■プロフィール

丸坊主

Author:丸坊主
40代の男です。
テニスは高校から始めました。
福祉の仕事をしています。

『勝つときは正しいテニスで正しく勝つ。負けるときも正しいテニスで正しく負ける』
→テニスで知り会ったテニスマスターT氏の言葉は、私の生き方にも影響を与えてくれています。

『やることをやって、それで止められたなら運が悪かったということと、一方でひとつひとつの技術のクオリティーが低いから、それを許してしまうのだと思います』
(テニスマガジン2009.8号より)
→杉山愛選手のこの言葉はずっと心に残っています。試合における腹のくくり具合と冷静な自己分析が両立した、素敵な言葉だと思っています。

試合において、『正しいテニス』や『やるべきこと』をやりきれたか。練習において、試合で止められた技術の向上を意識して取り組んだか。
そんなことを考えながらテニスをしています。

使用ラケット:
ラケット迷子を抜け出し、マンティスプロ295(初代モデル)に決まりそうです。

使用ストリング:
ストリングは完全に迷子になっています。
テンションも28P~55Pで、振り幅が大きいです。

使用シューズ:
アシックス一筋です。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
つわり
丸坊主は独身ですので、丸坊主姉のお話です。

姉の娘「めいっこ1号ちゃん  」(現在約5才半)は
珠のように可愛らしい女の子ですが
彼女が生まれるまでにはそれなりの苦難がありました。


今を遡ること数年前の冬。
 (5才半くらいだから、6年前くらい?)
何かの理由で実家に帰っていた私ですが、身重の姉も実家にいました。
旦那さんが出張で念のために帰ってきたそうです。

日中はお腹を触らせてもらったりして
 (まだそれほど大きくなかったけど)
実に和やかに過ごしました。


そんなこんなで夜になり、みんなスヤスヤと寝静まった0時過ぎ。
揺り動かされて目を覚ますとそこには姉が。


姉:「ハーゲン○ッツのラムレーズンが食べたい」


と言い出すではないですか。
 (またえらくピンポイントですな)



丸坊主:「ふ~ん。買ってくれば」



と答えてまた眠ろうとすると日中の和やかムードから一転
ものすごい剣幕でまくし立てるのです。



姉:「バカっ!ボケっ!

だからお前はモテねぇんだ! 

  …(以下、罵詈雑言の嵐)… 」


健康体なら取っ組み合いが始まる所ですが、なにせ相手は身重。
騒ぎを聞きつけた母様が目をこすりこすりやって来ます。



母:「つべこべ言わずに買ってらっしゃい!」
丸:「そんなに言うならあなたが行けば…」
母:「こんな夜道に私が行って

 襲われたりしたらどうすんのよ!」

と言い捨て自分は寝に戻ります。



あんたみたいなおばちゃん、誰が襲うか!



しかしもう会話になりません。
母は寝ちゃうし父は起きないし(なぜだ!)姉はまだ怒ってるし
仕方がないから行ってきました。
近所のコンビニ。 

あれは寒い夜だったなぁ。



コンビニに行けばハーゲン○ッツのラムレーズンだけが品切れ。
偽物みたいな別商品はラムレーズンの在庫あり。
まぁ真冬ですし、そんなもんでしょう。

なんだかんだ言いながらも姉想いの私は
ハーゲン○ッツのバニラと偽物ラムレーズンの両方を買いました。



帰って渡すと
「ありがとう」の言葉もなくプリプリしながら食いだします。
でもまあ、だいぶ怒りも収まったようだし

丸:「やれやれ。俺もアイス食って寝るか」

と、トイレをすませて戻ると
もう1個あるはずのアイスがない。



算数の問題です。

「すごくさむいよるのことです。 (←ココ、大事です)
 まるぼうずくんがコンビニにアイスを買いに行きました。
 バニラをひとつ買って、ラムレーズンをひとつ買いました。
 おうちに帰っておねえさんがひとつたべたら
 のこりは…」




























お母さん!?




母:「男の人にはこういう辛さがわからないからね~」

などと文句を言いつつ食ってるじゃないですか。
その1個。

アナタ寝たんじゃなかったのか?




つーか、

俺の分は?







