったらクリックお願いします。



スポンサーサイト



ラケット関係 | 20:30:23 | Trackback(0) | Comments(5)