FC2ブログ
 
■プロフィール

丸坊主

Author:丸坊主
40代の男です。
テニスは高校から始めました。
福祉の仕事をしています。

『勝つときは正しいテニスで正しく勝つ。負けるときも正しいテニスで正しく負ける』
→テニスで知り会ったテニスマスターT氏の言葉は、私の生き方にも影響を与えてくれています。

『やることをやって、それで止められたなら運が悪かったということと、一方でひとつひとつの技術のクオリティーが低いから、それを許してしまうのだと思います』
(テニスマガジン2009.8号より)
→杉山愛選手のこの言葉はずっと心に残っています。試合における腹のくくり具合と冷静な自己分析が両立した、素敵な言葉だと思っています。

試合において、『正しいテニス』や『やるべきこと』をやりきれたか。練習において、試合で止められた技術の向上を意識して取り組んだか。
そんなことを考えながらテニスをしています。

使用ラケット:
ダンロップのNEOMAX2000に決まりそうです。

使用ストリング:
縦ポリ/横ナイロンであればなんでもよくなっています。
テンションは35P~40Pくらいで落ち着きました。

使用シューズ:
ここは変わらず、アシックス一筋です。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
闘争心!
新しい職場での一週間が終わりました。
あっという間でした。

そしてもどかしい気持ちでいっぱいです。


こう見えても私
前の職場では結構頼り  にされていました。
「困ったらとりあえず丸坊主を呼べ」
みたいな。

それが新しい環境に移ると
完全なお客さん状態。



今だから書きますが
初めて働く通所施設が
私の偏見通りにラクチンで
やりがいの薄いものであったら
辞めて転職してしまおうと思っていました。

だけどそんな考えは
この一週間で吹き飛び  ました。


こんなお客さん状態の自分自身が
もどかしくて悔しくて
眠っていた闘争心に
火がついてしまいました。

ここから脱却できないまま
逃げだす訳にはいきません。

これはただの意地  です。



私の想像通り
通所施設は体力的にはラクです。
なにせ日中の間だけの支援ですから。
支援のスタンスも
生活の場とは多少違ってきます。

だからといって
支援そのものがラクな訳ではない。


この業界に入って10年くらい。
それなりに支援の力をつけてきたつもりでしたが
場所が変わっただけで
0からのスタートになってしまう。
そんな程度の力しかなかったということが
この一週間で明らかになってしまったのです。
 (…くそう)



こんな時
役に立つのはテニスで得た知恵です。


試合序盤は

『確実にできること』だけに集中する



テニスの試合で言えば
今はまだ体が温まっていない序盤です。
こんな時にスーパーショットを狙っても
結果の良し悪しは別として
ただのギャンブルになってしまいます。
私が求める「正しいテニス」とは程遠い。

もどかしさや悔しさは脇に置いておいて
ついつい気になる周りからの評価も
シャットアウトして
今確実にできることに集中する。

具体的には
利用者さんの顔と名前を叩き込み
留意点と支援方法をチェックして
焦らずに恐れずに距離を近づけていくこと。



そういえば何かの本で読みました。

「対人支援に魔法の杖はない」

基本的な道筋を確認したり
見通しをたてることは
大前提として必要なのですが
小さいひとつひとつの積み重ね以外に
支援を進めていく道はないのです。



ホントにもどかしくて悔しいんですが
一方でこれから大きな山に挑むような
ワクワク感もあり
柄にもなく仕事に燃えている
今日この頃です。

人気blogランキングへ よかったらクリックお願いします。




スポンサーサイト



福祉の仕事 | 21:45:42 | Trackback(0) | Comments(4)