もはや何かを訴える気力も無くした私は
さっさと布団に戻ったのであります。




泣く子と地頭と妊婦には勝てん。
ついでに母様にも。




アイス代、私持ちだし。











そんな苦難を乗り越えて無事に生まれた「めいっこ1号ちゃん  」。
その可愛いさに免じて、おじさんは忘れることにするよ。
アイス。


もちろん姉と母はとっくに忘れているが。


姉:「え~、そんなことなかったよ~。私、つわり軽かったし」

とか言ってるし。 

人気blogランキングへ つわりの軽い方も重い方も関係ない方も、よかったらクリックお願いします。



スポンサーサイト
雑記 | 21:06:51 | Trackback(0) | Comments(5)
真剣にダブルス
仕事柄、休みは完全に不定期なんです。
しかも土日休みは少なめ。
そうなるとどうしても固定ペアって作りにくいんです。
だからシングルスをメインに草トー参戦しています。

でもそれは表向きの理由で
固定ペアを作りたくない
という気持ちがあるんですよ。
なんか相手に求めるものが多くなってしまいそうで。


よく使わせていただくテニスオフだと
ほとんどの場合、初対面の方と組むことになります。
テニスサークルだといろいろ振り分けてペアを決めます。
そういった「その場だけ」の即席ペアだと
大抵のことがあっても納得できます。


私自身がへっぽこなので偉そうなことは言えませんが
ダブルスでペアの調子が悪い時には

自分いいテニスをする

ことを強く意識するようにしています。

下手にペアをフォローしようとすると自分の守備範囲を広げることになり
自分のプレーの精度が落ちます。
ペアも萎縮してやりにくくなるでしょう。
だからペアの範囲はペアに任せて「自分いいテニスをする」んです。

ここで
「自分はいいテニスをして、ペアの調子が上がるのを待つ」
と書くと話としては綺麗なのですが
私は精神面が弱いので、ペアの調子が上がるのを待っていると
「早く上がってくれないかな~」
とか
「いつまで待たせるんだろう」
とか思ってしまうんです。
ペアの復調を期待してしまうんですね。

だから私は
「ペアがどういうプレーをするかはペアが決めること」
と完全に割り切るようにしています。
つまり
「その試合を通して不調のまま」
でも
「すぐに調子を取り戻し」
てもどちらでもいい。
どちらであれ私がどうこうできる話ではないし、私が頭を悩ます問題でもない
そう考えることにしているのです。

調子云々とは別に
「自分が正しいと考えるポジションにいない」
とか
「自分が正しいと考えるショットの選択をしない」
とかも同様です。


いくらか話ができそうな方なら自分の考えを伝えますが
何も言わないケースがほとんどです。
で「自分いいテニスをする」んです。



そういう割り切りは諦めと同じことかもしれません。
でもそういう考えになってから
組んでくれた方の好きなプレーや打ちたいショットが
比較的早い段階で見えるようになりました。不思議と。

その場限りの即席ペアがダブルスとして勝率を上げるには
ペアに好きなプレーを思い切ってやってもらい
自分がそのフォローをするのが手っ取り早い。
そのためにどうするか?
ある意味で、それもひとつの「正しいテニス」だと思うのです。


これが初対面の方だったらできるのです。
逆に言うと固定でペアを決めてこれができるのか、自信がないのです。



なんでこんなことを書いたかと申しますと、
私の周りに結構多いんです。
コミュニケーションが上手くとれないダブルス。
 (しかも固定ペア)

直接言い合って喧嘩になるのはまだいいんです。
 (お互いにいい大人なんだし、よかないけど…)
最悪なケースだとペアがいない飲み会の席なんかで
愚痴をこぼしたりします。



解消しちまえ!そんなダブルス





そんな私でしたが、とうとう固定(?)ペアを組むことにしました。
 (前置きが長い?)

固定と言っても1ヶ月程度の準備期間をおいて
草トーに参戦するってだけの話ですが。
 (その先については未定です)

試合までその人と一緒に練習する機会は少ないのですが
試合の進め方などについて割とこまめにやり取りしています。
得意なショットとかプレースタイルはお互いに違うのですが
プレーの考え方とかセオリーに対してごく近い考えを持っているので
程度はともかく、それなりにかみ合うペアになるだろうと期待しています。


ダブルスで真剣に大会に出てみて
自分がどう感じるものなのか?
チト楽しみでチト不安だったりします。

すごく小さい大会なんですが、実は優勝を狙っています
 ↑ なぜ小声?



