FC2ブログ
 
■プロフィール

丸坊主

Author:丸坊主
40代の男です。
テニスは高校から始めました。
福祉の仕事をしています。

『勝つときは正しいテニスで正しく勝つ。負けるときも正しいテニスで正しく負ける』
→テニスで知り会ったテニスマスターT氏の言葉は、私の生き方にも影響を与えてくれています。

『やることをやって、それで止められたなら運が悪かったということと、一方でひとつひとつの技術のクオリティーが低いから、それを許してしまうのだと思います』
(テニスマガジン2009.8号より)
→杉山愛選手のこの言葉はずっと心に残っています。試合における腹のくくり具合と冷静な自己分析が両立した、素敵な言葉だと思っています。

試合において、『正しいテニス』や『やるべきこと』をやりきれたか。練習において、試合で止められた技術の向上を意識して取り組んだか。
そんなことを考えながらテニスをしています。

使用ラケット:
ダンロップのNEOMAX2000に決まりそうです。

使用ストリング:
縦ポリ/横ナイロンであればなんでもよくなっています。
テンションは35P~40Pくらいで落ち着きました。

使用シューズ:
ここは変わらず、アシックス一筋です。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
精神世界のゆくえ
すっかり伸びてきて
もはや丸坊主とはいえない髪型になりましたが
 (関係ありませんが)
私、宗教というものに
ちょっとばかし興味を持っていまして。


ご安心ください。
何か特定の宗教を宣伝する訳ではありません。


人が自分より上位の存在を信じる
そういうことの意味みたいなものについて
知りたかったり考えたかったり
するのです。



といっても
何か特別な勉強をしている訳ではありません。
そんな私がこの辺りの内容を見通すのに役に立った
こんな本を紹介します。

「精神世界のゆくえ 宗教・近代・霊性」
 (島薗進著 秋山書店)

正直、気軽に簡単に読み通せるという本ではありませんが
いわゆる専門書に比べると
非常に敷居が低くなっています。
 (予備知識なしでも頑張れば読み通せるというレベル)
オウム事件・スピリチュアルブームなどを入り口にして
宗教というよりは精神世界というものについて
あるいは精神世界というものの捉えられ方について
見通せる内容になっています。

頑張って読み通せれば
明確に語られることの少ない
宗教、精神世界というものについて
概要をつかむことができます。

ある程度でもわかることで
こういうものを過剰に恐れたり過剰に依存したり
そういうバランスの崩れを
補正することができるんではないかと
思います。

ちなみにリンク先の秋山書店から
注文できます。
 (たぶん)
すごく大きい書店なら置いてあると思います。

お友達がやっている書店の本なので
ちょっと宣伝してみました。
 (何かオゴってもらえるかしら?  )



より求めやすい本ですと
「世界がわかる宗教社会学入門」
 (橋爪大三郎著 筑摩書房)
とか
「アンダーグラウンド」「約束された場所で」
 (村上春樹著)
とかが私にはわかりやすかったです。



世界は広いですが
どこの地域でも
自分より上位の存在を信じる
宗教が存在します。

内容に違いはあれども
そのことだけは共通しています。

そこには
人間そのものを理解するヒントがあるのではないか。
そんなことを考えてみたりするのです。

人気blogランキングへ 興味のない方にはホントにつまらない記事ですが、よかったらクリックお願いします。



スポンサーサイト



本とか音楽とか | 09:50:23 | Trackback(0) | Comments(5)