■プロフィール

Author:丸坊主
40代の男です。
テニスは高校から始めました。
福祉の仕事をしています。

『勝つときは正しいテニスで正しく勝つ。負けるときも正しいテニスで正しく負ける』
→テニスで知り会ったテニスマスターT氏の言葉は、私の生き方にも影響を与えてくれています。

『やることをやって、それで止められたなら運が悪かったということと、一方でひとつひとつの技術のクオリティーが低いから、それを許してしまうのだと思います』
(テニスマガジン2009.8号より)
→杉山愛選手のこの言葉はずっと心に残っています。試合における腹のくくり具合と冷静な自己分析が両立した、素敵な言葉だと思っています。

試合において、『正しいテニス』や『やるべきこと』をやりきれたか。練習において、試合で止められた技術の向上を意識して取り組んだか。
そんなことを考えながらテニスをしています。

使用ラケット:
ラケット迷子を抜け出し、マンティスプロ295(初代モデル)に決まりそうです。

使用ストリング:
ストリングは完全に迷子になっています。
テンションも28P~55Pで、振り幅が大きいです。

使用シューズ:
アシックス一筋です。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
コーティング ゼロ
MPにはナチュラルを張っていますが
MIDは基本的に練習用なので
多少の雨でも気にならないように
ナイロンがよろしかろうと考えました。


いろいろ迷ったんですが
よく見るブログのVarious Impressions に紹介されていた

ウィニングショットのコーティングゼロ

の細い方(1.22)にしてみました。


コーティングされていないストリング
ということでしたが
ちょっとザラザラしているくらいで
特別変な所はありませんでしたよ。


詳しいインプレはVarious Impressionsを見ていただいたほうがいいと思いますが
私個人としては
振り切ったときの食い付き加減が絶妙にちょっとで
サーブ・ストローク等のスイング系は心地よく  感じました。

その時の飛びは悪くないように感じたのですが
ボレーやブロックリターンだと
あまり弾いてくれない  印象を持ちました。

ポリっぽさともまた違うんですが
その時の板っぽい感じが少し不思議でした。
 (真ん中で捉えてないだけ  かも)


といっても、この感想はあちらとほとんど重なってますけどね。

『スイングスピードが速いとホールド感があり、遅いと硬さを感じる』

というようなことが書いてありました。



そもそもラケットを見ても
MIDよりMPのほうが飛びがいいのに
ストリングまでMIDにナイロンでMPにナチュラルな訳ですから
その組み合わせ自体がどうなのかと
思うところもあるのですが。



張ったラケットが違うのでなんとも言えないのですが
柔らかさと芯での弾き具合は
AKプロ17の方が勝っていると思います。

スイングスピードの速い遅いで印象が変わることも
なかったような記憶があります。


だからといって
AKプロ17のほうが好きという訳でもないのが
ストリング選びの難しいところです。
 (16は好きですが)



元々テンションを低めで張っているので
ストリング自体の柔らかさはそれほど求めてないし
飛びもいくぶん控えめな方が都合がいい。

コーティングしてないということで
耐久性は低そうなことが書いてありましたが
そもそも切れないのにパターンの細かいラケットにしているから
さらに切れにくい。

そんな私みたいなプレーヤーにはいいかもしれません。


人気blogランキングへ って、購買意欲を下げかねないインプレになってますが、よかったらクリックをお願いします。

続きを読む >>
スポンサーサイト
ストリング関係 | 18:28:29 | Trackback(0) | Comments(7)
マイクロジェル プレステージMID
買ってしまった  訳です。


マイクロジェル プレステージMID
 フェース:93平方インチ
 平均重量:330g
 フレーム厚:19㎜
 バランス:310㎜
 パターン:18×20


持ってみるとまず
フレームの薄さを感じます。

MPと比べても2㎜ほど薄く
 (MPは21㎜)
触ってすぐ
『うっす  』
と思いました。

持った感じはMPと変わらないのですが
 (コミコミの実重量もMPとだいたい同じで346gでした)
 (ちなみにカタログ上はMPが320g)
素振りの段階から
MP以上の全自動感があります。

重いけど取り回しは軽快です。

MPと重ねてみても下の部分がやや狭いだけで
フェースの小ささはほとんど感じません。

それなのに振り抜きはこんなに違うんですね。



とりあえずスクールで使ってみまして
結論から言いますと
シビアだけどストロークとサーブは最高で
ボレーはひどく難しいラケット

でした。


振り抜きの全自動感は
実際のストロークでもビシビシ感じます。

しかも球を捉えてからのフレームのしなり具合
もしくはしならなさ具合
が絶妙  で
思ったところに球が行ってくれます。
MPは掴む感じで
しなりはあまり感じなかったです。
フレーム厚の関係ですかね?

