■プロフィール

丸坊主

Author:丸坊主
40代の男です。
テニスは高校から始めました。
福祉の仕事をしています。

『勝つときは正しいテニスで正しく勝つ。負けるときも正しいテニスで正しく負ける』
→テニスで知り会ったテニスマスターT氏の言葉は、私の生き方にも影響を与えてくれています。

『やることをやって、それで止められたなら運が悪かったということと、一方でひとつひとつの技術のクオリティーが低いから、それを許してしまうのだと思います』
(テニスマガジン2009.8号より)
→杉山愛選手のこの言葉はずっと心に残っています。試合における腹のくくり具合と冷静な自己分析が両立した、素敵な言葉だと思っています。

試合において、『正しいテニス』や『やるべきこと』をやりきれたか。練習において、試合で止められた技術の向上を意識して取り組んだか。
そんなことを考えながらテニスをしています。

使用ラケット:
ラケット迷子を抜け出し、マンティスプロ295(初代モデル)に決まりそうです。

使用ストリング:
ストリングは完全に迷子になっています。
テンションも28P~55Pで、振り幅が大きいです。

使用シューズ:
アシックス一筋です。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
世話ないですな
とりあえずお説教爆弾を投下してきました。

といっても叱り飛ばした訳ではありませんし
同僚も素直に聞き入れてくれて
想像以上に平和に終了しました。

客観的に言えば上々の出来、なのでしょう。


でも心は晴れません。



こういう表現をすると
すごくきれいな話に理解されたり
必要以上に謙虚な人間だと思われたりするので
誰にも話せずにいるのですが

本当にこれで良かったのか?

という疑いが自分の中で渦巻いてしまうのです。



小心者の私のことですから
表現については細心の注意を払っています。
話の内容もほぼ妥当なものと思われます。

でもその妥当って何だろうか?
100歩譲って私が正しかったとして
その正しいことを言う資格が
果たして私にあるのだろうか?



今回の件だけではありません。
例えば職場の会議でも発言することは多いんです。
気づいたことは黙っていられなくて。

で、その場では自信満々にしゃべることができるのですが
帰り道で気分のよかったためしがない。


私の発言は本当に職場のためになるものだったのだろうか?
仮にそうだったとして
私が発言することで返って逆の効果になっていないだろうか?
そんな発言をする資格はあっただろうか?
ヘタに口を出さず、自然の流れに任せるべきだったのではないか?
そもそも職場のためになるとはどういうことなのか?





特にウチの職場は若い方ばかりで
素直に私の意見に耳を傾けてくれる人が多いので
それだけに、ある一定の方向にみんなを導いてしまっているのではないかと
それも間違った、あるいは硬直した方向に持っていっているのではないかと
不安に駆られるのです。



今回の件に関して
手を出さずに様子を見るという選択肢もありました。
でも内容を考慮すると
少なくとも私の信義には反するものでした。

同僚のモチベーションを下げてしまう可能性のある行為は
出来る限り無くさなければならない。
同僚を大事にできない職場で
質の高い支援など実現できるはずがない。


でももっといい方法があったのではないか。
違うやり方があったのではないか。




ところで、何かを決断するということは
別の何かを捨てることと同義です。

今回の私の決断は
何を得て、何を捨てることになったのでしょうか。
そしてそれは妥当な判断だったのでしょうか。

そもそも妥当な判断って何だろうか?



こんな煮え切らない思いをするくらいなら
黙っておとなしく過ごせばいいものを
おバカだから黙ってられないのです。
で毎回クヨクヨするんです。

世話ないですな。


「みざる、いわざる、きかざる」
といった家康はやっぱりすごい。
「みて、いって、きいて」
しまう私は凡人の極みです。




スポンサーサイト
福祉の仕事 | 20:27:31 | Trackback(0) | Comments(6)
お説教爆弾!
つい最近のことなんですが
また同僚から相談を受けました 

曰く
「ウチの班 (丸坊主とは別の班です) は面倒な書類作成を
 新人の女の子に任せきっている。
 でも立場上、自分からは注意しにくいので (相談者は非常勤さんでした)
 たしなめてほしい」
と。


「そういう相談は上司に…  」
と口から出掛かりましたが
よくよく聞くと、どうやらその班の職員も悪気はないみたいだし
上司に言っておおげさにするほどのことでもない
という事情でした。


うん。
気持ちはわかる。
上司でなくヒラ同士でなんとかしようという
その気持ちもわかる。


でもなんで
なんで

俺なの?



