■プロフィール

Author:丸坊主
40代の男です。
テニスは高校から始めました。
福祉の仕事をしています。

『勝つときは正しいテニスで正しく勝つ。負けるときも正しいテニスで正しく負ける』
→テニスで知り会ったテニスマスターT氏の言葉は、私の生き方にも影響を与えてくれています。

『やることをやって、それで止められたなら運が悪かったということと、一方でひとつひとつの技術のクオリティーが低いから、それを許してしまうのだと思います』
(テニスマガジン2009.8号より)
→杉山愛選手のこの言葉はずっと心に残っています。試合における腹のくくり具合と冷静な自己分析が両立した、素敵な言葉だと思っています。

試合において、『正しいテニス』や『やるべきこと』をやりきれたか。練習において、試合で止められた技術の向上を意識して取り組んだか。
そんなことを考えながらテニスをしています。

使用ラケット:
ラケット迷子を抜け出し、マンティスプロ295(初代モデル)に決まりそうです。

使用ストリング:
ストリングは完全に迷子になっています。
テンションも28P~55Pで、振り幅が大きいです。

使用シューズ:
アシックス一筋です。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
運動連鎖
この暴風  の中
テニスをやってしまいました。
さすがに参加人数が少なめだったので
ダブルスの試合形式がたくさん  できましたよ。

もうかれこれ3週間ぶりのテニスでしたが
得意のリターンから調子を作って
全体的にまあまあのプレーができました。
 (「3週間ぶりとは思えない」ってテニスマスターT氏に言われちった  )

やっぱりテニスって楽しいですね。



さて、もう何度も記事にしていますが
昨シーズンの冬あたりから
グリップを厚めに変えて
いろいろ打ち方を試して
ストロークの強化に励んできた訳です。

で、ようやく他人から見て

「ストローク (注:フォアのみ) 変わった!」

と言われるくらいの成果が現れました。



実はそのきっかけになったホームページがあります。

SHOPまるさんのホームページです。

これは赤バボさまのブログ記事で教えていただいたものです。
 (こちらも楽しいテニスブログです)
赤バボさま、ホントにありがとうございました 


ここに記載されていた体を回転させる打ち方
運動連鎖
についての説明が大きなヒントになったんです。


実際にそちらを見ていただくのが一番なのですが
要するに

①オープンスタンスでテイクバックし
②左足を反時計回りに動かし
③腰が引かれて周り
④上体が回り
⑤ラケットが出る

ということだそうです。


それを見てからいろいろ試してみて
②の部分を
「左足のかかとを内側に回す」
と書き換えると自分にはやりやすかったです。



前にも書きましたが
私、古い人間  なもので
ついついクローズスタンス
もしくはスクエアスタンスで
球に入っていたんです。

それなのに上体は
回転運動の打ち方を取り入れていて
スイング全体として
なんかしっくりこない  感じがしてたんです。

今になってみれば
下半身が球を押す打ち方で
上半身が体を回転させる打ち方で
しっくりくるはずがないとわかるんですが。


正直に言うと
この運動連鎖の導入に際しては
しばらくの間うまくいかず
元に戻しちゃおうかな~とか考えたこともあったんですが
現テニスチームのボスである
超ハードヒッターS氏から
適切なアドバイスをいただくことができ
なんとか続けることができました。

元々私はテイクバックが小さいので
テイクバック時
上記でいう①の時点で
「 ・ んっ!  」
のタメを作らないと早過ぎになってしまうんです。


そんなこんなでまだまだスイングは定まらず
球への入り方とか
タイミングの取り方とか
いろいろ課題はあるんですが
4月の団体戦を
楽しみに迎えられるのがうれしいところです。

人気blogランキングへ やっぱり休日はテニスですよね。よかったらクリックをお願いします。


スポンサーサイト
テニス・技術面 | 19:54:52 | Trackback(0) | Comments(2)
まずは一段落
イヤでイヤで  しょうがない
人事考課の時期を
ようやく切り抜けることができそうです。


同僚との面談を終え
評価者会議で評価を確定したので
あとは
評価のフィードバックだけとなりました。

要するに決まった評価を
同僚に伝える作業です。

当たり前ですが
いい評価を得た人ばかりではないので
コレも気が重いといえば気が重い  のですが。



でもまぁ
一連の人事考課関係の仕事を潜り抜けて
骨身にしみて理解できたことがあります。


仕事の評価は感情をこめず

あくまでも機械的に!


