FC2ブログ
 
■プロフィール

丸坊主

Author:丸坊主
40代の男です。
テニスは高校から始めました。
福祉の仕事をしています。

『勝つときは正しいテニスで正しく勝つ。負けるときも正しいテニスで正しく負ける』
→テニスで知り会ったテニスマスターT氏の言葉は、私の生き方にも影響を与えてくれています。

『やることをやって、それで止められたなら運が悪かったということと、一方でひとつひとつの技術のクオリティーが低いから、それを許してしまうのだと思います』
(テニスマガジン2009.8号より)
→杉山愛選手のこの言葉はずっと心に残っています。試合における腹のくくり具合と冷静な自己分析が両立した、素敵な言葉だと思っています。

試合において、『正しいテニス』や『やるべきこと』をやりきれたか。練習において、試合で止められた技術の向上を意識して取り組んだか。
そんなことを考えながらテニスをしています。

使用ラケット:
ダンロップのNEOMAX2000に決まりそうです。

使用ストリング:
縦ポリ/横ナイロンであればなんでもよくなっています。
テンションは35P~40Pくらいで落ち着きました。

使用シューズ:
ここは変わらず、アシックス一筋です。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
思い出しました!
休みを生かしてテニス三昧だった訳です。

その内の一つは、かなりレベルの高い練習会でした。
知り合いは誰もいませんでしたが
お願いして参加させてもらった訳です。

行ってみると確かに上手い方ばかり。
練習メニュー自体はオーソドックスなものでしたが
多く球を打つことを優先した回し方でした。

そして上手い方々の球を受けることが
こんなに疲れるものなのかと痛感しました。


皆様の足を引っ張る訳にもいかず
必死でプレーしましたよ。
かなり疲れましたが、そんなこと言ってられません。


そうこうしているうちに
思い出してきました。



実は私、学生時代は「ムダに熱い」プレーヤーだったんです。

高校でも大学でも、部内でヘタなほうでした。
技術・パワーが無い分、気持ちだけを全面に出して
相手に向かっていくのが身上の(つーか、それしかない)
泥臭くてかっこ悪いスタイルが、私のテニスだったのです。

つまらないミスをすれば自分を叱り
うなり声を上げつつショットを打ち込む。

いつから変わってしまったのだろう?


この練習会で、上手い人たちについていくことで
私の本能が目覚めた感じがしました。


そうだ!

これが私のテニスだったんだ!



そして今までの記事を読み返してみます。

元々頭でっかちなんで
コートの外ではいろいろ考えるんです。

でもコート上でそれをやっていること自体
自分のキャラを見失っているというか
何か勘違いをしているというか

「な~に上手い人みたいなテニスしてんじゃ!  」

という感じです。


ピラミッドでいう最下層にいながら
気持ちだけで格上に向かっていったあの頃の気持ちを
取り戻す時が来ています。

これからは
「がむしゃら丸坊主」
を改め
「(ムダに)熱い丸坊主」
をモットーとすることにします。


そういえば不調(特にフォアハンド)はどこかに行ってしまいました。
もうこのトンネルは抜けたかな?

人気blogランキングへ よかったらクリックお願いします。

スポンサーサイト



テニス・その他 | 00:26:11 | Trackback(0) | Comments(6)