FC2ブログ
 
■プロフィール

丸坊主

Author:丸坊主
40代の男です。
テニスは高校から始めました。
福祉の仕事をしています。

『勝つときは正しいテニスで正しく勝つ。負けるときも正しいテニスで正しく負ける』
→テニスで知り会ったテニスマスターT氏の言葉は、私の生き方にも影響を与えてくれています。

『やることをやって、それで止められたなら運が悪かったということと、一方でひとつひとつの技術のクオリティーが低いから、それを許してしまうのだと思います』
(テニスマガジン2009.8号より)
→杉山愛選手のこの言葉はずっと心に残っています。試合における腹のくくり具合と冷静な自己分析が両立した、素敵な言葉だと思っています。

試合において、『正しいテニス』や『やるべきこと』をやりきれたか。練習において、試合で止められた技術の向上を意識して取り組んだか。
そんなことを考えながらテニスをしています。

使用ラケット:
ダンロップのNEOMAX2000に決まりそうです。

使用ストリング:
縦ポリ/横ナイロンであればなんでもよくなっています。
テンションは35P~40Pくらいで落ち着きました。

使用シューズ:
ここは変わらず、アシックス一筋です。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
結果には満足だけど
今日は区民大会  の9月ラウンドでした。


3回戦は6-1で  勝利 

スコアほど実力に差はなく
なのに終盤には勝ちビビリに襲われ
最後までヒヤヒヤ  の試合でした。

それでもなんとか攻撃の姿勢を維持して
勝ちきったのは収穫  でした。



で、4回戦はシードと対戦でしたが

3-6で負け  ました。



確かにシードは強かった。

ビシバシ決められるのではなく
堅実に組み立ててポイントを取られました。
何かもの凄い武器がある訳ではないのですが
懐の深さとプレーの硬さが段違い  でした。


でも
結果には仕方がないと思う一方で
泣きそうなくらい悔いが残るのも事実でして。



別に
勝てた試合だった
とかいうつもりはありません。

自分のプレーができなかった訳でもありません。
むしろ調子はいい方だった。


ちょっとのチャンスがあれば攻撃
というプランは
ある程度までは機能していたのです。

でももうちょっとやり方があった
という思いがありまして。


試合中に
つなぐプレーをちょっと増やしてもいいかな~
と思ったのですが
最初のプランがそれなりに機能していたし
そもそも格上相手の試合だから
迷わずに突き抜ける  べき
と判断してしまったのです。

もちろん完全な間違いではないのでしょうが
相手のペースのラリーだったり
どちらが有利でもない
言わばニュートラルなラリーにおいても
攻撃の隙をうかがうだけで
つなぎに徹したり相手を崩す組み立てに
切り替えることができなかった。


ちょっとのチャンスがあれば攻撃
という基本プランは間違ってなかったけど
今のラリーがどういう状況にあるか
それを判断して対処していく姿勢に欠けていました。

その頭の固さが
悔やまれて  ならないのです。



ただでさえ格上相手の試合なので
攻め一辺倒でどうにかできるはずがない。

攻める姿勢も見せつつ
状況に合わせて繋いだり崩す組み立てを入れることで
相手を惑わすことができたかもしれない。

そういう段階に持っていかないと
格上に勝つチャンスはない。



勝ち負けの結果は仕方ないし
シード相手に最後まで食らい付いていったことに関しては
それなりに満足しています。


ただ今の自分の実力でも
その先
を見ることができたはずだった。

そういう悔いの残る試合でした。


もう終わってしまったので
この先の団体戦や勤務地で出る区民大会で
悔しさをぶつけるしかありません。


だけどなぁ・・・。
あの場面でもうちょっとなぁ・・・。

人気blogランキングへ 悔いは消えませんが、よかったらクリックをお願いします。


スポンサーサイト



試合など | 17:44:42 | Trackback(0) | Comments(3)