あきらかに面倒くさくて
なおかつ対応を間違えると
危険なこと  になりそうな匂いがプンプンしてきます。



いまいち納得いかないシステムなんですが
ウチの職場は格の付いた上司の下に
現場のリーダーというものがありまして
単に年を食っているというだけの理由で
私、丸坊主も任命されてしまったのです。
 (ちなみに手当ては一切ありません 

だからこういう相談がきても
仕方がないっちゃあ仕方がないんですけど。



たかだか10年程度のキャリアしかありませんが
こういった、自分が同僚に注意をしなければならない場面では
気をつけなければいけない項目がいくつかあります。




まずは大前提として
その同僚から悪く思われたくないという

欲を捨て去ること  

は絶対外せません。


そもそも注意を受ける時点で
誰でもいい気持ちはしない訳です。
相手をそういう気持ちにさせるのに
自分は悪く思われたくないなんて
ムシのいい話です。

また、変に自分を守ろうとすると
注意の趣旨がうやむやになったり
何を注意されているのかさっぱりわからないという
最悪な状況になりかねません。



コレに関連していますが、もう一つは

相手に逃げ道を作ること

が大事だと思っています。


例えば
「なんだよあの丸坊主。
 偉そうなこと言ってさぁ」
と言える (あるいは思える) 余地を残しておかなければならない。
完璧に言い負かしてはいけない。


ケースバイケースですが
私の場合は原則として

「私は~と思う」

という形式を守るようにしています。

つまり
あなたが私と違う考えを持っていても構わないし
上司が私と違う考えを持っていても構わない。
けど私は、あなたのやり方は違うと思う。
そういうスタンスを伝えたい訳です。


これであれば反論の余地は出てきやすいでしょうし
直接反論できなかったとしても
プライドが傷つく程度は
抑えられるのではないかと思っています。




上げようと思えば他にもあるんですが
とりあえずこの2点に気をつけて
来週早々に
丸坊主お説教爆弾  を炸裂させてこようと
思っています。


はぁ~。
なんか面倒くさいなぁ~ 

人気blogランキングへ 早くも気分は中間管理職ですが、ねぎらいのクリックをお願いします。



福祉の仕事 | 22:01:21 | Trackback(0) | Comments(5)
ためらいの看護
ムダに年だけ食っている  せいか
ここ最近、同僚から相談を受けることが多いです。

「○○さんの支援方法を変えたいと思っているんですが…」
「△△さんの関わり方に行き詰ってて…」
等等

その都度適当に答えているんですが
私だってヒラの支援員です。
経験だってそんなに変わらないし
魔法の杖みたいな何かを持っている訳ではないのです。
 (そもそも私じゃなくて上司に相談して欲しい…  )

なので、こういう時は受け売りをすることが多いです。
私を育ててくれた上司や先輩の言葉とか
今まで読んだ本とか。


でもこの本を見つけて、少しラクになりました。

「ためらいの看護 臨床日誌から」
 (西川勝著 岩波書店)


私なりにこの本の感想を一言で述べると

「ずる~い」

となります。

私が福祉人として成長したら書きたいと思っていた内容を
私なんかよりもはるかに深く
とてつもなく面白く仕上げているじゃありませんか!


