■プロフィール

Author:丸坊主
40代の男です。
テニスは高校から始めました。
福祉の仕事をしています。

『勝つときは正しいテニスで正しく勝つ。負けるときも正しいテニスで正しく負ける』
→テニスで知り会ったテニスマスターT氏の言葉は、私の生き方にも影響を与えてくれています。

『やることをやって、それで止められたなら運が悪かったということと、一方でひとつひとつの技術のクオリティーが低いから、それを許してしまうのだと思います』
(テニスマガジン2009.8号より)
→杉山愛選手のこの言葉はずっと心に残っています。試合における腹のくくり具合と冷静な自己分析が両立した、素敵な言葉だと思っています。

試合において、『正しいテニス』や『やるべきこと』をやりきれたか。練習において、試合で止められた技術の向上を意識して取り組んだか。
そんなことを考えながらテニスをしています。

使用ラケット:
ラケット迷子を抜け出し、マンティスプロ295(初代モデル)に決まりそうです。

使用ストリング:
ストリングは完全に迷子になっています。
テンションも28P~55Pで、振り幅が大きいです。

使用シューズ:
アシックス一筋です。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
ガマン、ガマン
テニス中、自分を責めることが多いんです。
ミスをすれば
「バカたれ!  」
だの
「アホぅ!  」
だの。


練習でも試合でも結構うるさい  んです。



でもこの間の団体戦で
強い方々のプレーを見ていたら
みなさん、ミスをしても淡々としていました。

それがまた、いかにも強そうだなぁという
 オーラ  になっているんですよね。



なので、パクることにしました。



前記事で
「自分のプレーに自信を持てないのなら
 コートに立つべきではない」
というテニスマスターT氏の言葉を書きました。

でも正直、自信を持てるほど上手くはないです。

だけどもちろんコートには立っていたい。


それだったらはったりでも
自信があるフリをするしかないじゃないですか。



ミスしてもいちいちこだわらずに
次のプレーに気持ちを向ける。
ミスしてポイントを失っても
全然取り返せる態度でいる。


そのために
表立って自分を責めるのを止めようと思ったのです。
そういう苛立ちを周りに表明してみても
何にもなりませんしね。


それを意識してから
ちょっとですがいい流れ  になってきている気がします。



ものの本によりますと
ダブルスで、ミスしてペアに謝るのも
止めたほうがいいとのことなんですが
それはチト難しいかな。

謝らんでも平気なくらい気心の知れたペアと
日常的に組めている訳でもないですし。
っていうかそんなペアいないし。


(学生時代に組んでいたM先輩だったらできるけど
 今はとても組める状況じゃないしなぁ)



プレー中に自分を責めるのは
もはやクセになってしまっていて
完全に止められている訳ではないのですが
区民大会も近いし
団体戦の2回戦もあるし
弱気なままで試合を迎える訳にはいきませんからね。

グッと我慢、我慢 

人気blogランキングへ よかったらクリックをお願いします。


スポンサーサイト
テニス・メンタル面 | 18:39:16 | Trackback(0) | Comments(5)
反省しかない
今日は例の団体戦でしたが
結果は惨敗…。

まぁ、チームとしては勝ったんで
それはよかったんですが。



試合中、ふっと自分のプレーに自信をなくす瞬間があって
特にここ数ヶ月はその傾向が顕著で
試合に出ては自己嫌悪に陥っています。

今日も中盤まではまあまあいい形でプレーできていたんですが
途中から私が崩れだして
ペアの方には多大な迷惑をかけてしまいました。


これが例えば
サーブが入らない
とか
リターンが返らない
とか
そういった技術的なことであれば
もっと練習しましょう!で済みます。

でも今回は気持ちが守りに入ってしまって
自分のポジションを狭くして
結果としてペアの方の守備範囲を広めてしまったり
思い切って決めるべき球をつないでしまったり
そういったプレーとしてのミスを連発してしまいました。

なので結果としてペアの方がミスをしたとしても
原因は私にある訳です。



自分のプレーに自信が持てないのなら

コートに立つべきではない。

テニスマスターT氏の言葉です。


幸いチームとしては2回戦に進出できました。
今回のプレーでチームの皆様にはかなり呆れられましたが
たぶん次回も参戦させてもらえるみたいです。

月末の区民大会も
今度 (日程は未定) の団体戦も
この言葉を胸に
背水の陣で戦ってこようと思っています。


あと試合中に
「バカ!」とか「ヘタ!」とか
自分に言うのも止めよう。
今日見た強い人たちは
みんなミスしても表情を変えずにプレーしてた。

人気blogランキングへ よかったらクリックをお願いします。


試合など | 22:20:49 | Trackback(0) | Comments(4)

FC2Ad