■プロフィール

丸坊主

Author:丸坊主
40代の男です。
テニスは高校から始めました。
福祉の仕事をしています。

『勝つときは正しいテニスで正しく勝つ。負けるときも正しいテニスで正しく負ける』
→テニスで知り会ったテニスマスターT氏の言葉は、私の生き方にも影響を与えてくれています。

『やることをやって、それで止められたなら運が悪かったということと、一方でひとつひとつの技術のクオリティーが低いから、それを許してしまうのだと思います』
(テニスマガジン2009.8号より)
→杉山愛選手のこの言葉はずっと心に残っています。試合における腹のくくり具合と冷静な自己分析が両立した、素敵な言葉だと思っています。

試合において、『正しいテニス』や『やるべきこと』をやりきれたか。練習において、試合で止められた技術の向上を意識して取り組んだか。
そんなことを考えながらテニスをしています。

使用ラケット:
ラケット迷子を抜け出し、マンティスプロ295(初代モデル)に決まりそうです。

使用ストリング:
ストリングは完全に迷子になっています。
テンションも28P~55Pで、振り幅が大きいです。

使用シューズ:
アシックス一筋です。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
やむを得ず…
今年のカゼ  は長引くみたいですね。
実は私もカゼ気味でして
もうかれこれ2週間以上も…。

仕事を休むほどではないのですが
なんとなく体調がすぐれなかったり
疲れやすかったり
セキや鼻水が続いたり。

みなさんも気をつけてくださいね。



さて、そんな最近のことですが
職場にて
違う部署ではあるのですが
同僚の女の子 (新卒の娘です) から相談を受けてしまいました。


資格試験に向けて勉強をしているけど
モチベーションが上がらない  そうです。

しかも今の仕事に関連すると言えばするのですが
別の分野と言えば別の分野の資格なので
試験を受けようとすることで転職を考えているのではないかと
勘ぐられたり  するのがイヤで
勉強をしていることを同僚に知られたくないそうです。



ふむふむ。



おじさんは一生懸命考えましたよ。



って言うか
恥ずかしながら私は諦めて  しまったんです。

社会福祉士という資格があるのですが
私は受験資格を持っているものの
数年連続で落ち  まして。
仕事も年々忙しくなってきますし
ぶっちゃけモチベーションも下がりきってしまって
ここ数年は受けていないんです。
もちろん勉強もしていません。
教科書は押入れの奥に封印して…。

正直に言って
今この資格を持っていたからといって
お給料が上がる訳ではありませんし
 (上がるのかな?実はよく知らない)
仕事の内容にも変わりはありません。
転職活動  の際には履歴書に書けますし
この業界内であればそれなりに役には立つでしょうけど。

でも試験勉強をしながら働いていた頃と
完全に諦めた今を比べてみると
何か、気持ちの上でのハリみたいなものが
違うように感じます。

一専門職としての覚悟  とでも言うのでしょうか。

試験勉強で学ぶ内容のほとんどは
実際の支援に直接役立つとは思えません。
資格を取ったからといって
すぐに立派な支援者になれる訳ではない。

だからと言って
「資格なんて意味はない」
とは言えないのです。

履歴書に書けるとか、お給料があがるとか
そういった実益ではない
もっと精神的なこと
この仕事を俯瞰的に眺める力というか。
なんと言うか、上手く表現できないのですが
そういう違いは確実にあると思っています。



資格を持っているに越したことはないとか
そういった一般論をこの娘に話したところで
あんまり意味はなさそうですし
 (言われなくてもわかっているでしょうしね)
落ちて諦めた私に言われても
説得力がない  でしょう。

なので、うまく表現できないながらも
上記の話をして
「仕事をしている以上
 勉強できない言い訳はいくらでもできるけど
 それでもなお、不十分であっても勉強して
 資格を取る努力を続けてほしい」
というようなことを伝えました。

もちろん自分が諦めてしまったことも話しましたよ。



どうやらその娘は
資格試験を受けることの意味とか
そういう事で迷ったり悩んだりしていたようです。

今の仕事だって忙しいし
遊ぶ時間だってもちろん欲しいし
そんな中で今の仕事に直接役立つとは思えない資格試験に
なんで頑張らなきゃならんのか。
しかもそういう話を周りにはできない。
一人で考え込んで悶々としていたのでしょう。

よくわかります。 



ホントに拙い私の話でしたが
どうやら勉強を続ける気持ちになれたみたいです。
たぶん私の話の内容というよりも
自分の状況を、利害関係のない人間と話をすることで
整理したかったのかもしれません。

