FC2ブログ
 
■プロフィール

丸坊主

Author:丸坊主
40代の男です。
テニスは高校から始めました。
福祉の仕事をしています。

『勝つときは正しいテニスで正しく勝つ。負けるときも正しいテニスで正しく負ける』
→テニスで知り会ったテニスマスターT氏の言葉は、私の生き方にも影響を与えてくれています。

『やることをやって、それで止められたなら運が悪かったということと、一方でひとつひとつの技術のクオリティーが低いから、それを許してしまうのだと思います』
(テニスマガジン2009.8号より)
→杉山愛選手のこの言葉はずっと心に残っています。試合における腹のくくり具合と冷静な自己分析が両立した、素敵な言葉だと思っています。

試合において、『正しいテニス』や『やるべきこと』をやりきれたか。練習において、試合で止められた技術の向上を意識して取り組んだか。
そんなことを考えながらテニスをしています。

使用ラケット:
ダンロップのNEOMAX2000に決まりそうです。

使用ストリング:
縦ポリ/横ナイロンであればなんでもよくなっています。
テンションは35P~40Pくらいで落ち着きました。

使用シューズ:
ここは変わらず、アシックス一筋です。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
挑戦します!
結局ラケットを変える  ことにしました。

今のラケットにも満足してるんですが
「ボールを叩く」という部分ではいささか不安がありまして。


この間の試合では
追い込まれた時の切り返しや
守備的なスライスに自信を持てることで
相当なアドバンテージを感じました。

その一方で、攻めのパターンがアプローチ~ボレーしか見いだせず
ストロークから叩いていくことがあまりできませんでした。

今のラインだと安定はするでしょうが
いずれ頭打ちになるのが目に見えています。


そこで偏屈店長に相談すると「ヘッドのラジカルOS」を強く勧められました。

正直、試打した中では「ブリジストンのDUAL COIL2.8」が
一番しっくりきたんです。
でも

偏屈T店長:「ラケットを変えてまで叩いていくつもりならラジカルを選べ」

と言われ、それもそうだな~と。

試打をするとついつい違和感の少ないラケットを
「良い」と感じがちです。
でも「叩くこと」という
今までの自分に欠けているものを身につけようとするなら
違和感を感じるのが当たり前。
むしろそれくらいのラケットを選ぶべきではないか。

偏屈ながらテニスに関しては専門家である
この店長の言うことはもっともだと思った訳です。

まぁ、店の在庫の中で選んだのではという疑いも少々あるのですが。 
(ブリジストンだとお取り寄せになるそうなので…)


ついでに「デカ厚ラケットにユルポリ」全否定されました。

店長:「ガットもテンションもオレに任せてみろ」

と言うので、面白そうだからお願いしてみました。

バイト時代にはバカ呼ばわりしながら私をこき使ってくれた偏屈店長  。
それだけテニスやガット張りに対する意識が高いということなんですが。
そんな偏屈店長のチョイスがどんなものなのか
ギャンブル感覚もあり、結構楽しみだったりします。


噂によるとラジカルOSの新作は
なかなかシビアに出来上がっているとのこと。
実は20分くらいしか試打してないんで
どんな感じかいまいち覚えてないのです。

偏屈テニスショップは遠方にあるため
ラケットを手にするのは1週間くらい後になります。

とりあえずそれまで筋トレ  でもしておこうかしら。

人気blogランキングへ よかったらクリックお願いします。


スポンサーサイト



ラケット関係 | 23:16:23 | Trackback(0) | Comments(6)