FC2ブログ
 
■プロフィール

丸坊主

Author:丸坊主
40代の男です。
テニスは高校から始めました。
福祉の仕事をしています。

『勝つときは正しいテニスで正しく勝つ。負けるときも正しいテニスで正しく負ける』
→テニスで知り会ったテニスマスターT氏の言葉は、私の生き方にも影響を与えてくれています。

『やることをやって、それで止められたなら運が悪かったということと、一方でひとつひとつの技術のクオリティーが低いから、それを許してしまうのだと思います』
(テニスマガジン2009.8号より)
→杉山愛選手のこの言葉はずっと心に残っています。試合における腹のくくり具合と冷静な自己分析が両立した、素敵な言葉だと思っています。

試合において、『正しいテニス』や『やるべきこと』をやりきれたか。練習において、試合で止められた技術の向上を意識して取り組んだか。
そんなことを考えながらテニスをしています。

使用ラケット:
ダンロップのNEOMAX2000に決まりそうです。

使用ストリング:
縦ポリ/横ナイロンであればなんでもよくなっています。
テンションは35P~40Pくらいで落ち着きました。

使用シューズ:
ここは変わらず、アシックス一筋です。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
テニスメモ その2
<フォアハンド>
テイクバックの時
左手の平は上、右手の平は下。


どこかで読んだテニス本に載っていたのを
そのままパクったものです。
 (出典は思い出せず…すいません  )


フォアのグリップを厚めに変えて
にわかグリグリスピナーになっていますが
変えた当初は右腕が異様に疲れて痛くて
大変難儀しました。

どうも打ち方が悪かったらしく 


それで「ギリギリまでラケットを左手で持つ」とか
「グリップエンドから球にぶつけていく」とか
いろいろ試したんですがあまり改善されず。

で、コレを試したら
とたんに痛くなくなったんです。
疲れも軽減されましたし
なによりもラクに振れるようになりました。

私のイメージですが
この形で体の軸を崩して
インパクトで戻す
そんな感じでやっています。 



詳しくはわかりませんが
グリップの厚さによって
スイングのメカニズムは変わってしまうらしいです。

なので当てはまらない方も多いかもしれませんが
もし厚めのグリップで
フォアのスイングにムダな力が入ったり
腕が疲れたり痛かったりする方がいらしたら
試してみてはいかがでしょうか。

人気blogランキングへ このカテゴリは極々個人的な内容なんですが、よかったらクリックお願いします。



スポンサーサイト



テニス・技術面 | 21:30:06 | Trackback(0) | Comments(5)