FC2ブログ
 
■プロフィール

丸坊主

Author:丸坊主
40代の男です。
テニスは高校から始めました。
福祉の仕事をしています。

『勝つときは正しいテニスで正しく勝つ。負けるときも正しいテニスで正しく負ける』
→テニスで知り会ったテニスマスターT氏の言葉は、私の生き方にも影響を与えてくれています。

『やることをやって、それで止められたなら運が悪かったということと、一方でひとつひとつの技術のクオリティーが低いから、それを許してしまうのだと思います』
(テニスマガジン2009.8号より)
→杉山愛選手のこの言葉はずっと心に残っています。試合における腹のくくり具合と冷静な自己分析が両立した、素敵な言葉だと思っています。

試合において、『正しいテニス』や『やるべきこと』をやりきれたか。練習において、試合で止められた技術の向上を意識して取り組んだか。
そんなことを考えながらテニスをしています。

使用ラケット:
ダンロップのNEOMAX2000に決まりそうです。

使用ストリング:
縦ポリ/横ナイロンであればなんでもよくなっています。
テンションは35P~40Pくらいで落ち着きました。

使用シューズ:
ここは変わらず、アシックス一筋です。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
もはや怠惰なのかも
前記事の続き。


もしかしたらこういう考え方って
福祉の仕事に特有のものなのかもしれません。


働いたことがないのでわかりませんが
いわゆる一般企業ですと
「100%の仕事」というのが厳然と定められていて
それ以外の価値観なんかは
企業の存続を揺るがしかねない
ただの甘えになってしまうのかもしれません。


もっと言えば
福祉の仕事が正解のない(見えにくい)
ものであるという特性に甘えて
私が勝手に
自己正当化をしているだけなのかもしれません。


どんな業界であろうが
客観的に見える形での「100%の仕事」を追い求め
達成しなければならないのかもしれません。







結果が見えにくいこの業界にも
成果主義といいますか
年功序列を越える試みとしての
新しい人事考課が導入され始めています。

その流れ自体に意義を唱えるつもりはありません。
むしろ歓迎すべきことと考えています。


でも私自身は
この先、評価基準がどう変わっても
あんまり気になりません。

そういう物を念頭に入れつつも
そういう物に振り回されてはいけない
そんな風に思えて仕方ないのです。

これもまた怠惰な私の
自己正当化に過ぎないのかもしれませんが。




例えばテニスに置き換えてみます。

恥ずかしながら、こんなへっぽこな私とて
「試合に勝つ」
ことを目標にしています。

勝つために練習をしているし
筋トレをやったり
ランニングをやったり
 (こちらはサボり気味ですが…)
新しいラケットに変えたのも
もちろん試合に勝ちたいからです。


でも「試合に勝つ」以外の価値観
テニスマスターの言う
自分にとっての「正しいテニス」を求めること。
それがなければ試合に勝っても
よろこびがないのだろうとも思っています。



もちろん一人のプロとして給与が発生する仕事
真剣に取り組んでいるとはいえ
ただの趣味であるテニスとを
同じレベルで考えることに無理があるのは承知しています。


それでも私は自分にとっての
「あるべき福祉」というものを探していきたい
それを
「客観的に見える形での成果」
よりも優先したい


う~ん。
少し違うなぁ。


「成果」 → テニスでいう「勝利」
を求めつつも、自分にとっての
「あるべき福祉」 → 「正しいテニス」
を求めていきたい。

かつて記事にした
「救済を越えた支援とはどういうものなのか?」
といった疑問等に答えを出したい。

そういうことなんだと思う訳です。


成果以外の価値観(「あるべき福祉」)求めることによって
成果だけでも
成果以外の価値だけでもない
どちらか一方に左右されない
ブレない自分ができるんじゃないかと。

そうなれば
成果の出ない厳しい時期であっても
必要以上のダメージを受けることなく
希望を持って働き続けることができるのではないか。

成果の出る楽しい時期であっても
浮かれずに働き続けることができるのではないか。







実は今回の異動、結構ショックでして
柄にも無く
働く意味なんてことに
思いをはせてしまいました。

うまく表現しきれない記事でしたが
おかげで私の頭の中は
だいぶ整理がつきました。

お付き合いいただいた方には
読みにくい記事で
ホントにすいませんでした。

たぶん次くらいからは
テニス関係の記事に戻るんじゃないかと思います。


しかしまぁ
仕事関係の話題はどうも
重くなりがちでいけませんなぁ 




スポンサーサイト



福祉の仕事 | 12:44:57 | Trackback(0) | Comments(9)