なんにせよ、よかった。よかった 




・・・




んですが。


その娘から

女の子:「丸坊主さんも、またチャレンジしましょうよ!」

なんて言われてしまって。


偉そうにアドバイスなんかしちゃった手前

丸坊主:「えー。面倒くさ~い」

なんて言えるはずもなく。
さらに

女の子:「丸坊主さんも頑張っていると思えば、私も心強いですし!」

な~んて言われて  ついついニヤける哀しい30↑独身オヤジ。



かくして私も
勉強を始めることになってしまったのです。


といっても今年度の試験は締め切りが過ぎているので
私が受けるのは来年度なんですが。



しかしなんですなぁ。
学校を卒業して約10年。
教科書や参考書を見るだけで
拒否反応  が起こります。

でも言い訳の余地を少しでも無くそうと
最新の参考書と過去問題集を購入し
チマチマとページをめくっては
数秒に一回ため息をついています。


なんでこんなことになっちゃったんだろう。

人気blogランキングへ 若い娘に「ノー」と言えないからです。こんなオヤジですが、よかったらクリックをお願いします。


スポンサーサイト
福祉の仕事 | 21:56:37 | Trackback(0) | Comments(4)
ラッキー!
痛かった肘は落ち着いて  きたのですが
やっぱり心配で
肘に優しいラケットを探して
いろいろ試打をしていました。


前記事の通りいろいろ借りたんですが
結局知り合いから借りたラケット
バボラのピュアドライブ ロディック
  (以下ピュアドラR)
が一番しっくりきました。

しっくりきたと言うよりも
ピュアドラRを使っている間は肘が全然痛くなくて。
終わってからも痛くならなくて
もう治ってるのかなぁと思うくらいでした。


で、調子に乗って他のラケットを使うとまた痛く  なって…。


持ち替えたのがノーマルなピュアドラでも痛くなったのが
不思議と言えば不思議なんですが。



ピュアドラRを買う決心をして
  (ピュアドラもロディックも好きではない  のですが…)
借りていたラケットを知り合いにお返しすると


知り合いのS氏:「譲るよ。いくらにしよっか?」


とのお言葉!
しかも2本も!


値段はナイショ  ですが
超格安で  譲っていただいちゃいました。

ありがたい話です 


たまにはテニスエルボーになってみる  もんですな。





ただ、一つ問題がありまして。

今回の試打ラケブームですが
遠方にいらっしゃる偏屈店長に
電話でいろいろ相談したんです。
  (ラケットを借りたのは近くのお店  でしたが)


丸坊主:「試打して決めたら、買いに行きますから」


な~んて調子のいいこと言って。


そうである以上
なんらかのお買い物をしない訳にはいきません。
でも手元にはすでにピュアドラRが2本も…。

さすがに3本もいらないし
かと言って、別のラケットを買うのもおかしな話で。


基本的に苦しい経済状況  は知られているので
冬ボ前に買いに来ることはないだろうと
店長も思っているはずです。

でも冬ボ  が出たら…。


さて、どうしたものか 

人気blogランキングへ よかったらクリックをお願いします。


買ってみた。 | 19:10:47 | Trackback(0) | Comments(3)
試打2:EX O3 レベル ・ RQiSツアーXL MP ・ プロゾーン
引き続き試打ラケットの感想など。


プリンスのEX O3 レベル (105inのほう)

本ブログにも時々登場してくる
偏屈店長に勧められたラケットです。

使ってみるとO3の評判通り、振り抜きが大変よろしい。
スイートスポットも広い印象を受けました。
取り回しも軽快と言って良く
ボレーやスマッシュでもストレスなく使用できました。
 (どちらかといえば縦振り系のショットのほうがいい感じだったかなぁ)

でも縦長のフェイスに愛着が持てなかったのと
ガットの力は感じられても
ラケットの弾き感をあまり感じなかったこと
さらに使っている最中に肘が痛くなったこともあり
選択肢からは外れました。

ラケット自体がもうちょっと重ければ
使う上での安心感みたいなものが増えたのかなぁとも思います。


ヨネックスのRQiSツアーXL MP

コレも偏屈店長のおススメ。

店長の言う通り、ラケット自体が柔らかいというか
シャフトのしなりを感じるというか
そんな印象は受けました。
それでも弾きも悪くはなく
ガッチリ打ち込む人でも、合わせるタイプの人でも
許容してくれる器の大きさみたいなものを感じました。

でもほんのすこ~し打球感が重い印象で…。

たぶんシリアスにプレーしている方から見れば
しっかり感  として評価されるんでしょうが
私にはチト厳しいかなぁ。

すごく惜しいところまで来ているのですが
「このラケットでなきゃ!」
みたいな天啓を得られず…。

一応補欠として
ギリ選択肢に入るかなぁという感じでした。


トーアのプロゾーン

コレは私が所属するチームの監督が使っているラケットです。

監督が言うように、肘には優しい感じがしました。
フレームの中身が詰まっている感じ、とでも言うのでしょうか。
しっかり感があって、アウトを気にせず振り回せるラケットだと思いました。

ただ打球感が重いというか
単純に飛ばないというか…。

RQiSよりもさらに「しっかり感」が強まった感じで
私にはただただ
「難しい…」
という感想しか持てませんでした。

振り抜きやバランス、重さなどに一切不満は無く
というか、むしろ希望通りのスペックだったので
使用前の段階では最有力候補でした。

でもこの「しっかり感」では
私のテニスエルボー対策には向かず…。
候補からは外れるかなぁという感じでした。




・・・




まとめてみてわかったことですが
どうやら私は
フレームに「スカスカ感」のあるラケットが好きなようです。


わかります?