もし1ヶ月くらいたってペアに対する不満を記事にしていたら…

思いっきり突っ込んでやってください


いつまでたってもダブルス関係の記事が更新されなかったら
こっぴどくやられたものと思っていただいて…。
 (その時はそっとしておいて)

人気blogランキングへ よかったらクリックお願いします。




テニス・その他 | 20:22:13 | Trackback(0) | Comments(10)
亀田さん騒動で思う
いろいろ騒がれてますね。

いろいろあったけど謝ったことですし
この騒ぎも収束に向かうでしょう。



それはともかく、この一件で思ったことがあります。



スポーツに「たら・れば」はないのですが
もし最終ラウンドの反則の後に
 (例えば試合終了直前とかに)
内藤選手がノックアウトなんかされてたら
彼らの処分はどうなっていたでしょうか?


反則の内容は変わりません。
お父さんの恫喝も変わりません。
ただ勝敗の結果が変わるだけです。


仮にそうなっていたとしたら
今と同じ処分内容になっていたでしょうか?




あくまで私の勝手な想像なんですが
処分なんかされず、されたとしてもせいぜい
「注意」程度で終わっていたのではないか。
そんなふうに思えてしまうのです。



これって恐くないですか?



「内容」は変わらないのに
「結果」が違うだけで扱いが全然変わってしまうなんて。
 (仮に想像通りになったとしての話ですが)


もちろんプロスポーツですから
結果によって扱いが変わるのは当然かもしれません。
結果が全てと言い切っても問題はないのでしょう。
でもこの騒動を見ていて
「もし…」と想像すると恐いなぁと思うのです。



ちなみに私はアンチ亀田ではありません。
 (「ゴキブリ発言」で冷めましたが、それまでは応援するつもりでした)
でも、あの反則を経た現時点から考えると
今回は内藤選手が勝ってホントに良かったなぁと思っています。



結果が良かったから内容も良く感じる。
結果が悪かったから内容も悪く感じる。
なんか自分のテニスにも当てはまりそうな気がします。

こちらは一素人の趣味なんですが
結果に左右されることなく内容の良さを求めていく
そういうテニスプレーヤーでありたいと
再確認するきっかけを与えてくれた騒動でした。

人気blogランキングへ よかったらクリックお願いします。



雑記 | 20:37:04 | Trackback(0) | Comments(3)
確かに男なんだけど…
出勤するといきなり施設長の奥さんに捕まり  ます。


奥さん:「2階の洗濯機の排水が詰まったみたいで水浸しになっちゃって。
     これは丸坊主さんにみてもらうしかないかなって」


えっと、奥さん。
私、大学では福祉心理を専攻しておりまして…


奥:「あと、1階にも水漏れして蛍光灯が浸かっちゃって…。
  漏電とかしてないかみてほしいの」


だから、奥さん。
私、中学の技術でラジオを作っても
最後まで音が出なかった生徒でして…


奥:「お願いしますね」


…アナタ、人の話を聞いてないでしょ。
 (絶対B型でしょ)



そういえば、前の職場でもそうでした。


圧倒的に女性が多いこの業界。
男性は重宝されるというより、使い走られるのが現状です。
 (私だけ?)


課で頼んだ文房具が届いたと連絡がくれば
「男なんだから取りに行ってきてよ」


日本語がほとんど話せない海外の方とか、チト訳ありの患者さんが来れば
「男なんだから担当やんなさいよ」


患者さんのために病院内で映画会を開こうとすると
「何の映画にしよっか~。アレとか良くない?」
とキャッキャ騒いでいる女性陣を尻目に
上映用の機具を設置し、映画用の暗幕を手配したり…


そういえば課のみんなでご飯を食べに行ったとき
「女の子はお化粧やら洋服やらでお金がかかるの。
 男なんだから多く払うのが当たり前でしょ」
と言われたこともあったなぁ。



あぁ。

男女は平等ではなかったのか!




