FC2ブログ
 
■プロフィール

丸坊主

Author:丸坊主
40代の男です。
テニスは高校から始めました。
福祉の仕事をしています。

『勝つときは正しいテニスで正しく勝つ。負けるときも正しいテニスで正しく負ける』
→テニスで知り会ったテニスマスターT氏の言葉は、私の生き方にも影響を与えてくれています。

『やることをやって、それで止められたなら運が悪かったということと、一方でひとつひとつの技術のクオリティーが低いから、それを許してしまうのだと思います』
(テニスマガジン2009.8号より)
→杉山愛選手のこの言葉はずっと心に残っています。試合における腹のくくり具合と冷静な自己分析が両立した、素敵な言葉だと思っています。

試合において、『正しいテニス』や『やるべきこと』をやりきれたか。練習において、試合で止められた技術の向上を意識して取り組んだか。
そんなことを考えながらテニスをしています。

使用ラケット:
ダンロップのNEOMAX2000に決まりそうです。

使用ストリング:
縦ポリ/横ナイロンであればなんでもよくなっています。
テンションは35P~40Pくらいで落ち着きました。

使用シューズ:
ここは変わらず、アシックス一筋です。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
テニスメモ
新しいカテゴリ  を作ってみました。

テニス日記はつけていますが
その中で特に習得したい内容などを
ここに残してみようと思います。
より強く記憶に残せるかな、なんて。

ホントに個人的な内容ですので
みなさんのお役にたてるかどうかは
責任持てません 
適当に読み流してください。


<今日のテニスメモ>

「バックハンドボレーは

左ひじを張ってセット」


 ( ≒ ラケットを立ててセット)


今日のテニスでは
ミドル~ハイの高さのバックボレーを
何度もフカして  しまいました。
せっかく浮いた球をボレーできるのに
それをミスしてはダブルスになりません。

必要以上にパンチを効かせようという
欲がありまして
ついこの高さではラケットを寝かしてしまうんです。

この高さの球を
①クロスの深い所
 (チャンスボールかロブが返ってくる可能性が高い)
②アレーとサービスラインの重なる辺り
 (オープンコートができる可能性が高い)
のどちらかに返して
その次で決めるのが
私の「正しいテニス」であったはず。

そういう所でイージーなミスをしていると
だんだん自分のプレーの流れが
悪くなってしまいます。

かろうじて自分サーブのキープ率はよかったものの
それ以外のプレーはいまいちでした。


帰り道で思い返すと
「あぁ  そうだった!」
と気づくのですが
プレー中だとなかなか気づけません。

少しでも流れが悪いと思ったら
持参のテニスメモを見返すことにしましょう。

人気blogランキングへ 完全に個人的な記事ですが、よかったらクリックお願いします。




スポンサーサイト



テニス・技術面 | 20:09:49 | Trackback(0) | Comments(5)