■プロフィール

Author:丸坊主
40代の男です。
テニスは高校から始めました。
福祉の仕事をしています。

『勝つときは正しいテニスで正しく勝つ。負けるときも正しいテニスで正しく負ける』
→テニスで知り会ったテニスマスターT氏の言葉は、私の生き方にも影響を与えてくれています。

『やることをやって、それで止められたなら運が悪かったということと、一方でひとつひとつの技術のクオリティーが低いから、それを許してしまうのだと思います』
(テニスマガジン2009.8号より)
→杉山愛選手のこの言葉はずっと心に残っています。試合における腹のくくり具合と冷静な自己分析が両立した、素敵な言葉だと思っています。

試合において、『正しいテニス』や『やるべきこと』をやりきれたか。練習において、試合で止められた技術の向上を意識して取り組んだか。
そんなことを考えながらテニスをしています。

使用ラケット:
ラケット迷子を抜け出し、マンティスプロ295(初代モデル)に決まりそうです。

使用ストリング:
ストリングは完全に迷子になっています。
テンションも28P~55Pで、振り幅が大きいです。

使用シューズ:
アシックス一筋です。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
テニスメモ
今日は暖かかった  ですね。

サークルの活動日だったんですが
 (明日もあります  )
眩しいのを除けば絶好のテニス日和で
目一杯、楽しんできました。


やっぱ年末はこうでなくちゃね 


今日はダブルスを延々と回したんですが
よ~く  見てみると
我々レベルの中級プレーヤーのダブルスは
サーブ・リターン・ファーストボレー
で多くのポイントが決まってしまいます。

能動的にポイントを取って終わるなら
まだいいんですが
ほとんどはつまらないミス  で
プレーが切れてしまう。

攻めるべきではない球やポジションで
無理やり攻めてミスをする。
そんな場面が何度もありました。

しかもミスの多くがネット


となると
その逆をすればいいのかなぁと思いまして。


サーブ (特にファースト!)
リターン
ファーストボレー
をネットしないこと!



私はド真ん中の中級なので
サイドやオーバーのアウトは
仕方がないと割り切ることにしました。

だって
「ネットもオーバーも、ついでにサイドアウトもしない」
なんてできないし。

そんなのできたら、もう上級者だよ 


でもそれを意識するだけで
今日は割といいプレーができました。



「ファーストサーブをネットするな!」
とはよく言われてたんです。
辛口テニスマスターM氏から。

あと
「基本的にネットのミスはダメですよ」
とも言われてたんです。
単発でレッスンを受けているコーチから。


だから特別新しい内容ではないのですが
自分も含めて、みんなのプレーを見ていたら
実感を持って理解することができました。


今年最後のテニスメモ  として
残しておくことにします。

人気blogランキングへ よかったらクリックをお願いします。

スポンサーサイト
テニス・戦術面 | 19:53:46 | Trackback(0) | Comments(3)
長いお休み
実は私
年末年始にまとまったお休みをいただくのは
7~8年ぶりなんです。

職歴のほとんどを
利用者の方が生活をしている
入所系の施設で過ごしてきたもので。

気楽な独り身  ということもあり
年越しはだいたい職場で当直。
と言っても大掃除をすませれば仕事らしい仕事も無く
利用者の方々と紅白を見たり
年越しそばを食べたりして
気楽に  過ごしていた訳です。

なので困るんですよねぇ。
こんなに連続で休みをもらっても。


やることなくて 



それはさておき
私にとっての 激動の一年 が終わりそうです。

これまで記事でもたくさん愚痴りましたが
12月も結構大変でした。

新しい人事考課制度を導入したということで
ヒラだけど (手当てはないけど) 一応リーダーな私も
数名の同僚と面接をし
その結果を持ち寄って、全体での調整会議をしました。

考課用資料の書き方を教えたり
一対一で面接して仕事の話をするのは
準備とか報告書とかの大変さを差し引いても
 (差し引けないくらい大変だったけど  )
なかなか得がたい経験で、勉強になりました。

