■プロフィール

丸坊主

Author:丸坊主
40代の男です。
テニスは高校から始めました。
福祉の仕事をしています。

『勝つときは正しいテニスで正しく勝つ。負けるときも正しいテニスで正しく負ける』
→テニスで知り会ったテニスマスターT氏の言葉は、私の生き方にも影響を与えてくれています。

『やることをやって、それで止められたなら運が悪かったということと、一方でひとつひとつの技術のクオリティーが低いから、それを許してしまうのだと思います』
(テニスマガジン2009.8号より)
→杉山愛選手のこの言葉はずっと心に残っています。試合における腹のくくり具合と冷静な自己分析が両立した、素敵な言葉だと思っています。

試合において、『正しいテニス』や『やるべきこと』をやりきれたか。練習において、試合で止められた技術の向上を意識して取り組んだか。
そんなことを考えながらテニスをしています。

使用ラケット:
ラケット迷子を抜け出し、マンティスプロ295(初代モデル)に決まりそうです。

使用ストリング:
ストリングは完全に迷子になっています。
テンションも28P~55Pで、振り幅が大きいです。

使用シューズ:
アシックス一筋です。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
テニスメモ その3
元気だけがトリエの私でしたが
どうやらカゼ  にやられたらしく
かといって仕事を休める状況ではなく 
ムリして働いて
結構大変な1週間を過ごしました。

でも週末は元気。 
だからテニスをしてきました。

それがなにか? 



改造途中のフォアのストロークですが
依然として波があります。
いい時はいいんですが
悪い時は結構荒れてまして。

で今日は
ひきさま のブログからパクったテニスメモを。


テークバックからスイングまで

手首の角度はまったくかえずに打つ



にわかスピナーの私は
ついつい手首で
「グリっ!」
とやりたくなってしまいます。

しかしプロならともかく
ド素人の私が手首なんかを使っても
面が崩れるマイナスのほうが
よっぽど大きい訳です。


今日は初心に戻って
コレを意識してみたのですが
想像以上に素敵な軌道を描いて
ボールが飛んでいってくれます。


使う頻度が最も高いフォアハンドが
いい感じで打てると
テニス全般にいい影響を与えてくれます。


(ニヤり  )


そんな訳で
今日はなかなかいいテニスができました。

承諾も得ず勝手にパクりましたが
ひきさま
ホントにありがとうございました。

人気blogランキングへ これホントにいいからやってみて。そしてクリックお願いします。



スポンサーサイト
テニス・技術面 | 21:18:52 | Trackback(0) | Comments(5)
テニスメモ その2
<フォアハンド>
テイクバックの時
左手の平は上、右手の平は下。


どこかで読んだテニス本に載っていたのを
そのままパクったものです。
 (出典は思い出せず…すいません  )


フォアのグリップを厚めに変えて
にわかグリグリスピナーになっていますが
変えた当初は右腕が異様に疲れて痛くて
大変難儀しました。

どうも打ち方が悪かったらしく 


それで「ギリギリまでラケットを左手で持つ」とか
「グリップエンドから球にぶつけていく」とか
いろいろ試したんですがあまり改善されず。

で、コレを試したら
とたんに痛くなくなったんです。
疲れも軽減されましたし
なによりもラクに振れるようになりました。

私のイメージですが
この形で体の軸を崩して
インパクトで戻す
そんな感じでやっています。 



詳しくはわかりませんが
グリップの厚さによって
スイングのメカニズムは変わってしまうらしいです。

なので当てはまらない方も多いかもしれませんが
もし厚めのグリップで
フォアのスイングにムダな力が入ったり
腕が疲れたり痛かったりする方がいらしたら
試してみてはいかがでしょうか。

人気blogランキングへ このカテゴリは極々個人的な内容なんですが、よかったらクリックお願いします。



テニス・技術面 | 21:30:06 | Trackback(0) | Comments(5)
雨めっ!
どういう訳か
平日練習会をやろうとした日に限って雨が降り
挙句の果てには
せっかくの休日にも雨 

今日はシングルスの練習試合に参戦するはずだったのに
ホントに無念です。


そういえばここ数ヶ月
まともな形のシングルスをやっていません。

区民大会は6月。

いくらなんでも
そろそろシングルスに体を慣らしておかないと
いかんでしょう。

ランニングもサボって  るしなぁ。



ところで季節はもう春  です。

冬場の「ストローク強化計画」でしたが
いい機会なので
ここで総括してしまおうと思います。



パラパラパラ 
 (とテニス日記をめくってみる)









ボチボチってとこでした 


フォアのグリップを厚めに変えてから
高めの球が打ちやすくなりました。
低めの球が打ちにくくなりましたが
とりあえずその対応はできつつあります。

スピン量の調節ができないせいか
深さのコントロールはまだ苦手です。

トータルで見ると
攻撃力は上がったけどまだ制御しきれていない。
そんな感じです。


この状態でシングルスに生かすには
高い球を打つ場面を作りたい。
しかもできるだけ前で。

要するになんとかして
「チャンスボール」を作りたい。


このままのラインで威力を高めて
相手を押し込んでチャンスボールを作るのか?
コントロール力を高めて
相手を崩してチャンスボールを作るのか?