そんな本なので、同僚から相談を受けて答えに迷ったら
即座にコレを薦めています。


ともかく読んでもらうしかないのですが
ちょっとだけ(といっても長くなりますが)引用してみます。


「ケアに関して言えば、相手に関するデータを集め、ケアのさまざまな方法を勉強すれば十分にケアができるほどに、相手は簡単で透明な存在ではない、と覚悟することからケアを始める。居直りではなく、ある種の転回が必要になる。科学的思考は対象を細分化して説明可能にする仮説を生み出すが、人への理解には到達できない。理解の『対象』ということばに、すでに落とし穴がある。人は単純に観察される対象ではない。ケアの場面で、人は迫る顔をもっている。こちらへと向けられた顔は、分析や解釈をはねのける力があり、ケアのために見ているはずの自分がさまざまに揺さぶられ突き動かされる経験をする。こちらの理解など届きそうにない、目を閉じ、何も語ることのない人にこそ、強い呼びかけを感じる。相手を理解してからケアをするというのでは、一歩も動けはしないのだ」 (P105~106)


看護でも介護でも支援でも
対人援助に関わったことのある方なら
これを読んでキュン  となるのではないでしょうか。


当たり前ですが、だからといって勉強が不要な訳ではありません。
科学的な思考による仮説が無意味な訳でもありません。

だけど、我々の基本は一対一(じゃなくてもいいんですが)で
相手と向かい合うことにあります。
そして対象となる相手は利用者(もしくは患者)である前に
「人」そのものであるのです。

その「人」は、他人に理解してもらいたいと願う一方で
「そんなに簡単にわかってもらってたまるか」
という意地みたいなものも併せ持っているのです。
私と同じように。
 (だから私は偏屈だと言われるんですが…  )





ここで私が駄文を積み重ねても
この本の良さは伝わりません。

興味を持たれた方や対人援助に関わっている方には
是非おススメしたい一冊です。
 (全部いいんですが、「第5章 ケアの弾性」は果てしなく素晴らしいです!)

人気blogランキングへ 3連チャンなんて何ヶ月ぶりだろう…。ねぎらいのクリックをお願いします。



本とか音楽とか | 22:10:57 | Trackback(0) | Comments(3)
対抗戦!
今日はよく行っているサークルの対抗戦でした。
結果は男ダブ2勝2敗。ミックス1勝。


…中途半端だなぁ…


いろいろ課題はあったんですが
大雑把に言うと

取りこぼしが少ない代わりに

同レベル~やや上に勝てない

 (確か前にも書いたぞ。こんなこと  )


ここから先はショットの組み立てが大事なんですが
その前にイージーなミス  をしたり
プランも無くショットを打ったり… 


この壁は、自分には大きく見えます。


基礎練習と筋トレが不足しているのは自覚してるんですが
組み立ては日ごろから意識しないとなぁ。


でもおかげでテニス熱が戻ってきました。
悔しいけど、やっぱ試合っていいですな。

人気blogランキングへ 連日の更新は久しぶりでして、よかったらクリックをお願いします。



試合など | 21:25:32 | Trackback(0) | Comments(2)
切り替えよう!
またもやお久しぶりです。


仕事の忙しさにかまけている訳ではないのですが
最近、ブログを更新しようという気力もなくて…。
っていうか、ここ3年くらい欠かさずにつけている
テニス日記まで放ったらかしでして。

いや~、いかんですなぁ 


平日の基礎練習会もなかなか開催できず
ほぼ週末テニスプレイヤーになっています。
でも今所属しているサークルは
ちょっとアップをやって試合形式に入ってしまいます。
となると私の大好きな基礎練習が
全然できなくなってしまうのです。



そこで心機一転。
インターネットでいろいろ調べて
基礎練習に力を入れているサークルに
お引越し  をしました。

また、これを機に
テニス日記も再開しました。


どちらもあまり大きな変化ではありませんが
こういったちょっとの変化が
停滞した今を変えるきっかけになればいいなぁと
思っています。



そうそう。

そういえばラケットも変えちゃいました 
といっても新しいのを買った訳ではなく
初代ラケットのRAVEに戻してしまいました。

もちろんMGラジカルOSは素敵なラケットです。
でもやっぱりRAVE(改造済)の
振りぬきの素晴らしさは捨てがたく…。

今、結構いい感じです 


そして明日はサークルの対抗戦!

試合前に気持ちを上げることができて
正直ホッとしています。


人気blogランキングへ よかったらクリックをお願いします。

テニス・その他 | 19:14:57 | Trackback(0) | Comments(6)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。