■プロフィール

Author:丸坊主
40代の男です。
テニスは高校から始めました。
福祉の仕事をしています。

『勝つときは正しいテニスで正しく勝つ。負けるときも正しいテニスで正しく負ける』
→テニスで知り会ったテニスマスターT氏の言葉は、私の生き方にも影響を与えてくれています。

『やることをやって、それで止められたなら運が悪かったということと、一方でひとつひとつの技術のクオリティーが低いから、それを許してしまうのだと思います』
(テニスマガジン2009.8号より)
→杉山愛選手のこの言葉はずっと心に残っています。試合における腹のくくり具合と冷静な自己分析が両立した、素敵な言葉だと思っています。

試合において、『正しいテニス』や『やるべきこと』をやりきれたか。練習において、試合で止められた技術の向上を意識して取り組んだか。
そんなことを考えながらテニスをしています。

使用ラケット:
ラケット迷子を抜け出し、マンティスプロ295(初代モデル)に決まりそうです。

使用ストリング:
ストリングは完全に迷子になっています。
テンションも28P~55Pで、振り幅が大きいです。

使用シューズ:
アシックス一筋です。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
とは言ってもシビア
先日、新ラケットの
マイクロジェルラジカルOS を手に
レベルの高い方々が集う基礎練習サークルに
参加させてもらいました。


余裕を持って打てる時はすごくいいんです。
でも相手の球威に押し込まれたり、振り回されたりすると
とたんにシビアになります。
このラケット。

格上の方々が集う場ですから
ここではその「シビアさ」だけが際立ちました。

正直に申しますと、この日の帰り道
テンションを5~10Pは下げたくなりました。


店長、これ以上上げるのはキツいっす…


余裕を持って打てる球でも
きちんとスイングしないといけない分
体力を消耗します。
 (まだ右腕が筋肉痛です…)

苦しい状況でも当てるだけでは返りません。
当てた上にちょっと押さないといけないのが
メタリックスとの大きな違いです。

またメタリックス時代でラクを覚えたのか
ストロークの時に
「体を横向きにする」
ことを怠ける傾向があると指摘されました。


もちろんボレーも今まで通りにはいかないんですが
まずはストロークからフォームを再構築しなければいけないようです。

振り回しっぽい練習をしつこくお願いして
足を攣りかけながらもフォーム固めに努めました。



はっきり言って、今だったらメタリックスを使うほうが強いです。
それでも新しいラケットに挑戦できるのは
その先に「プレーの幅が広がった自分」をイメージしているからです。

夢見がちなだけ?

まぁ、目標はあくまでも区民大会ですから
今は落ちてもいいんです。


そんな訳でこの冬は
「ストローク強化月間」
とすることにします!


だからこの冬は、ダブルスでも
雁行陣ばっかりにしていいよね。
 (辛口テニスマスターM氏にはどやされるな。きっと)

人気blogランキングへ よかったらクリックお願いします。





スポンサーサイト
ラケット関係 | 17:41:46 | Trackback(0) | Comments(5)
ストロークが楽しいラケット
ついにこの日がやってきました!
いや~、長かった…。


とうとう買ってしまった訳ですよ。
マイクロジェルラジカルOS

まさか自分がこの機種を手にするとは
ちょっと前までは想像もできませんでした。

「こういうのは上手い人たちが使うもんさ」

という目で見ていたのです。
 (ヘッドで言うとプレステージ、他のメーカーならプロスタッフとかグラファイトとか…)

偏屈店長が強く勧めてくれなければ
絶対に選ばないラケットでした。

でも使ってみると意外や意外。
結構普通に使えるもんですね。


ラジカルは「ストローカー向け」という印象を持っていましたが
その点は印象通り。
こすっても厚く当ててもいい。
回転をかけやすいのにフラット気味にガシガシ叩いてもいい。
そして何よりもスライスが楽しい!
いい打点でしっかり捉えるとバウンド後の滑りが違いました。
 (注:当社比)
それが実に気持ちいい!

