FC2ブログ
 
■プロフィール

丸坊主

Author:丸坊主
40代の男です。
テニスは高校から始めました。
福祉の仕事をしています。

『勝つときは正しいテニスで正しく勝つ。負けるときも正しいテニスで正しく負ける』
→テニスで知り会ったテニスマスターT氏の言葉は、私の生き方にも影響を与えてくれています。

『やることをやって、それで止められたなら運が悪かったということと、一方でひとつひとつの技術のクオリティーが低いから、それを許してしまうのだと思います』
(テニスマガジン2009.8号より)
→杉山愛選手のこの言葉はずっと心に残っています。試合における腹のくくり具合と冷静な自己分析が両立した、素敵な言葉だと思っています。

試合において、『正しいテニス』や『やるべきこと』をやりきれたか。練習において、試合で止められた技術の向上を意識して取り組んだか。
そんなことを考えながらテニスをしています。

使用ラケット:
ダンロップのNEOMAX2000に決まりそうです。

使用ストリング:
縦ポリ/横ナイロンであればなんでもよくなっています。
テンションは35P~40Pくらいで落ち着きました。

使用シューズ:
ここは変わらず、アシックス一筋です。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
おニュー!
少し前の話題になるのですが
私、新しいガットを張ってみました。

しかも私にとってはもの凄く硬い


54P で!


いや~、54Pってホントに硬いっすねぇ。
わかってはいたけど。

だからガットは振動吸収に優れていると評判の
 (って店員さんが言ってた  )
テクニファイバーの
X-ONE BIPHASE 1.24
を選んでみました。

私個人の勝手な感想ですが
「柔らかくて飛びは抑え目」
なガットです。
 (飛びが抑え目なのは硬さが関係しているのかも)

個人的にはサーブの気持ちよさが薄れましたが
それ以外のショットでは満足しています。



急に硬くしたのには訳があります。

もちろん目標にしていた区民大会が
遠くなったのが一番なんですが
かつて辛口テニスマスターM氏が
「たまに硬く張ったラケットで打たないと
打ち方が崩れる」
と言ってたからです。

そもそもこの方が
ユルめのテンションを 強制 奨励したのですが。



不思議といえば不思議だし
当たり前といえば当たり前なんですが
硬く張るとスイートスポットが狭くなる気がします。
でもそこで捉えた時の気持ちよさやコントロールが
格段に増すように感じます。


たぶん実戦で使うのはこれからも
VS+/プロハリツアー125
のハイブリッドだと思いますが
 (そして硬さも47~52P程度だと思いますが)
練習用のガットとしては
肘に優しいし音も気持ちいいし
なかなか素敵な出会いをしたなぁと
思っています。

人気blogランキングへ 久々にすばやい更新ができたので、よかったらクリックをお願いします。



スポンサーサイト



ストリング関係 | 21:09:10 | Trackback(0) | Comments(4)