でも、その後に面接官が集まって行う
全体での調整会議が本当にイヤで。

簡単に言うと
職員一人ひとりの評価を決定する会議なんですが
当然、いい話ばかりが出る訳じゃない。
「その職員の成長のため」
という趣旨は理解できるんですが…。

丸坊主:「結局ダメ出し会議じゃん  」

という印象が拭えず。


っていうか、私

ヒラなんですけど    



来年こそは
利用者支援に集中したい…。


まぁ、この厳しいご時世で
少ないながらも安定した収入と身分があるだけで
ありがたい  と思わなければいけないのかもしれません。

人気blogランキングへ よかったらクリックをお願いします。


福祉の仕事 | 11:57:46 | Trackback(0) | Comments(2)
ピュアドラ使い
とうとう私も
日本中にはびこる

ピュアドラ使い 

の仲間入りをしてしまいました。


イメージ的なことで文句を付けたいことは
山ほどあるのですが
今のところこのピュアドラ
 (ロディックモデルですが)
使い心地は

 最高 

です。


現状で私の元には2本ありまして
 (実は近々3本になります・・・ えへっ  )
1本は固め (と言っても50Pそこそこ) のバボラのファイバープレミアム
もう1本は柔らかめ (正確にはわからないけど45Pくらい) の
ウィルソンのチャンピオンズチョイスを張っています。
 (しかも縦がナチュラル  )

練習では固めの方を使って
試合では柔らかめを使っています。


前にも書きましたが
スピン性能に優れているラケットという印象でして
柔らかく張っても振り切っている限り
吹っ飛ばす心配が少ない。
なのに厳しい球をもらった時は
合わせるだけで返してくれる反発力がある。
オフセンターで捉えたショットでも
あまり振動を感じないし
元々スイートスポットが広いような感じがします。


客観的に見れば中級ド真ん中の私でして
それはラケットを変えた所で
なんら変化のない  ことではありますが
主観で言うとまさしく

魔法の杖

といった感じです。

打ち込んでもOK
合わせてもOK
加えて肘にも優しい。

とてもいい出会い  をしました。


確かにこのラケット
売れる訳だよなぁ・・・。


たまたま今日の練習で
サークル仲間から
ピュアストームツアー
を貸してもらい、その印象が強まりました。

確かにピュアストームツアーのほうが
振りぬきはいいですし、コントロールもいい。
真ん中付近で捉え
かつきっちり振り抜いている限りにおいては
こちらに分があると言わざるを得ません。

でも私程度の中級プレーヤーが
そういうプレーをする割合を考え  ると
まぁ、ぶっちぎりでピュアドラRが適当だろうなぁと
思う訳でして。


なにはともあれ
自分に合っていると思われるラケットに出会えて
ラッキーでした。

これもひとつの縁、ですよねぇ。

人気blogランキングへ よかったらクリックをお願いします。


ラケット関係 | 19:01:32 | Trackback(0) | Comments(3)
野狐禅
約1ヶ月ぶりの更新になりますが
お気楽なテニス記事など
書いている場合ではありません。


私にとって、これは事件  です。


久しぶりに野狐禅のニューアルバムが発売になりました。
その名も

野狐禅


おそらくほとんどの方がご存知ないとは思いますが
野狐禅はギター・ボーカルとピアノの2人編成で
かなり汗臭い  弾き語り(?)を聞かせてくれる歌い手です。

ジャンルで言うとポップやロックではなく
今に生きるフォークです。

流行の音楽に慣れきっている方には
「なんじゃ、これ?」
と思われるかもしれません。

間違いなくスタイリッシュという言葉とは無縁です。
でも私は大好きです。


私の思い入れを書き出すとキリがないのでやめますが
このアルバム「野狐禅」は
1曲目の「地獄」から私の心をわしづかみ  にしています。
 (もちろん他の曲も、他のアルバムも大好きです)



『過去を消せる消しゴムをくれよ
 ついでに今を消せる消しゴムをくれよ
 天国なんてものからは程遠く
 暮らしというよりはむしろ地獄

 笑っちまうのはそれでも明日を信じていることさ』
                          
                             (「地獄」より)



歌詞だけでは、しかもその一部分では
到底この魅力  を伝えることはできませんが
少なくとも今の私には
この言葉や歌がスーっと入ってくるのです。



決して万人受けする作品ではありませんが
興味を持たれた方は
一度聴かれてみてはいかがでしょうか。

人気blogランキングへ よかったらクリックをお願いします。


本とか音楽とか | 23:49:44 | Trackback(0) | Comments(0)

FC2Ad