とはいえ良い所ばかりではなく
メタリックス6やRAVEに比べるとシビアです。
 (当たり前か)
「面が大きい割りにスイートスポットが小さい」
という前評判通り
大きさの割りに融通が利かないというか、曖昧さがないというか
特にボレーだとそのシビアさが顕著に現れます。

でも今の私が求める「叩く」ことにおいては
申し分のないラケットだと思います。


気になる偏屈店長セッティングでしたが
「ヘッドのRIPコントロール 50P」
でした。

「え~、ヘッドのガットぉ~?」

と思いましたが、これはただの先入観。
実際に打ってみるとなかなかよろしかったです。
店長としてはもっと硬く張りたかったそうですが
今まで「超ユルポリ」に慣れきった体を考慮して
期間限定で50Pに抑えてくれたそうです。

店長:「慣れたらもっと硬くしろ」

と厳命されました。
頑張ります…。

ラケット自体は重すぎず軽すぎず。
ガット・振動止め込みで330g(レザー巻き替え済)。バランスは320mm。
バランスのせいか、メタリックス6(カスタマイズ済)とあんまり変わらない重量なのに
取り回しはラクに感じます。


そもそも
「ストロークで叩けるようになりたい」
と思ってラケットを変えた訳です。
なんとかこの冬で新ラケットに慣れて
来年の区民大会では
「ガシガシ叩けるし、ネットダッシュもしちゃう」
素敵なオールラウンダーになれるよう
頑張ってしまおうと思っています。

ただラケットを変えただけなんですが
夢は果てしなく広がります。

人気blogランキングへ 夢見がちな30↑ですが、よかったらクリックお願いします。



ラケット関係 | 21:01:13 | Trackback(0) | Comments(5)
そろそろだけど
もうそろそろ買いに行けるんですぅ。
いや~楽しみで楽しみで。

今まで苦楽を共にしてきたメタリックス6ですが
気持ちは完全に「ラジカルOS」に切り替わっています。
未練のかけらもないところが「飽きたら早いO型」の本領発揮です。


むしろ最近では
少しでも近いラケットで慣らしておこうと思いまして
先代のラケット「ヘッドのRAVE」を引っ張り出して
27インチの部分に目印をつけて(RAVEは1/3インチロングなので)
テニスをしている有様です。



でも困ったことに

意外にいい!

んです。
27インチRAVE。



メタリックスを使っている期間で少しは上手くなったのか。
小さくて不安なフェイス(98インチ)なのに
ほとんど真ん中に当たるんですよ。

振りぬきがいいからバックのドライブが異常に打ちやすいし
フラット気味なフォアも

スパーン!

と抜けてくれます。


いっそのことRAVEをラケットショップに持っていって
27インチに改造してもらったほうが
自分に合ってるのかも…。





いやいや、そんなことないない。
もうラジカルOSを買うって決めてるし。


(  ラジカルがダメだったらRAVEを改造しちゃえ)


…だっ、ダメだったらなんて考えちゃいかん!


(  あんな硬派なラケット、使いこなす自信ないんだろ?)

(  バックの振りぬきの気持ちよさ、忘れられるのかな?)

(  自分の気持ちに、素直になっちゃえよ)


きゃ~!
それ以上言わないで~! 


もう少し。
もう少しすれば買いに行ける。

実際に手にしてしまえばこんな悪魔の戯言
簡単に吹き飛ばせるはず。


(  まぁダメだったらRAVEを改造して…)




 偏屈店長はなんて言うかな?









そうだ!そうだよ!
今さらRAVEに戻すなんて
口が裂けても言えません。
 (考えただけで恐ろしい…)

ラジカルを使いこなすしか選択肢はないんだ!
いや~、あぶないあぶない。


もうここ最近は仕事中だって上の空です。

人気blogランキングへ こんなダメダメ社会人の丸坊主ですが、よかったらクリックお願いします。



テニス・その他 | 22:54:57 | Trackback(0) | Comments(3)
挑戦します!
結局ラケットを変える  ことにしました。

今のラケットにも満足してるんですが
「ボールを叩く」という部分ではいささか不安がありまして。


この間の試合では
追い込まれた時の切り返しや
守備的なスライスに自信を持てることで
相当なアドバンテージを感じました。

その一方で、攻めのパターンがアプローチ~ボレーしか見いだせず
ストロークから叩いていくことがあまりできませんでした。

今のラインだと安定はするでしょうが
いずれ頭打ちになるのが目に見えています。


そこで偏屈店長に相談すると「ヘッドのラジカルOS」を強く勧められました。

正直、試打した中では「ブリジストンのDUAL COIL2.8」が
一番しっくりきたんです。
でも

偏屈T店長:「ラケットを変えてまで叩いていくつもりならラジカルを選べ」

と言われ、それもそうだな~と。

試打をするとついつい違和感の少ないラケットを
「良い」と感じがちです。
でも「叩くこと」という
今までの自分に欠けているものを身につけようとするなら
違和感を感じるのが当たり前。
むしろそれくらいのラケットを選ぶべきではないか。