そろそろそういったことを念頭において
基礎練習に取り組まないといけません。


でもまぁ
どうにもこうにも苦手だったフォアハンドでしたが
それなりに使えるメドが立ったということで
今回の「ストローク強化計画」も
それなりに成功だったと言えるでしょう。

よかったよかった。





ん?
バックハンド?


それはまぁ 
なんていうか… 


順クロスにリターンが返らなくて大変困っています。

人気blogランキングへ 全然よくはないんですが、よかったらクリックお願いします。



テニス・その他 | 15:28:43 | Trackback(1) | Comments(7)
精神世界のゆくえ
すっかり伸びてきて
もはや丸坊主とはいえない髪型になりましたが
 (関係ありませんが)
私、宗教というものに
ちょっとばかし興味を持っていまして。


ご安心ください。
何か特定の宗教を宣伝する訳ではありません。


人が自分より上位の存在を信じる
そういうことの意味みたいなものについて
知りたかったり考えたかったり
するのです。



といっても
何か特別な勉強をしている訳ではありません。
そんな私がこの辺りの内容を見通すのに役に立った
こんな本を紹介します。

「精神世界のゆくえ 宗教・近代・霊性」
 (島薗進著 秋山書店)

正直、気軽に簡単に読み通せるという本ではありませんが
いわゆる専門書に比べると
非常に敷居が低くなっています。
 (予備知識なしでも頑張れば読み通せるというレベル)
オウム事件・スピリチュアルブームなどを入り口にして
宗教というよりは精神世界というものについて
あるいは精神世界というものの捉えられ方について
見通せる内容になっています。

頑張って読み通せれば
明確に語られることの少ない
宗教、精神世界というものについて
概要をつかむことができます。

ある程度でもわかることで
こういうものを過剰に恐れたり過剰に依存したり
そういうバランスの崩れを
補正することができるんではないかと
思います。

ちなみにリンク先の秋山書店から
注文できます。
 (たぶん)
すごく大きい書店なら置いてあると思います。

お友達がやっている書店の本なので
ちょっと宣伝してみました。
 (何かオゴってもらえるかしら?  )



より求めやすい本ですと
「世界がわかる宗教社会学入門」
 (橋爪大三郎著 筑摩書房)
とか
「アンダーグラウンド」「約束された場所で」
 (村上春樹著)
とかが私にはわかりやすかったです。



世界は広いですが
どこの地域でも
自分より上位の存在を信じる
宗教が存在します。

内容に違いはあれども
そのことだけは共通しています。

そこには
人間そのものを理解するヒントがあるのではないか。
そんなことを考えてみたりするのです。

人気blogランキングへ 興味のない方にはホントにつまらない記事ですが、よかったらクリックお願いします。



本とか音楽とか | 09:50:23 | Trackback(0) | Comments(5)
テニスメモ
新しいカテゴリ  を作ってみました。

テニス日記はつけていますが
その中で特に習得したい内容などを
ここに残してみようと思います。
より強く記憶に残せるかな、なんて。

ホントに個人的な内容ですので
みなさんのお役にたてるかどうかは
責任持てません 
適当に読み流してください。


<今日のテニスメモ>

「バックハンドボレーは

左ひじを張ってセット」


 ( ≒ ラケットを立ててセット)


今日のテニスでは
ミドル~ハイの高さのバックボレーを
何度もフカして  しまいました。
せっかく浮いた球をボレーできるのに
それをミスしてはダブルスになりません。

必要以上にパンチを効かせようという
欲がありまして
ついこの高さではラケットを寝かしてしまうんです。

この高さの球を
①クロスの深い所
 (チャンスボールかロブが返ってくる可能性が高い)
②アレーとサービスラインの重なる辺り
 (オープンコートができる可能性が高い)
のどちらかに返して
その次で決めるのが
私の「正しいテニス」であったはず。

そういう所でイージーなミスをしていると
だんだん自分のプレーの流れが
悪くなってしまいます。

かろうじて自分サーブのキープ率はよかったものの
それ以外のプレーはいまいちでした。


帰り道で思い返すと
「あぁ  そうだった!」
と気づくのですが
プレー中だとなかなか気づけません。

少しでも流れが悪いと思ったら
持参のテニスメモを見返すことにしましょう。

人気blogランキングへ 完全に個人的な記事ですが、よかったらクリックお願いします。




テニス・技術面 | 20:09:49 | Trackback(0) | Comments(5)
闘争心!
新しい職場での一週間が終わりました。
あっという間でした。

