■プロフィール

丸坊主

Author:丸坊主
40代の男です。
テニスは高校から始めました。
福祉の仕事をしています。

『勝つときは正しいテニスで正しく勝つ。負けるときも正しいテニスで正しく負ける』
→テニスで知り会ったテニスマスターT氏の言葉は、私の生き方にも影響を与えてくれています。

『やることをやって、それで止められたなら運が悪かったということと、一方でひとつひとつの技術のクオリティーが低いから、それを許してしまうのだと思います』
(テニスマガジン2009.8号より)
→杉山愛選手のこの言葉はずっと心に残っています。試合における腹のくくり具合と冷静な自己分析が両立した、素敵な言葉だと思っています。

試合において、『正しいテニス』や『やるべきこと』をやりきれたか。練習において、試合で止められた技術の向上を意識して取り組んだか。
そんなことを考えながらテニスをしています。

使用ラケット:
ラケット迷子を抜け出し、マンティスプロ295(初代モデル)に決まりそうです。

使用ストリング:
ストリングは完全に迷子になっています。
テンションも28P~55Pで、振り幅が大きいです。

使用シューズ:
アシックス一筋です。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
ショック!!!
グリップを変えて
グリグリフォアハンドを楽しんでいる今日この頃。

しかし先日、ショックなことが!


練習途中で妙な振動を感じたんです。
おかしいな~なんて思って
ふとラケットを見ると

割れてたんです。


え~っと
アレ、なんて言うんでしたっけ?

ラケットにかぶさってて
バンパーみたいな役目の
プラスチックの…。

グロメット、でしたっけ?


それが割れてたんです。



もちろん心当たりはあります。

すっかり苦手になった低めの球を
グリっ!とやろうとしたら
軽~く (ホントに軽く、ですよ) ダフって
地面を擦っちゃったんです。

軽くだったから全然気にしてなかったのに
見てみたら結構ハデに割れてました。

まぁ、ガットに影響はなさそうだから
今度張り替えるときに
変えてもらうことにします。



こういうのって、グリップのせいですかね?

今までも何度かダフったことはありますが
こんな風に割れたことってなかったですよ。


ひょっとして
スイングスピードが速くなったから?

人気blogランキングへ 「その前にダフるなよ」といった声には耳をかしませんが、よかったらクリックお願いします。



スポンサーサイト
テニス・その他 | 19:39:22 | Trackback(0) | Comments(6)
グリップの効用
「ストローク強化月間」ですし
思い切ってフォアハンドのグリップを変えてみました。

もはやついでの話題となりますが
実はちょっと前から
バックハンドのグリップも厚めに変えたんです。
こちらはほんのちょっとですが。

正直なところどちらも
まだまだ「使える」所まで行っていませんが
使えるメドはたってきたように感じています。



正しいのかどうか自信はないのですが
グリップを厚めに変えたことで
スイングそのものが変わった感じがしています。


あえて極端に書きますが

イースタンの時は体重移動

ウエスタンの時は回転運動

であるような気がしています。


実は私、以前からこの

回転運動

のスイングを試していたのですが
ちっともうまくいかず…。

「あぁ、俺ってホントにヘタだなぁ  」

と嘆いていたのですが
これはグリップのせいだったのではないか。


しかも苦手だった高めの球が
ガンガン打ち込めるようになりました。
これが実に楽しい!

「あぁ、俺って実は上手かったのかも  」

な~んて思ったりして。


でも低い球が打ちにくくなりました。
イースタンの時は得意だったんだがなぁ。

人気blogランキングへ 一歩進んで一歩下がっていますが(意味ないじゃん)
よかったらクリックお願いします。



テニス・技術面 | 23:30:00 | Trackback(1) | Comments(4)
大工よ、インドアコートの梁を高く上げよ
題名に意味はありません。
インドアコートでテニスレッスンを受けてきた
ってだけのことです。

天井はまあまあ高くて
特に不満はありませんでした。
やわらかい感じのハードコートで
快適にテニスができました。
インドアはこうであってほしいですね。



さて、またもやお久しぶりです。

体調不良が続いていた訳ではありませんが
考えのまとまらない日々が続いて
なんとなくブログから遠ざかっていました。


ところでテニスにおける私の一番の悩みは
フォアハンドストロークです。
それを克服するべく
「ああでもない」「こうでもない」
とジタバタしているところです。


そんな私でしたが、とうとう

グリップの変更

に挑戦することにしました。



多くの書物や上級者の話から言っても
「結局は長い間なじんだグリップが一番」
という意見が大勢を占めていることは
重々承知しております。

それでもやってみることにしました。



先日参加させていただいた某スクールのイベントレッスンで
コーチとシングルスをさせていただき
 (かる~くボコボコにされましたが  )
その上アドバイスをいただく機会がありました。