と嘆いても始まらないので
洗濯機をどかし
排水口をほじくったりしましたよ。
もちろん水に浸かったという蛍光灯も
分解して掃除しました。
よくわからないけど直ったみたいです。
 (いいのか?それで)



私の肩書きは一応 「支援員」 となっていますが
・パソコンの使い方の指導 (→ 知らんがな!)
・電化製品の修理 (→ ごく簡単なものに限ります)
・植木の剪定 (→ かなり適当です)
・庭の害虫駆除 (→ 薬もまきます)
・洗車 (→ これは結構スキだったりします)
・自転車の修理
・施設内のワックスがけ
等等も私の担当になっているみたいです。

暑い日に一日中草刈りをしていると
「私はここで何をしているのだろう?」
と疑問を持ちますが
結構楽しんでいるのも事実でして。

だからまぁ、良いっちゃ良いんですが。


福祉を志す男性は日用大工とかがスキだったりすると
とても重宝されるはずです。
面接とかでアピールすると好印象かもしれませんよ。

人気blogランキングへ よかったらクリックお願いします。



福祉の仕事 | 20:21:42 | Trackback(0) | Comments(5)
ボク、間違ってました
「ちょっと浮気心を出してみたけど
 やっぱりボクにはキミしかいなかった
 
 たくさん傷つけちゃったかもしれない
 もう手遅れかもしれない
 
 でももし
 
 もし許してくれるなら
 また一緒にやり直したいんだ
 
 メタリックス6… 」






そんな訳で (笑) 元の鞘に戻りました。


どーでもいいことですが
今回私が浮気したのは
「ヘッドのエクストリーム」
でした。

ホントは「プロ」を借りたかったんですが
試打ラケがなかったんで
普通の「エクストリーム」を借りました。



ごくごく個人的な感想ですが、まず

ガットが硬い! 

すいません。
貸してくれた某テニスショップに罪はありません。
世間的に55ポンドって普通ですよね。
でも100インチのフェースにミクロスーパー55ポンドって
私にしてみれば「ほとんど板」です。
 (また打球感が硬めのガットだし)

その違和感がすごかったなぁ。

そして感じたのが

軽っ!
(特に頭が)

取り回しはラクなんですが
テニスマスターとか格上の男性と打ち合うにはチト心細い。
なので勝手に鉛テープを貼り付けてしまいました。
 (だから「プロ」のほうが良かったのに…)
その後、ちゃんと剥がしましたよ。

そんなこんなでいろいろ使ってみたんですが
やっぱりメタリックス6 (カスタマイズ済) が一番しっくりきました。
まぁそれを再確認できただけでも
試打ラケを借りた意味があったと言えます。
 (悪口ばっかみたいですが
  いいスピンがかかる、いいラケットでしたよ)



そして気づいたのですが
超ユルポリ(35ポンド)って
さすがにユルすぎでした。 


もちろんいい部分もあったんですよ。

回転の感触を得やすいんで
バックハンドのスピンとか
 (今まで打てませんでしたが少し打てるようになりました)
ストリングでボールを転がすボレーの感じとか
そういう感覚を養うことはできました。
正直ボレーに関しては数段レベルが上がった感じがしてます。

でも実践で使うにはコントロールがねぇ…。
ボールに力が伝わる感じも薄かったし。
かけるんじゃなくて、こする感じでして。

その辺が浮気心につながったのかもしれません。
 (  ただの言い訳です)


だから今後は
超ユルポリ(35ポンド)を練習用に
ユルポリ(43ポンド)を実践用に
使い分けることにしました。
 (2本持ってるんですよ  )





でもこの「エクストリームシリーズ」。
フェースが107インチの「ツアー」っていうのもあるんですよ~。
そっちの試打ラケを見つけたら
また浮気心に火がついてしまいそうな
そんな気がしたりします。

ボクってホントに悪い男 


人気blogランキングへ そんな懲りない丸坊主ですが、よかったらクリックお願いします。




ラケット関係 | 20:28:29 | Trackback(0) | Comments(6)
2年目の浮気
不調が続いたせいか
ラケットを変えれば上手くなるかも病が再発しました  。


今の「メタリックス6」は昨年の11月発売。
1年も使っていないのに
またラケットを変えるなんて贅沢の極み。
そんなこと、とてもとてもできないのであります。

なので先代のラケットである
「ヘッドのRAVE」
を引っ張り出します。

とりあえずガットを張って(プロハリツアーで30ポンドです!)
練習会で使ってみました。


しかし「メタリックス6」とはまるで違うラケット。
あまりの違和感に早々に戻しました。
ごめんよ、メタリックス6。
もう浮気なんて考えないよ。





な~んて舌の根も乾かぬうちに
帰り道、某テニスショップから
「試打ラケット」を借りてしまいました。
ボクって悪い男 

だってコレ、前から気に  なっていたんだもの。


しかも今日はコレを使って、テニスマスターT氏と
闇練習会をするんです!

