FC2ブログ
 
■プロフィール

丸坊主

Author:丸坊主
40代の男です。
テニスは高校から始めました。
福祉の仕事をしています。

『勝つときは正しいテニスで正しく勝つ。負けるときも正しいテニスで正しく負ける』
→テニスで知り会ったテニスマスターT氏の言葉は、私の生き方にも影響を与えてくれています。

『やることをやって、それで止められたなら運が悪かったということと、一方でひとつひとつの技術のクオリティーが低いから、それを許してしまうのだと思います』
(テニスマガジン2009.8号より)
→杉山愛選手のこの言葉はずっと心に残っています。試合における腹のくくり具合と冷静な自己分析が両立した、素敵な言葉だと思っています。

試合において、『正しいテニス』や『やるべきこと』をやりきれたか。練習において、試合で止められた技術の向上を意識して取り組んだか。
そんなことを考えながらテニスをしています。

使用ラケット:
ダンロップのNEOMAX2000に決まりそうです。

使用ストリング:
縦ポリ/横ナイロンであればなんでもよくなっています。
テンションは35P~40Pくらいで落ち着きました。

使用シューズ:
ここは変わらず、アシックス一筋です。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
おっさんヒラ社員の宿命か
今の職場の同僚はほとんどが20代。
新卒の子だったりすると22才だったりします。

若いって
ただソコにいるだけで輝いているもんなんですね。
 (遠い目  )


そんな環境だとイヤでも自分の老いを感じます。


「ええっ!若かったんですね!
 もうお子さんとか

 二人くらい いるのかと思ってました!」


実年齢を言うと大抵こんなことを言われます。

まぁね。
二人くらいいてもおかしくないっちゃあ
おかしくないんですが。



そんなオッサンくささのせいか
立場こそ彼らと同じヒラなのに
その扱われ方に微妙な差があるように感じます。
 (こういうヒガみがすでに年寄りくさい)



若者には丁寧な説明を欠かさない上司だって
「こいつには適当でも…」
みたいな
明らかに油断した感じを隠そうともしません。
まぁいいんんですがね 



先日も突然呼ばれまして
こんなやりとりがありました。

上司:「他の法人の人たちがいろいろ集まる部会があって
    ウチからは丸坊主さんにお願いすることにしたから」
丸坊主:「はぁ。それはどんな会なんでしょう?」
上:「んっとねぇ。なかなか楽しい集まりだよ。行けばわかるから」
丸:「はぁ。で何をしたらいいんでしょう?」
上:「とりあえず行ってきて。行けばわかるから」
丸:「はぁ」

「上司と部下の想定問答集」
というテキストがもしあったら
絶対間違い例にされるやり取りではないでしょうか?


ちなみに服装とか持っていく物の指定も
まるでなくって。
かといって気楽に行くと痛い目を見そうな
そんな匂いがプンプンしてきます。
なので押入れの奥にしまったスーツを引っ張り出し
めったに配ることの無い名刺をポケットに隠し
丸坊主なりに想定できる最もフォーマル  なイデタチで
向かったのであります。



実は初めて知ったんですが
法人の枠を超えて
福祉業界に携わっている人たちが研修をしたり勉強会をする
そんな会があるんです。
で、運営側としてその会を裏から支える一員に
任命された  ことを知った訳です。
行ってみて初めて。

あんまりじゃない?


どこぞの施設長さんやら主任さんやら
事務局長さんなんて方もいらして
場違いな感が否めません。
パッと見、お若そうで
 (と言っても私より年上に見えますが)
優しそうな方を捕まえて
いろいろ質問してみて
それでようやく状況が理解できました。

この方も主任さんでしたが。



これから月1回のペースで会合があり
年数回は研修を運営するみたいです。
ってか、つい最近も
泊りがけの研修のお手伝いをしてきました。
 (確かに楽しかったけど…)


なんだか大変そうですし
原則として2~3年はやらなきゃならないみたいです。

もつかしら?

人気blogランキングへ 現場の仕事だけでもいっぱいいっぱいなんですが
よかったらクリックをお願いします。




スポンサーサイト



福祉の仕事 | 13:28:26 | Trackback(0) | Comments(7)