偏屈ながらテニスに関しては専門家である
この店長の言うことはもっともだと思った訳です。

まぁ、店の在庫の中で選んだのではという疑いも少々あるのですが。 
(ブリジストンだとお取り寄せになるそうなので…)


ついでに「デカ厚ラケットにユルポリ」全否定されました。

店長:「ガットもテンションもオレに任せてみろ」

と言うので、面白そうだからお願いしてみました。

バイト時代にはバカ呼ばわりしながら私をこき使ってくれた偏屈店長  。
それだけテニスやガット張りに対する意識が高いということなんですが。
そんな偏屈店長のチョイスがどんなものなのか
ギャンブル感覚もあり、結構楽しみだったりします。


噂によるとラジカルOSの新作は
なかなかシビアに出来上がっているとのこと。
実は20分くらいしか試打してないんで
どんな感じかいまいち覚えてないのです。

偏屈テニスショップは遠方にあるため
ラケットを手にするのは1週間くらい後になります。

とりあえずそれまで筋トレ  でもしておこうかしら。

人気blogランキングへ よかったらクリックお願いします。


ラケット関係 | 23:16:23 | Trackback(0) | Comments(6)
丸坊主の憂鬱2
みなさん、グリップってどうしてます?


辛口テニスマスターM氏には
「グリップを普通の太さにしろ」
としきりに言われます。

M氏:「全然手首が使えてねぇのはグリップが太すぎるからだよ!」

と…。


実は私、自分に合わせていろいろいじっているうちに
グリップが太くなってしまったんです。
今は概ねグリップ5~6くらい。
一時期8~9くらいにしていましたが
さすがにM氏ほかサークルの皆さんに止められました。
確かにちと太すぎたかな。


これで困るのが
市販されているラケットはほとんど
グリップ3までしかないこと!
 (4があるラケットはたいてい使いこなせないっ  )

かといって海外モデルを取り寄せるのも難儀です。


ビニールみたいなグリップを太くするやつって
何枚か重ねると角が丸くなってしまいます。

今はグリップ3にそのビニールを2枚重ねて
さらに元巻きグリップを厚めのレザーに巻き変えて(ウィルソンを使用)
さらにその上にオーバーテープを巻いています。(こちらはボウブランドを使用)

以前アクリル板でグリップを太くしたことがありましたが
上手く角を残すのが難しい。
例のビニールが一番手っ取り早いんで
結局それに落ち着いていますが
できればもう少し角を残したい。


皆さんはグリップ2とか3で
不満なくテニスをされているのでしょうか?
不思議で仕方ありません。



こんな私ですから試打ラケットを借りても

「ガット硬っ!  」
「グリップ細っ!   」
「ラケット軽っ!     」

と、ラケットの性能を確かめる前に
たくさんのハードルがあるんです。


やっぱ今のメタリックス6(カスタマイズ済)を使うのがいいのかなぁ。

少数派の苦悩は尽きません…。

人気blogランキングへ よかったらクリックお願いします。



ラケット関係 | 00:49:17 | Trackback(0) | Comments(5)
丸坊主の憂鬱
いくつ浮気を重ねても満たされない。
何かが足りない。
もうメタリックス6(カスタマイズ済)しか
愛せない体になってしまったのか…。


という訳で(どんな訳?)
このあいだガットの張替えがてら
ショップで重さとバランスを計ってもらいました。

すると驚きの事実が。

バランス340mm
は別にいいんですが
 (まあまあトップヘビーですね)
ガット込みとはいえ、重さがなんと

340gオーバー!