そしてもどかしい気持ちでいっぱいです。


こう見えても私
前の職場では結構頼り  にされていました。
「困ったらとりあえず丸坊主を呼べ」
みたいな。

それが新しい環境に移ると
完全なお客さん状態。



今だから書きますが
初めて働く通所施設が
私の偏見通りにラクチンで
やりがいの薄いものであったら
辞めて転職してしまおうと思っていました。

だけどそんな考えは
この一週間で吹き飛び  ました。


こんなお客さん状態の自分自身が
もどかしくて悔しくて
眠っていた闘争心に
火がついてしまいました。

ここから脱却できないまま
逃げだす訳にはいきません。

これはただの意地  です。



私の想像通り
通所施設は体力的にはラクです。
なにせ日中の間だけの支援ですから。
支援のスタンスも
生活の場とは多少違ってきます。

だからといって
支援そのものがラクな訳ではない。


この業界に入って10年くらい。
それなりに支援の力をつけてきたつもりでしたが
場所が変わっただけで
0からのスタートになってしまう。
そんな程度の力しかなかったということが
この一週間で明らかになってしまったのです。
 (…くそう)



こんな時
役に立つのはテニスで得た知恵です。


試合序盤は

『確実にできること』だけに集中する



テニスの試合で言えば
今はまだ体が温まっていない序盤です。
こんな時にスーパーショットを狙っても
結果の良し悪しは別として
ただのギャンブルになってしまいます。
私が求める「正しいテニス」とは程遠い。

もどかしさや悔しさは脇に置いておいて
ついつい気になる周りからの評価も
シャットアウトして
今確実にできることに集中する。

具体的には
利用者さんの顔と名前を叩き込み
留意点と支援方法をチェックして
焦らずに恐れずに距離を近づけていくこと。



そういえば何かの本で読みました。

「対人支援に魔法の杖はない」

基本的な道筋を確認したり
見通しをたてることは
大前提として必要なのですが
小さいひとつひとつの積み重ね以外に
支援を進めていく道はないのです。



ホントにもどかしくて悔しいんですが
一方でこれから大きな山に挑むような
ワクワク感もあり
柄にもなく仕事に燃えている
今日この頃です。

人気blogランキングへ よかったらクリックお願いします。




福祉の仕事 | 21:45:42 | Trackback(0) | Comments(4)
助っ人!
いよいよ明日から新しい職場です。
ホンのちょっと感傷的  になっていましたが
テニスの予定が詰まっていたおかげで
もうすっかりさっぱりしています 

テニスっていいですな。


さて、この連休中のことですが
前に参加させていだたいたテニスオフの主催者さんから
サークル対抗戦のお誘いを受けまして
私、行ってまいりました!

サークルの対抗戦に誘っていただけるなんて
気分はもう
腕利きの助っ人  です!

平日開催だったから
単に平日に参加できるってだけで呼ばれた訳ですが  

このサークル自体に参加したことはなく
主催者さんともう一人以外は
全くの初対面でした。
ホームなのにアウェーみたいですな。


でも結果は 丸坊主全勝!


対抗戦として正式に組まれた男ダブは2勝!
 (6-3/6-3でした)
時間が余って組み入れたミックス・男ダブは3勝!!!
 (ミックス6-0/ミックス4-1/男ダブ4-1)

助っ人  としての働きを十分に果たしてきました。
 (だから違うって)


全勝の戦績を引っさげて
近くのファミレスで開かれた祝勝会では
みなさんに結構チヤホヤ  されました。

でも一番嬉しかったのは
「組んでて楽しかった」
とか
「また一緒にテニスしましょう」
とか言われたことです。


へっぽこながら私
どうやったらペアがプレーしやすくなるのか
ダブルスでは真剣に考えます。

戦術的なことももちろんですが
なによりもまずペアが楽しくなること。
そのためには自分が楽しくならないと
ペアだって楽しくなれません。

そして
ミスという結果ではなく
過程に目を向けてもらえるように
努力します。

ミスしようと思ってミスする人はいません。
「これを決めよう」
もしくは
「これをつなごう」
と思って打った球が
図らずもアウト、もしくはネットしてしまう。
これは誰だって同じです。

なので例えば
「クロスに打ってオーバー」
というミスについては
「クロスに深く打った狙いはOK」
「きちんと振り切って打ったからOK」
「真ん中で捉えていたからOK」
という風に考えますし
必要に応じてペアにも伝えます。
きちんと言葉にして。

結果としてはアウトというミスだったとしても
OKだった部分はたくさんある訳です。
そういう部分に目を向ければ
ミスを恐れずのびのびとプレーできるのではないか。

要するに結果を求めすぎて
ガチガチになるよりも
正しいプロセスを求める。
そういう考えを
せめて試合の間だけでも
組んでくれたペアと共有したいのです。


改めて言うことではありませんが
「試合に勝ちたい」
と思うのは大前提です。
結果を求めるのも大前提です。

つまり上記の例で言えば
「クロスに打とう」
と思って打って欲しい訳です。
試合に出るなら
「この試合に勝ちたい」
と思って出て欲しい訳です。

それを大前提にした上でプロセスを重視する。


今回組んでくれた方々とは
そういう思いを共有できたのではないか。
そんな風に感じています。

もちろん勝ったのはうれしい  んですが
それよりもこのことが一番の収穫でした。

人気blogランキングへ チト自慢が入りましたが、よかったらクリックお願いします。


テニス・その他 | 21:46:02 | Trackback(0) | Comments(6)

FC2Ad