FC2ブログ
 
■プロフィール

丸坊主

Author:丸坊主
40代の男です。
テニスは高校から始めました。
福祉の仕事をしています。

『勝つときは正しいテニスで正しく勝つ。負けるときも正しいテニスで正しく負ける』
→テニスで知り会ったテニスマスターT氏の言葉は、私の生き方にも影響を与えてくれています。

『やることをやって、それで止められたなら運が悪かったということと、一方でひとつひとつの技術のクオリティーが低いから、それを許してしまうのだと思います』
(テニスマガジン2009.8号より)
→杉山愛選手のこの言葉はずっと心に残っています。試合における腹のくくり具合と冷静な自己分析が両立した、素敵な言葉だと思っています。

試合において、『正しいテニス』や『やるべきこと』をやりきれたか。練習において、試合で止められた技術の向上を意識して取り組んだか。
そんなことを考えながらテニスをしています。

使用ラケット:
ダンロップのNEOMAX2000に決まりそうです。

使用ストリング:
縦ポリ/横ナイロンであればなんでもよくなっています。
テンションは35P~40Pくらいで落ち着きました。

使用シューズ:
ここは変わらず、アシックス一筋です。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
グリップの効用
「ストローク強化月間」ですし
思い切ってフォアハンドのグリップを変えてみました。

もはやついでの話題となりますが
実はちょっと前から
バックハンドのグリップも厚めに変えたんです。
こちらはほんのちょっとですが。

正直なところどちらも
まだまだ「使える」所まで行っていませんが
使えるメドはたってきたように感じています。



正しいのかどうか自信はないのですが
グリップを厚めに変えたことで
スイングそのものが変わった感じがしています。


あえて極端に書きますが

イースタンの時は体重移動

ウエスタンの時は回転運動

であるような気がしています。


実は私、以前からこの

回転運動

のスイングを試していたのですが
ちっともうまくいかず…。

「あぁ、俺ってホントにヘタだなぁ  」

と嘆いていたのですが
これはグリップのせいだったのではないか。


しかも苦手だった高めの球が
ガンガン打ち込めるようになりました。
これが実に楽しい!

「あぁ、俺って実は上手かったのかも  」

な~んて思ったりして。


でも低い球が打ちにくくなりました。
イースタンの時は得意だったんだがなぁ。

人気blogランキングへ 一歩進んで一歩下がっていますが(意味ないじゃん)
よかったらクリックお願いします。



スポンサーサイト



テニス・技術面 | 23:30:00 | Trackback(1) | Comments(4)