逆に言うと、フレームの詰まった感じ
上記ラケットで言う④とか⑤とか
もしくは「しっかり感」とでもいうのでしょうか。
 (初代のプロビームみたいな、って言ってもわかる人は少ないだろうなぁ)

ああいう本格派はダメみたいです、私。


それよりは厚ラケとかで感じる
フレームの中が空洞でスカスカ  な感じ。
ラケット自体の弾き感とでもいうのでしょうか。
そういうのがしっくりくるみたいです。


だからMGラジカルも合わなかったんだろうなぁ。


かといっていわゆる厚ラケでは軽すぎてダメ。
もしかしてノーマルなピュアドラで感じた不安感は
重さの問題もあったのかもしれません。


そう考えると
それなりにフレームが厚く、重量もあるピュアドラRは
私にとって直球ド真ん中  のラケットなのかもしれません。


ちなみにピュアドラRの重さを測ると
ガット等込みで340g弱。
奇しくも先々代ラケットのメタリックス6 (改造版) と
ほぼ同じでした。

もちろんピュアドラRのほうがしっかり感がありますし
叩いてフカす不安はありません。



現時点で決めるとすれば
最有力はピュアドラR
補欠としてRQiS
もしくはピュアドラ (に重りを貼ってしまおうかと)
という感じです。

でも私にとってはシーズンオフですし
しばらくは試打の期間にして
じっくり考えてもいいかなぁと思っています。



繰り返しにはなるんですが
ピュアドラRって、見た目がほとんどピュアドラと同じなんで
その辺がちょっと…。

どこのコートに行っても必ず「ピュアドラ使い」がいるんで
イヤなんですよね~。
カブるのが。

プロが契約外のラケットを使う時みたく
ラケットを真っ黒に塗っちゃおうかしら。


偏屈  というよりも
もはや自意識過剰  の領域ですな。

人気blogランキングへ よかったらクリックをお願いします。


ラケット関係 | 14:08:59 | Trackback(0) | Comments(3)
試打1:ピュアドラ ロディック・ピュアドラ
どうやらテニスエルボー  になったらしく
ここ最近は肘に優しいラケットを探して
いろいろラケットを試打していました。

せっかくなので試打したラケットの感想など。


①バボラのピュアドライブ ロディック (以下、ピュアドラR)

まず持ってみてズッシリ感  があります。

中級ド真ん中の私程度のプレーヤーに
果たして使いこなせるのか。
コートで使う前の段階で
「たぶんコレは無いな」
という印象でした。

しかし意外や意外。
コートで使うと、この重さがそのまま安心感につながる
不思議なラケットです。


重いからリキんで振り回すことができなくて
ラケットの重量に任せてラクに振ることができます。
ボレーもセットするだけで
相手の球に弾かれない安心感があります。
しかも打球感は意外と柔らかく
イヤな振動は感じませんでした。

フレームが厚いからか、弾きはいいように感じますが
それよりもスピンがかけやすい印象を持ちました。

弾きがいい割にフカしてしまう心配がないので
きちんと球の後ろに入れるときは振り切れるし
厳しい球のときはセットするだけで弾いてくれる。

重いから厳しいラケットだと思っていましたが
重いけどサポートをしてくれるラケットのように感じました。


とは言っても
決して取り回しがいい訳ではないので
たぶんダブルスのボレーボレー合戦とかでは
きつくなるんだと思います。

でも私程度のレベルでは
そうそうボレー合戦になんてならないし
なったところで速い展開の本格的なボレーボレーなんて
ほとんどありません。

だからそういったシビアな面については
よくわからないままです。


②バボラのピュアドライブ

ピュアドラRがよかったから
ノーマルならド真ん中のストライクだろうと
大きな期待を持って使ったのですが
何かが違う 

確かにピュアドラRより取り回しはラクですし
振りぬきもいいと思うのですが
ピュアドラRのような安心感がない。

意外と打球感は硬めに感じましたし
飛びをコントロールしにくい印象を受けました。
ピュアドラRよりは振動を感じましたし
面の安定性も劣る印象です。
 (ガットとテンションの問題かなぁ)

しかも途中から肘が痛くなり
私の評価は下がる  ばかり。

結局、新契約 (ウソです。100%自腹  です)
の候補からは外させていただきました。


不思議と言えば不思議なんですが
この2タイプはどうやら
重さだけが違うという単純なものではないみたいです。



・・・



今のところピュアドラRはかなり好印象  ですが
ピュアドラって何人か集まったら
必ず一人は使っているって言ってもいいくらいに
人気の高いラケットじゃないですか。
それが偏屈な私  の
これまた偏屈な価値観  に反するんですよねぇ。

しかもロディックって…。
前の錦織戦もあって、私の中で印象悪いし。


私の中ではオフシーズンですし
まだいろいろ借りる予定なんで
もう少し考えてみようかと思います。

あんまり借りすぎても
何がなんだかわからなくなって  しまいそうですが。

人気blogランキングへ よかったらクリックをお願いします。

ラケット関係 | 22:17:02 | Trackback(0) | Comments(3)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。