元々のラケットの重さは250g(ガットなし)。
これにガットと振動止めを足したとしても
100g近くもアップするはずありません。



どうやら鉛テープ、やりすぎちゃったみたい。 



もちろん理由はあるんですよ。

最近格上の方たちと練習する機会が多くて
それ自体はすごくありがたいことなんですが
さすがに軽量ラケットだと打ち負ける感じがするんですよ。

家に帰って
「もう少し」
また次、家に帰って
「ほんのちょっと」
なんてやっているうちに
いつのまにか普通より重いくらいのラケットに変貌してしまったのです。

店員さん:「正直、このスペック(デカ厚ラケ)でこの重さとなると
      海外モデルとかでないと…」

と言われてしまいました。


もちろん重さだけを見れば日本でも普通に売ってます。
でもそういうのって大抵
面が小さいとか、ガットの目が細かいとか
 (プレステージとか…)
なんにせよ、私レベルじゃ使いこなせないモノばっかり。

105~110インチで、中厚以上 

という私の最低条件を満たすラケットはだいたい260~290g程度。
となると重みが足らんのです。



最近の浮気相手は
「プリンスのO3RED」

「ブリジストンのDUAL COIL2.8」
でした。

O3REDは、軽いのを除けば違和感なく使えるラケットでしたが
違和感がない分
「別に無理して変えなくても今のでいいじゃん」
というのが正直な感想でスピード破局。 
 (スイートスポットが広い感じでいいラケットでしたよ)

DUAL COIL2.8は
飛びはいいけど意外に硬派といった感触で
ラケットの好みがかなり狭い角度に入り込んじゃった私には
ちょうど良かったです。
アシストはするけどラクはさせない。
ちゃんとしたスイングが求められる感じがして、かなり好印象でした。
軽いのを除けば。
 (こんな私に好まれるなんて、このラケット売れるんだろうか?)


家からチト遠い偏屈ショップの店長に相談すると
「ヘッドのラジカルOS」

「ウィルソンのK‐ZEN110」
を勧めてくれました。
なのでこちらもどこかで浮気しないといけません。

私個人としては
「ヘッドのエクストリーム・チーム」
も一度は打ってみたい…。



そもそもラケットを変える必要があるのだろうか?
そんな根源的な疑問すら出てきます。

悩みは尽きません。

人気blogランキングへ よかったらクリックお願いします。



ラケット関係 | 21:01:33 | Trackback(0) | Comments(2)
ショック!
数ヶ月前から通い始めた「うち近スクール」ですが
今月半ばで閉鎖されることになりました。

家からホントに近いから午後出勤の日は午前中にレッスンを受けられたし
年配の男性コーチはアドバイスに重みがありました。

他の場所にもコートがあってそちらでの営業は継続するそうですが
休みが不定期な私ですから
午後出勤の日の午前中にレッスンを受けられないと
高い確率でレッスンを消化しきれません。
別のコートですと距離的にしんどくて…。

継続したいけど通えるのか。
悩むところです。


そもそもスクールに行って効果はあったのか?
と聞かれたら
「間違いなくあった」
と断言できます。

ここのコーチは目新しいアドバイスを連発する訳ではないのですが
私のプレーを見て、私に必要なポイントを
繰り返し繰り返し指摘してくれます。

たぶんこれってすごいことです。


指摘する部分なんて腐るほどある訳ですよ。
私たち素人ですから。
しかも
「たくさんアドバイスを受けたほうが得した気になる」
という生徒側の心理もあり
そのニーズを満たすコーチが多いように思えます。
少なくとも昔に私が通っていたスクールはそういう感じでした。


みなさんもどこかで聞いたかもしれませんが
技術の習得には3つの段階があります。
「わかる」「できる」「使える」

この中で実際試合に生きるのは
「使える」
の部分だけです。

ここのコーチは
「わかる」
を増やすよりは
「できる」もしくは「使える」
を増やすことを重要視しているように私は感じました。
だから新しいアドバイスではなく
必要なポイントを繰り返し伝えてくれる。

これは私がスクールに求めているものと重なるんです。


別のスクールに行って
同じスタンスのコーチに当たるとは限りません。
かといって今のスクール(別コート)に行って
レッスンを消化しきれないとムダになります。


悩みは尽きません。
どうしたもんでしょうかねぇ。

人気blogランキングへ よかったらクリックお願いします。



テニス・その他 | 09:58:01 | Trackback(0) | Comments(2)
問答は続く
今回はチト重めなので
そういうのが苦手な方は飛ばしちゃってください。