そこで
「シングルスでどういうプレーをしたいのか?」
と聞かれたので
「闇雲にフラットで叩いていた時期」
「闇雲にネットダッシュをしていた時期」
を経て今は
「ストロークである程度崩して、最終的に前に出て決めたい」
と答えました。

すると
「ストローク戦を前提にするならば今のフォアのグリップでは難しい」
とのアドバイスをくれたのです。


もちろんグリップをいじるリスクは強調されました。

でもいろいろ試してたいした成果が出てない以上
フォアハンド強化を求めるには
もっと大きな変化に挑戦しないといけないのではないか。

うまく表現できないのですが
その時、直感的にそう思ったんです。



ちなみに今までの私のフォアは
いわゆる「イースタングリップ」でして
球種としてはフラット系が打ちやすいとされています。
で今回挑戦するのが
いわゆる「ウエスタングリップ」。
ラケットを地面に置いて上からそのまま握った感じの持ち方です。


実際に試すと想像したほどの違和感はなかったのですが
腰からきちんと回さないとボールが飛んでいってくれません。
前のグリップだったら多少「手打ち」気味でもごまかせたのですが
ウエスタングリップだとそのへんがシビアになるようです。

早速そのコーチに見てもらうと
「もう少し厚くボールを捉えたい。20cmくらいボールを押す感じで」
とアドバイスをくれました。

そこでレッスンは終わってしまったので
あとはこの冬の間に
厚い握りのフォアを重点的に練習することにしました。


実は私、ラケットの場合と同じで
「ウエスタングリップなんてガンガン打てる人だけの持ち方だよ」
という先入観があったんです。
自分がそういうプレーヤーでないことを自覚していたので
自然と避けていました。

でも「ラジカルなんて上手い人が使うラケットだよ」
と思いつつも
使ってみると意外に使えたじゃないですか。
 (使えてるのか?)
だからきっと「ウエスタングリップ」も
意外にイケるはず(?)

たいした根拠もないのですが
そんな期待を持っています。


まぁ仮にこれで崩れたとしても
元々苦手なフォアハンドですから
失うものは少ない訳です。


まだまだ「どこに打つか」というよりも
「どう打つか」というレベルでしかありませんが
今までと違うフォアハンドが
なんだか楽しくてうれしいこの頃です。



この冬で自分のテニスは上がっているのだろうか?
もしかしたら下がっているのではないか?

そういう疑念にはフタをしてしまいましょう。


人気blogランキングへ よかったらクリックお願いします。




テニス・その他 | 15:59:24 | Trackback(0) | Comments(5)
ムリはよくない
みなさん、お久しぶりです。


前回
「マスク王子」
などとうかれていたのですが
バチが当たったのか
本格的に体調不良になってしまい…。

なのにテニスの予定は強行。
さらに体調は悪化 

そうである以上
仕事を休ませてもらう訳にはいかず
 (一応、社会人として…)
無理やり当直とかしたりして
大変な日々を過ごしてきました。


本当は今日もテニス予定があったんですが
この雨で中止。
もちろん残念なんですが
神様が
「いい加減体を休ませなさい」
とはからってくれたのだと
感謝  している次第です。

みなさん、体調が悪いときは
ムリしないで休みましょう。
 (当たり前だ)


テニスやっている時はいいんですよ。
結構できちゃうもんなんですね。
でもその「後」がねぇ。


先日フォーム撮影をしまして
そこで見えた課題を
一つ一つ潰していく作業が
楽しかったのもあるんですが。



ところで「軸」って言葉、よく技術書とかに出てきますよね。
今まであんまり意識してこなかったんですが
フォームを見るとフォアの時に
上体が左側に折れる傾向がありまして。
特にちょっと疲れてくると
その傾向が顕著になるんです。

無意識に
「飛ばしたい!」
と思ってしまうのでしょうかね。

みなさんはいかがですか?


