FC2ブログ
 
■プロフィール

丸坊主

Author:丸坊主
40代の男です。
テニスは高校から始めました。
福祉の仕事をしています。

『勝つときは正しいテニスで正しく勝つ。負けるときも正しいテニスで正しく負ける』
→テニスで知り会ったテニスマスターT氏の言葉は、私の生き方にも影響を与えてくれています。

『やることをやって、それで止められたなら運が悪かったということと、一方でひとつひとつの技術のクオリティーが低いから、それを許してしまうのだと思います』
(テニスマガジン2009.8号より)
→杉山愛選手のこの言葉はずっと心に残っています。試合における腹のくくり具合と冷静な自己分析が両立した、素敵な言葉だと思っています。

試合において、『正しいテニス』や『やるべきこと』をやりきれたか。練習において、試合で止められた技術の向上を意識して取り組んだか。
そんなことを考えながらテニスをしています。

使用ラケット:
ダンロップのNEOMAX2000に決まりそうです。

使用ストリング:
縦ポリ/横ナイロンであればなんでもよくなっています。
テンションは35P~40Pくらいで落ち着きました。

使用シューズ:
ここは変わらず、アシックス一筋です。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
テニスメモ5
テニス本
「スイングは骨を動かせ!」
 (テニスジャーナル)
を読んでから、体幹を意識するようになりました。
でも正直なところあんまり掴みきれていませんでした。


そんな中、所属しているサークルで
コーチによるレッスンパートがあるんですが
そこで
「股関節を折り込む」
というレッスンを受けました。

具体的には
①股関節 (足の付け根) にボール (左右1個ずつ) を挟んで
 股関節を折り込む感覚を知る
②ボールを挟まないで股関節を折り込み
 ペアの人に後ろから引っ張ってもらい
 それでも後ろに動かない (前かがみ気味な) 状態を作る
というレッスンでした。


その時はいまいち必要性が理解できなかったんですが
その後、サーブ練で股関節を折り込んでみると
実にラクにサーブが打てたんです。
これは不思議でした。

コーチによると
これの効果はリターンで一番わかるとのことでしたが
今日のテニスで試してみたら
とてもいい感じでした。

反応してから体が動くのにロスが少ない感じで
しかもムリなくスムーズに動ける。

ダブルス前衛の時でも試してみましたが
低い姿勢でスムーズに動けるので
結構いいプレーをすることができました。


文章でどこまで伝わるかわかりませんが
気になったらちょっと試してみてはいかがでしょうか。

その価値はあるように思います。

人気blogランキングへ よかったらクリックをお願いします。


スポンサーサイト



テニス・技術面 | 19:40:24 | Trackback(0) | Comments(4)