先の草トーでのことです。

同じ日に同じ会場でジュニアの部もやっていました。
男女が混ざった形式の大会で
小学校低学年くらいの女の子が出ていました。
他に出ているのは見たところ小学校高学年~中学生くらい。
彼女は自分より体の大きいお兄さん・お姉さんと対戦する訳です。

と言っても実際にはお兄さん・お姉さんの強い球になかなか合わせられず
正直、試合の形になっていません。


「あの娘にはまだ試合は早い。可哀想に」

とまっさきに思いました。
しかしよく考えるとこれは残酷な感想です。


どのくらいのレベルだったら大会に出ていいのか?
それに満たない者は大会に出てはいけないのか?

私の感想は彼女の貴重な経験の場を奪うのと同じことです。



この根底には
「弱い者は守られねばならない」
という考えがあります。


ここで問題になるのは
①彼女は「弱い者」なのか?
②彼女は「守られること」を望んでいるのか?
の2点。

私が彼女の立場だったら
貴重な経験ができる場を奪うに等しい
私の感想をどう感じるだろうか?





なぜこんなことにこだわるのかと言いますと
この問答が福祉業界に居続けようと決めた
大きな要因になっているからです。




そもそも社会福祉とは
「弱者救済」
の思想から始まったものです。
しかし世界的にみて、いまだにこの思想でやっているのは
一部の国だけになっています。

わが国では救済の思想が根強く残っているものの
思想論ではなく経済的な面から
「自立」
に転換することが求められています。

といっても現実には諸法令に
「自立」
というラベルを貼り付けただけで
経済的な解決こそが最優先になっています。
考え方は二の次、三の次。
現場レベルで感じる限り
制度自体が「救済」を乗り越えているとは到底思えません。


ところで
「自由という名の放置」

「弱者救済」

その二択しか無かった時代。
 (もしかしたら現在も)

そのなかで「救済」を選んだこの業界の先達たちの意思は
至極まっとうであると思っています。
今日に至るまでの過程で
私なら到底耐えられないであろう苦労をされていることも
頭では理解しています。

しかし(それだけに?)その影響は大きく
「救済」から「自立」への過渡期であるはずの今
現場レベルの我々はまだ「救済」の思想に囚われています。

もちろん一方で「何かが違う」という思いも持っている。
我々(少なくとも私)はそういう疑いを持ちながら働いています。



そこで先の話に戻る訳です。

①(障害を抱えた)彼らは「弱い者」なのか?
②彼らは「守られること」を望んでいるのか?



もちろん綺麗事ではありません。
「守られる」ほうが得だから「弱い者」のポジションをとる
そういう部分も現実には見受けられます。
しかし「放置か救済」の二択しか提供してこなかった歴史のなかで
損得勘定で「救済」を求めるというのも自然なこと。

こんな記事を書く私だっていまだにその片棒を担いでいると言えます。



でも私は知りたいと思うのです。

「救済」を超えた支援とはどういったものなのか?
自分の中にある「救済思想」を乗り越えたら
何がどう変わるのか?


きっと「自立」という言葉はキーワードになるでしょう。
でもたぶん、そのまま解答にはなり得ないだろうとも考えています。



一度転職したものの、この業界に首を突っ込んでそろそろ10年。
それなりの年数は経ったのにまだ答えが出せずにいます。

福祉職が専門性を必要とされるプロの集まりであるならば
 (なかなかそういった見方はされませんが)
この問答は避けて通れません。
答えが出せない私はまだまだプロ以下。
今まで何をしてきたのか。
お恥ずかしい限りです。

人気blogランキングへ よかったらクリックお願いします。



福祉の仕事 | 23:22:43 | Trackback(0) | Comments(2)
2個目ゲット!
えへへ。
うふふ。
ぐふふふふ。



ん?
どうしたの、って?