そうならないように意識しますと
ラクにいい球が打てまして
苦手なフォアハンドが楽しくなってきました。

「ストローク強化月間」は着々と成果を上げています。



と書くとそれなりに順調そうに読めるんですが
もう一つのテーマ「体力強化月間」は
体調不良を理由に
かなりサボっております。

早い話がランニングなのですが
もうかれこれ3週間くらいサボっていまして。
体調以前に寒くって。

ムリして風邪なんかひいても、ねぇ 


この冬にもの凄く伸びる予定なんですが
予定は未定で終わってしまう恐れが…。

人気blogランキングへ なかなか「脱ヘタレ」といかない丸坊主ですが、よかったらクリックお願いします。




テニス・その他 | 13:40:05 | Trackback(0) | Comments(6)
職人なんです
みなさん、こんにちは。
マスク王子の丸坊主です。





ん?
説明が必要?

それじゃあ仕方ない。(← えらそう)



私、こう見えても
なかなか大きくてクリっとしてるんです。
眼が。
そしてまつげがすごく長い!
体調が悪い時以外は二重だし。

眉毛が太いのがおしい所ですが
顔の上半分はなかなかの出来なんです。 


ただ残念なのが
「東南アジアから出稼ぎ系」なクドい鼻と
やたらに濃いヒゲ
さらにホホ~アゴのふくよかなラインで
顔全体がとっ散らかっているのです。


そんな私をもっとも効果的に引き立てるアイテム
それこそ
「マスク」
なのです。





ついてきてます?


そもそも
「なんでマスクなんか」
とご質問が出てきそうですが
 (ソコ!  「どうでもいい…」とか言わない!)
今年の風邪にやられまして。

体調はすこぶるいいんですがセキが異様に続くんです。
もうかれこれ2週間以上。

もちろんその間
良くなったり悪くなったりを繰り返しているのですが
こういう仕事をしている以上
利用者のみなさんにうつしてはいけないので
ず~っとマスクを着用しているのです。

えへへ。



さて本題ですが
 (前置きながっ!)
職場で数々の 雑用 お仕事 を任されている私。
大掃除のこの時期は
最も輝きを放つのであります。

いろいろあるのですが
なんといっても
「ワックス職人」
としての仕事が一番でしょう。

ココが開設してからというもの
施設内のワックスがけは常に私主導で行われ
ワックス職人を任命されるまでになりました。


しかし職人任命から数年が経ち
後進を育てる役目も仰せつかったのであります。
もちろんその後進は

 イケメン職員 I 君! 


私の持つ数々のテクニックを
惜しみなく彼に与え
私が休みの日に廊下のワックスがけを
彼(と非常勤さん)に託したのです。



休みが明けると職人である私は
最大の難所とされる
「食堂・台所」
のワックスがけに入ります。

ここは職人の腕の見せ所。
日常のルーティンワークを全て先輩職員Tさんに押し付け
 (T姐さん、すいません…  )
自分の持つ技術の全てを
ソコに注ぎ込んだのであります。

多少悔いは残るものの概ね満足な出来で
「これなら職人の面目も立とう」
と思って一安心。

そういえば I 君に任せた廊下を見てなかったと
歩いてみますと…


なんと
ワックスの下にゴミや髪の毛がっ!


みなさんわかります?
ワックスがけはワックスそのものではなく
その前の掃除
なによりも細かいゴミや毛を残さないことが
仕事の出来を左右します。

それなのにココの廊下は
至る所、髪の毛の上からワックスを!!!



これ、どないすんじゃあ!!



と怒ったところで I 君は休み。

っていうか
利用者の支援に関わることならともかく
ワックスがけで注意されても
困るでしょう。彼も。



そういえばココの初代施設長。
利用者の支援については

「俺の背中を見て学べ。でなきゃ利用者に学べ」

という完全な職人気質だったけど
 (そういう所、大好きでした)
庭の剪定にはすごくうるさい人だった。

「丸坊主さん!この芽は切っちゃダメなんだって!」

ってものすごい剣幕で怒られたことがあったなぁ。
 (やる前は「さっぱりやっちゃって」としか言わなかったじゃん…)



だから私がやりました。
カッターの刃の裏でガジガジギジギジ。
ワックスを塗られた髪の毛やらゴミやらを
削って取り除きました。


「初代施設長。私はあなたのようにはなれないみたいです…」

と心の中でつぶやきながら…。


こう書くとなんですが
初代施設長はお元気で過ごされていますよ(笑)。

人気blogランキングへ 「ワックスがけばかりやられても…」というT姐さんの声が聞こえてきそうですが、よかったらクリックお願いします。



福祉の仕事 | 12:30:05 | Trackback(0) | Comments(6)
ストリング契約、募集してます!
新年早々からすいません。
勝手に言っているだけで
全て自腹で購入しています。

