FC2ブログ
 
■プロフィール

丸坊主

Author:丸坊主
40代の男です。
テニスは高校から始めました。
福祉の仕事をしています。

『勝つときは正しいテニスで正しく勝つ。負けるときも正しいテニスで正しく負ける』
→テニスで知り会ったテニスマスターT氏の言葉は、私の生き方にも影響を与えてくれています。

『やることをやって、それで止められたなら運が悪かったということと、一方でひとつひとつの技術のクオリティーが低いから、それを許してしまうのだと思います』
(テニスマガジン2009.8号より)
→杉山愛選手のこの言葉はずっと心に残っています。試合における腹のくくり具合と冷静な自己分析が両立した、素敵な言葉だと思っています。

試合において、『正しいテニス』や『やるべきこと』をやりきれたか。練習において、試合で止められた技術の向上を意識して取り組んだか。
そんなことを考えながらテニスをしています。

使用ラケット:
ダンロップのNEOMAX2000に決まりそうです。

使用ストリング:
縦ポリ/横ナイロンであればなんでもよくなっています。
テンションは35P~40Pくらいで落ち着きました。

使用シューズ:
ここは変わらず、アシックス一筋です。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
お説教爆弾!
つい最近のことなんですが
また同僚から相談を受けました 

曰く
「ウチの班 (丸坊主とは別の班です) は面倒な書類作成を
 新人の女の子に任せきっている。
 でも立場上、自分からは注意しにくいので (相談者は非常勤さんでした)
 たしなめてほしい」
と。


「そういう相談は上司に…  」
と口から出掛かりましたが
よくよく聞くと、どうやらその班の職員も悪気はないみたいだし
上司に言っておおげさにするほどのことでもない
という事情でした。


うん。
気持ちはわかる。
上司でなくヒラ同士でなんとかしようという
その気持ちもわかる。


でもなんで
なんで

俺なの?



あきらかに面倒くさくて
なおかつ対応を間違えると
危険なこと  になりそうな匂いがプンプンしてきます。



いまいち納得いかないシステムなんですが
ウチの職場は格の付いた上司の下に
現場のリーダーというものがありまして
単に年を食っているというだけの理由で
私、丸坊主も任命されてしまったのです。
 (ちなみに手当ては一切ありません 

だからこういう相談がきても
仕方がないっちゃあ仕方がないんですけど。



たかだか10年程度のキャリアしかありませんが
こういった、自分が同僚に注意をしなければならない場面では
気をつけなければいけない項目がいくつかあります。




まずは大前提として
その同僚から悪く思われたくないという

欲を捨て去ること  

は絶対外せません。


そもそも注意を受ける時点で
誰でもいい気持ちはしない訳です。
相手をそういう気持ちにさせるのに
自分は悪く思われたくないなんて
ムシのいい話です。

また、変に自分を守ろうとすると
注意の趣旨がうやむやになったり
何を注意されているのかさっぱりわからないという
最悪な状況になりかねません。



コレに関連していますが、もう一つは

相手に逃げ道を作ること

が大事だと思っています。


例えば
「なんだよあの丸坊主。
 偉そうなこと言ってさぁ」
と言える (あるいは思える) 余地を残しておかなければならない。
完璧に言い負かしてはいけない。


ケースバイケースですが
私の場合は原則として

「私は~と思う」

という形式を守るようにしています。

つまり
あなたが私と違う考えを持っていても構わないし
上司が私と違う考えを持っていても構わない。
けど私は、あなたのやり方は違うと思う。
そういうスタンスを伝えたい訳です。


これであれば反論の余地は出てきやすいでしょうし
直接反論できなかったとしても
プライドが傷つく程度は
抑えられるのではないかと思っています。




上げようと思えば他にもあるんですが
とりあえずこの2点に気をつけて
来週早々に
丸坊主お説教爆弾  を炸裂させてこようと
思っています。


はぁ~。
なんか面倒くさいなぁ~ 

人気blogランキングへ 早くも気分は中間管理職ですが、ねぎらいのクリックをお願いします。



スポンサーサイト



福祉の仕事 | 22:01:21 | Trackback(0) | Comments(5)