改めて言うことでもないのですが
仕事の評価は仕事の上だけのものであって
その人の人格とは無縁なんですね。
学業の成績みたいなものですな。

柄にもなく評価者なんて立場に置かれて
頭に血がのぼってしまうと
ついつい忘れてしまうんですよね。

思い入れのある同僚には
特に感情で評価してしまいがちで。



そんな人事考課でしたが
ある種の面白さがあったのも
一方の事実でして。


普段黙っていることが多いのに
面談では驚くくらい饒舌な人がいたり
普段ヘラヘラしているように見える人が
仕事について深く考えていたり
同僚のよい点ばかりを取り上げる人や
逆に悪い点ばかりを取り上げる人がいて


・・・


自分にとっては自明なことでも
別の誰かにとっては必ずしもそうではない。
彼らの姿も
私から「意外で面白い」と見えただけで
彼らにしてみれば
私の方が不合理に見えたりするのでしょうね。


本来はその隙間を埋めるべく
言葉を尽くさなければならない立場にあるのでしょうが
私の力は不十分だったようです。


こういう後悔はいつものことですけどね。



それでもやっぱり
イヤなことや慣れないことは
体が受け付けないようで
体調を崩したものの仕事を休めるはずもなく
せっかくの土日も
寝たきりで過ごす日々でした。



一つ年をとって
いきなりコレだもんなぁ。

果たしてどんな一年になることやら。

人気blogランキングへ 明日はテニスできればいいなぁ。よかったらクリックをお願いします。


福祉の仕事 | 15:12:37 | Trackback(0) | Comments(2)
おめでとう、自分!
という訳で
誕生日だったんです。今日。
 (ホントは2月29日なんだけど)

もちろんパーティーの予定なんか
入っているはずもなく
いつもの通りに某テニスチームに行って
男だらけのテニス祭りを
やってきた訳です。


むなしくない 
むなしくなんかないぞ 



さて、そんな誕生日テニスでしたが
ちょっといいことがありました。

もうかれこれ1年以上も
「ストローク強化計画」
なんて言い続けていましたが
今日になって初めて

フォア、全然変わりましたね

って言われたんです。
ありがとう、Yさん!
 (成果出んの遅すぎじゃねぇ?なんてご意見は受け付けません  )


今日は参加人数が少なかったんで
シングルスもできたんです。
運良く、チームのボス的な存在である
超ハードヒッターS氏
と対戦させてもらえまして
このS氏と
それなりに打ち合うことができたんです。

まぁ、結果的には
粉々に打ち砕かれたん  ですが。



今まで何度も記事にしてきましたが
フォアハンドはいろいろ試してきたんです。

簡単に言ってしまうと
それまでの
「体重移動で持っていく打ち方」
から
「回転運動でひっぱたく打ち方」
に変えたかったんです。

で、結論から言いますと
回転運動にするなら
オープンスタンスが打ちやすいんだなぁ
という
当たり前といえば当たり前なことを
徹底できるようになったんです。


私、古い人間  なもので
どうしてもクローズ
せいぜいがスクエアスタンスで
打点に入ってしまってたんですよ。


まだまだ試合に使えるほど
フォームが固まってないのですが
他者の目から見てもわかるくらいの
変化があったというのは
うれしいことです。


そういえば
サーブも少しずつフォームが定まってきたし
 (気を抜くとすぐ崩れるけど)
フットワークもまあまあ安定してきたし
右ひじの痛みもだいぶ引いてきたし。

春の団体戦に向けて
今のところは順調に進んでいる気がします。


仕事のほうも順調にいくといいんだけどなぁ…。

人気blogランキングへ よかったらクリックをお願いします。


テニス・技術面 | 22:27:21 | Trackback(0) | Comments(4)

FC2Ad