FC2ブログ
 
■プロフィール

丸坊主

Author:丸坊主
40代の男です。
テニスは高校から始めました。
福祉の仕事をしています。

『勝つときは正しいテニスで正しく勝つ。負けるときも正しいテニスで正しく負ける』
→テニスで知り会ったテニスマスターT氏の言葉は、私の生き方にも影響を与えてくれています。

『やることをやって、それで止められたなら運が悪かったということと、一方でひとつひとつの技術のクオリティーが低いから、それを許してしまうのだと思います』
(テニスマガジン2009.8号より)
→杉山愛選手のこの言葉はずっと心に残っています。試合における腹のくくり具合と冷静な自己分析が両立した、素敵な言葉だと思っています。

試合において、『正しいテニス』や『やるべきこと』をやりきれたか。練習において、試合で止められた技術の向上を意識して取り組んだか。
そんなことを考えながらテニスをしています。

使用ラケット:
ダンロップのNEOMAX2000に決まりそうです。

使用ストリング:
縦ポリ/横ナイロンであればなんでもよくなっています。
テンションは35P~40Pくらいで落ち着きました。

使用シューズ:
ここは変わらず、アシックス一筋です。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
不調、ですなぁ
相変わらず不調は続いている感じがしますが
鉛テープを貼り付けたり
基礎練習をたくさんやったり
スクールにしつこく通ったり
いろいろもがいているうちに
光が見えてきたような気もします。

今回の不調は
「自分のプレーをコントロールできていないのに
 何故か戦績や結果がそこそこいい」
というもので
これまで経験した不調とは
少し違うような気がします。

結局原因はわからないままですが
「リキみ」
が一つの要因であることは間違いないようです。

基礎練習で気づいたのですが
知らず知らずのうちに
ストロークのテイクバックが大きくなりすぎていました。

きっとそういう細かいズレが重なって
プレー全体を崩していたのだろうなぁと
考えたりしています。

テニスって、難しいですね。



そういえば「楽ラケットの重量化」ですが
試行錯誤の末、なかなか快適なバランスを見つけることができました。
当然といえば当然ですし
不思議といえば不思議なのですが
重くすることによってリキみは軽減されました。
重くした分
かえってリキむと振れないラケットになった気がします。

あんまり参考にはならないかもしれませんが
ラケット面の両端(時計でいう3時と9時の場所)に3gずつ
グリップ内に10g程度の
鉛テープを貼り付けました。


ちなみに、ラケット重量化に際して参考にしたサイトです。
コートサイドテニス専門店
カスタマイズを考えている方は
ご覧になってみてはいかがでしょうか?

人気blogランキングへ よかったらクリックお願いします。




スポンサーサイト



テニス・その他 | 21:45:58 | Trackback(0) | Comments(4)