聞いてくださいよ、奥さま。
実は私


優勝 


しちゃったんですの!
シングルスで。
おほほほ~。



小さい草トーではあったんですが
うれしさは変わりません。


予選のリーグ戦と本戦のトーナメントで
5試合しました。
 (5勝しましたよ 
個人的に嬉しかったのは5試合もやったのに
ダブルフォルトが1個だけだったこと

普段は無茶なネットダッシュで自爆する場面が多いのですが
今回は崩すまでストロークで我慢。

また試合序盤は球を良く見ることだけ考えて
体が動くようになるまでつなぐテニスができました。
よくテニス本とかでも出ているセオリーですが
実践するにはかなり度胸がいりますね。
相手に攻め込まれたら…と考えてしまって。
今回はよく我慢できました。


不思議だったのは一番最後の決勝戦。
ここまできたらもちろん優勝したい訳ですが
なんだか純粋にプレーを楽しめました。
相手はストロークが強くて足の速い選手だったのですが
「決まった」と思ったボレーが切り替えされたりしても
嬉しかったんです。
文章にするとおかしいけど。

私の理想とする「やりとり」の感じがあったんだと思います。



もちろん課題はたくさんあるんですが
 (サーブ力が特に…)
それはそれとして、2個目の優勝ですし
数日間は喜びに浸ってみようかと思っています。

目標は来年の区民大会ですから。

人気blogランキングへ よかったらクリックお願いします。


試合など | 10:36:31 | Trackback(0) | Comments(6)
ありがとう!
いや~、めでたい!


おめでとう!


なにがって?
そりゃもちろん

中日ドラゴンズ日本一!

しかないでしょう。


正直、中日って地味ですよね。
スター性のある選手がいないし。
でも、そんなことはいいんです。
日本一なんですから!

いやはや、めでたい!



ところでパーフェクトピッチを続けていた山井投手を
最終回で岩瀬投手に交代した采配が
話題になっているみたいですね。
一部には、怒っていらっしゃる方もいるようで。

でもシーズンを通して中日を見守ってきたファンからすれば
極々当たり前のことだと思うんです。


確かにリアルタイムで試合を見たその瞬間は
「何で?」
って感じるかもしれません。
でもよく考えると
「当たり前のことを当たり前にやった」
だけのこと。

僅差で最終回に回ってきたら岩瀬投手へ。
 (たぶん絶好調時の川上投手は除く)

ずーっとそうやって日本シリーズまで来たわけです。
なぜ日本シリーズで違うやり方をしなければならないのか。


すごく偉大な記録がかかっていたことは理解しています。
しかし
「記録がかかっているからいつもと違うことを…」
っていうような安易な妥協を最も嫌うタイプであると思うんです。
落合監督は。
山井投手を引っ張るのと岩瀬投手に変えるのと
どちらが勝てる確率が高いのか
それだけのことだと思うんです。

山井投手自身から交代の申し出があったという記事もあるんで
私の想像が正しいとも限らないのですが。


全然違う視点ですが、
①岩瀬投手に変えて逆転負け
と、
②山井投手を引っ張って逆転負け
と、
どちらが次の試合ひいてはシリーズ全体に影響を与えるか?

そういう点から考えても岩瀬投手への継投は妥当だったと
私は考えます。
シーズンを通して絶対的な守護神として出続けた訳ですから
仮に逆転されたとしても
「彼を出して負けたのなら仕方ない」
とチーム全体で割り切ることができるはず。

残念ながらそれほど実績がある訳ではない山井投手を引っ張って
万が一逆転負けでもしようものなら
本人のダメージはもちろん
「記録に欲目を出して負けた」
とチーム全体に悪い影響を与えただろうと想像される訳です。



これとは別の話ですが、第三戦だったでしょうか?

圧勝しているのに後半小刻みな継投

もすごいと思いました。
鳥肌モノです。


これに関して
「日ハムに神経戦をしかけた」
という見方もあるようで、私も完全にそれを否定するつもりはありませんが
むしろ
「どんなことがあっても絶対にこの試合をとる」
という意図が明確に表れた采配だと感じました。

たぶんいないでしょうが
「今日はもう勝ちだろう」
なんて思っていた選手がいたとしたら
きっと冷や水を浴びせられたような気がしたでしょう。

日本シリーズはそんなに甘くない!

そのことを現役時代から嫌というほど思い知らされている落合監督からの
強烈なメッセージである
と一素人の私は考えるのです。


もちろん勝ったから言えるという部分はあると思いますが(笑)。
いや~、それにしてもめでたい!

人気blogランキングへ よかったらクリックお願いします。





雑記 | 13:05:20 | Trackback(0) | Comments(2)

FC2Ad