いや~。ここでの感触によっては必殺の(誰に「殺」なのか…)
「冬のボーナス一括払い」
が炸裂してしまうかもしれません。



ラケットは何を借りてきたのかって?
それは内緒。

買う決心をしたら公表いたします!

別に興味ないって?

人気blogランキングへ まあまあそう言わずに、ポチっとクリックお願いします。



ラケット関係 | 19:28:33 | Trackback(0) | Comments(5)
思い出しました!
休みを生かしてテニス三昧だった訳です。

その内の一つは、かなりレベルの高い練習会でした。
知り合いは誰もいませんでしたが
お願いして参加させてもらった訳です。

行ってみると確かに上手い方ばかり。
練習メニュー自体はオーソドックスなものでしたが
多く球を打つことを優先した回し方でした。

そして上手い方々の球を受けることが
こんなに疲れるものなのかと痛感しました。


皆様の足を引っ張る訳にもいかず
必死でプレーしましたよ。
かなり疲れましたが、そんなこと言ってられません。


そうこうしているうちに
思い出してきました。



実は私、学生時代は「ムダに熱い」プレーヤーだったんです。

高校でも大学でも、部内でヘタなほうでした。
技術・パワーが無い分、気持ちだけを全面に出して
相手に向かっていくのが身上の(つーか、それしかない)
泥臭くてかっこ悪いスタイルが、私のテニスだったのです。

つまらないミスをすれば自分を叱り
うなり声を上げつつショットを打ち込む。

いつから変わってしまったのだろう?


この練習会で、上手い人たちについていくことで
私の本能が目覚めた感じがしました。


そうだ!

これが私のテニスだったんだ!



そして今までの記事を読み返してみます。

元々頭でっかちなんで
コートの外ではいろいろ考えるんです。

でもコート上でそれをやっていること自体
自分のキャラを見失っているというか
何か勘違いをしているというか

「な~に上手い人みたいなテニスしてんじゃ!  」

という感じです。


ピラミッドでいう最下層にいながら
気持ちだけで格上に向かっていったあの頃の気持ちを
取り戻す時が来ています。

これからは
「がむしゃら丸坊主」
を改め
「(ムダに)熱い丸坊主」
をモットーとすることにします。


そういえば不調(特にフォアハンド)はどこかに行ってしまいました。
もうこのトンネルは抜けたかな?

人気blogランキングへ よかったらクリックお願いします。

テニス・その他 | 00:26:11 | Trackback(0) | Comments(6)
旅行
週末は利用者さんを連れての旅行  でした。

小心者の私は毎回胃が痛くなるくらい心配していたものですが
極端な話、宿だけおさえておけばなんとかなるもんですね。

心配のあまり綿密すぎる計画を立てる私を見て
前施設長はよく笑っていました。


もちろん今ではそんなこともなく
適当なプランをゴリ押ししていますが。 


しかし今回に限っては失敗だったようです。

週間天気予報で「曇り」だったので
雨降りのケースは全く想定していませんでした。

しかも旅行前日まで30℃近くあったという気温も
当日は15℃程度に急降下。

寒いし冷たいし、どうにもこうにも困ってしまいました。



そんなときに頼りになるのが
いつもクールな先輩、Tさん。

ドライブが趣味という彼女の土地勘は
関東近辺をほぼ網羅。
近場で、雨でも楽しめるスポットを探し当て
旅行の行程を急遽変更。
混乱する主催者(私)を見事にフォローしてくれました。


姐さん、ホントに助かりました! 


そんな使えない主催者である私は
宿泊だとハイになって全く寝ない男性利用者を
旅行中ピッタリとマーク。
予想された通り、彼と長い夜  を過ごした訳です。


この年で完徹はキツい…。


ボヤけた頭で二日目の行程を走りぬけ
抜け殻になって戻ってきました。


でもまぁ、みなさん事故も無く
楽しんでいただけたようでなによりです。



そして今日明日はテニス!

いい加減そろそろ不調から抜け出したいものですが。
果たしてどうなるでしょうか?


福祉の仕事 | 11:21:58 | Trackback(0) | Comments(3)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。