FC2ブログ
 
■プロフィール

丸坊主

Author:丸坊主
40代の男です。
テニスは高校から始めました。
福祉の仕事をしています。

『勝つときは正しいテニスで正しく勝つ。負けるときも正しいテニスで正しく負ける』
→テニスで知り会ったテニスマスターT氏の言葉は、私の生き方にも影響を与えてくれています。

『やることをやって、それで止められたなら運が悪かったということと、一方でひとつひとつの技術のクオリティーが低いから、それを許してしまうのだと思います』
(テニスマガジン2009.8号より)
→杉山愛選手のこの言葉はずっと心に残っています。試合における腹のくくり具合と冷静な自己分析が両立した、素敵な言葉だと思っています。

試合において、『正しいテニス』や『やるべきこと』をやりきれたか。練習において、試合で止められた技術の向上を意識して取り組んだか。
そんなことを考えながらテニスをしています。

使用ラケット:
ダンロップのNEOMAX2000に決まりそうです。

使用ストリング:
縦ポリ/横ナイロンであればなんでもよくなっています。
テンションは35P~40Pくらいで落ち着きました。

使用シューズ:
ここは変わらず、アシックス一筋です。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
これで一安心
マイクロジェルラジカルのシビアさに
多少へこたれ気味でしたが
柔らかガットのユル張り
 (ウィルソンのNXTで42ポンド)
に変えて
テニスマスターT氏との闇練習をしました。

そこでようやく一安心できた訳です。


実は、使い勝手の良さに気づいた
前々代のラケット RAVE を
2本ほど改造してもらってたんです。
27インチのグリップサイズ4に。

最悪そっちに乗り換えるのもアリかなぁ
な~んて。 (← やっぱりヘタレですな)

それくらいシビアだった訳ですが
ガットを張りなおして
ようやく使い続けるメドがたちました。
 (ゴメン、偏屈店長…)


今までデカ厚ラケットのユルガット(115インチで40~45ポンド)
しかもガットの本数が16×19だったのに、
飛ばないラケットで
フェースが少し小さくなって(107インチ)
しかもガットの本数も増えて(18×19)  
硬さまで上げたら(50ポンド)
そりゃムリがあるでしょ。
 (だから許して。偏屈店長…)


それでもシビアなものはシビアです。
ボレーなんて絶対
前!
で捉えないと
飛んでいってくれません。

ストロークもきっちりとしたスイングを求められます。
こちらはガットを緩めたおかげで(かな?)
小さなテイクバックが自然にできましたが。
 (和さま アドバイスありがとうございました!)

ガットが硬いと飛ばないもんだから
ついつい大きく振りかぶっていたのです。


そんなこんなでちょっと足踏みしましたが
来年の区民大会を目標とする
「ストローク強化月間」
いよいよ本格始動となります!

人気blogランキングへ よかったらクリックお願いします。


スポンサーサイト



ストリング関係 | 12:38:50 | Trackback(0) | Comments(4)