そういえばこの間
偏屈店長ショップでマイクロジェルラジカルOSを買ったときに

丸坊主:「ボク、ラケットはヘッド契約だから~」

な~んて短い髪をかき上げて言ってみたら
ひどく冷たい目で黙殺されました…。
 (いいじゃん、素人の楽しみだよ)



改めまして、あけましておめでとうございます。

さて、何度も書いていることですが
今年の区民大会に勝ち上がるべく
ジタバタしているのであります。
もちろんラケットを変えたのも区民大会のため。

でも
「薄いフレーム」「18×19のストリングパターン」
のラケットを使うのは初めてのことでして
何のストリングを何ポンドで張るか
いろいろ迷ってるんです。


一応、区民大会に向けたテニス計画表では
いろいろ試して3月までに
ベストなセッティングを見つけることになっております。

まだ時間はありますが
かといってむやみやたらに張り替える訳にもいきません。
 (もちろんサイフの問題で…)


なので自分のために
今までラジカルOSに張ったものを整理してみようと思います。
完全に個人的なテニス日記の文章を元にしていますので
チト読みにくいですが勘弁してください。


①ヘッドのRIPコントロールを50P
→食いつきがすごい訳でもなく弾きがすごい訳でもない。いろいろ主張しないまっさらなストリングといった印象で、地味ながら個人的には好きなタイプ。
 しかしそれまでデカ厚ラケットでユルストリング(35~45P)だったため違和感が激しかった。急に寒くなった時期と重なり手首と腕が痛くなったので張り替える。
 ラケットに慣れてきたらまた試してみたいストリング。

②ウィルソンのNXT130を42P
→上記セッティングでいろいろ痛くなったので、柔らかさが定評のガットをユルく張ってみた。
 これで一安心できたのは良かったがさすがにユルすぎだった。ラケットのシビアさに慣れたのか冬季のストローク強化計画が成功しつつあるのか、2週間もしないうちに球がとっ散らかるようになる。特に深さのコントロールができなくなり張替える。
 やはりナイロンのユル張りは難しいのだろうか?

③ウィルソンのNXT130を48P
→2本目のラケットをこのセッティングにする。やっぱり打感は柔らかい。硬く張ったおかげかとっ散らかりは無くなったがもう少し硬い感じがしてもいいように思えた。その硬さは「テンションの硬さ」なのか「打感の硬さ」なのか不明。
 テンションの硬さなら次張る時に上げればいいだけだし、打感の硬さならポリの類を選べばいい。

④バボラのハイブリッド(VS+/プロハリケーンツアー125)を47P
→③について家から近い常識的なほうのショップで相談したところハイブリッドを勧められた。ちなみにハイブリッドは初体験。XcelプレミアムかVSかで迷ったが、冬ボ直後でまだ懐が暖かかったので(微熱だが…)VSにする。
 ③に比べると打感は硬く感じる。しかし①の時のような違和感はない。ストリングのおかげなのかラケットに慣れたせいなのかは不明。打感が硬く感じる分スイングの力が正しく伝わるように思える。多少は柔らかさも感じられるので(ナチュラルも入っているというプラセボ効果か?)ストロークはもちろん、サーブ・ボレーなど全般的に使っていてストレスが少ない。
 硬さはこれくらいでちょうどいい。あとは時間が経ってどう変化するかが問題である。プロハリツアーだけだと一月半もたずに打感が急激に変化した。ハイブリッドだとどうなんだろう?



「道具に頼っているうちはまだまだ」

なんて声も聞こえてきそうですが
やっぱり区民大会を少しでもいい形で迎えたいのです。


結局のところ自分の感覚が全てなのですが
「こんなストリングが良かったよ!」
など耳寄りな情報がありましたら
教えていただけるとうれしいです。
 (できたらテンションと使っているラケットも教えていただけるとありがたいです)
よろしくお願いします。

追伸:
HAMACHI!さま ラジカルOSのインプレと使用ガットの情報をありがとうございました。
今後もいろいろ教えてください。
よろしくお願いします。


人気blogランキングへ よかったらクリックお願いします。



ストリング関係 | 00:28:44 | Trackback(1) | Comments(6)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。