厚い当りで振りきりさえすれば
多少のオフセンターはコートに収めてくれます。
その時の振動も予想以上にマイルドでした。

芯で撃ち抜いたら
弾んでから滑るというか
伸びるというか
今までに見たことのない素敵な弾道を描いてくれます。

抜き気味な当りでスピンをかけても
そこそこかかってくれます。
弾んでからの勢いは目に見えて弱くなるので
この辺りはMPのほうがラクでした。

今のところ
ぶ厚く振り抜くフラットドライブ(攻撃)と
抜き気味にかけるループボール(守備)は
まあまあ使い分けられています。

勢いとスピンを両立させたいわゆるエッグボールは
難しいのかな~と感じましたが
そもそも別のラケットでも打てた試しはないので
ラケットの性能云々ではなく
単純に私の技量の問題  でした。

コンパクトなスイングでも
フレームのしならなさ具合で持っていくことができるので
リターンでも全然イケます。
ブロック気味ならMPのほうがいいんですが
ちょっとでも振れるなら断然MIDです。


サーブの振り抜き感も異次元  で
スライスとフラットドライブ(スピンではない  )
を持ち球にしている私にとっては
最高のアシストをしてくれます。

サーブでも
多少のオフセンターは捩じ込んでくれますし
かつコントロールは保たれる
安心感があります。

純粋なスピンは難しいように感じましたが
これも私個人の技量の問題でしょう。


初めてMPを手にした時
その振り抜きの全自動感にびっくりしたのですが
MIDはそれさえも越えた
異次元の振り抜きを体感させてくれます。


一方、ひどく難しく感じたボレーですが
重さの割に取り回しはラクでして
その点はMPと変わらないように感じました。

ただ、球に力を乗せるのというか
自分から力を生み出すのが難しい。

コーチに聞くと
①ぐーっと引き付けてフラット気味に弾く

②やや極端に上から下に面を入れる

どちらかを意識すれば改善されるでしょう
とのことでした。

といってもスポットは本当にシビアなので
ストロークとは違ってちょっとのオフセンターも許してくれません。

深く送るつもりのボレーがいい感じのドロップになったり
ネットにすら届かない
なんてことになります。

きちんと捉えることさえできれば
思い通りのコースに運べるのですが…。



現時点では練習用
もしくは
シングルス専用
のラケットになると思います。

というか
使いこなす自信はないのですが
ストロークとサーブで得られる
異次元の振り抜き感は
麻薬のような魅力で私を誘うのです。

この誘いを撥ね付けられるほど
プレーの質を最優先する意思があるのか。


というか
そもそもMPですら
私の技量では扱いきれないラケットなのですが。

人気blogランキングへ ちょっと勘違いが入っている丸坊主ですが、よかったらクリックをお願いします。


ラケット関係 | 22:09:42 | Trackback(0) | Comments(7)
MID!!!
またまた  やってしまいました。



幸運にもテニス仲間の太っ腹Y氏から
マイクロジェルプレステージMP
をいただいて  しまいました。

となると
やっぱり試合シーズンに前に
2本そろえておきたい。


新作も出ているので
マイクロジェル版は割と安く買えるわけです。
 (といっても高い  けど)



そんな折
フラっと覗いたショップに
同じプレステのMIDが格安で売ってまして。

『いやいや、MIDじゃ  ちょっとねぇ~』

と思って家に帰ったのですが
どうにも頭にこびりついて離れない。





シングルスとダブルスで使い分けちゃう

とか 

単純にMIDを練習用にしちゃう

とか 


気持ちはMIDを買う方向に
どんどん流れていきます。





数日後。


すべて決められていたかのように
ショップから出る私。

大きな満足  とちょっとの後悔  を
混ぜた顔をして
手にしているのは言うまでもなく
プレステージMID。


あぁ…

夏ボまで
あと何日(何ヵ月)あるんだろうか?

人気blogランキングへ っていうだけの話なんですが、よかったらクリックをお願いします。

買ってみた。 | 21:08:35 | Trackback(0) | Comments(4)
プレースタイル?
ダブルスに関してもう少々。


レギュラーで通っているクラスのコーチは
陣形を崩さないこと
 空きスペースを作らないこと
を優先したアドバイスをします。

強引な攻撃というのは
あまり好まないようです。


一方で
振り替えでよく行く別のコーチは
ネットより高い球を攻撃すること
 少ない球数でポイントを取ること
を優先したアドバイスをします。

陣形の保持にこだわったり
つなぎの球を続けるのは
あまり好まないようです。


で、両方のレッスンを受けている生徒たちは
スクールの外で議論するのです。


いったいどっちが正しいのだろうか?


といっても
周りの数人なんですけど。



①は確かに堅い。
間違いなく私はこのタイプです。

だからわかるんですが
つなぎのショットの質を向上させ続けないと
あるレベルから通用しなくなります。

でもレベルが上がれば
それに比例して厳しい球が来る訳です。
その中でショットの質を向上させるのは
かなり難しい。

長丁場での競り合いになると
相手がいいプレーをするか or 相手が自爆するか
という話になってしまいがちです。

自分の力で状況を打開するのは
難しいように思えます。



かといって②がいいのかというと
そうでもない。

社会人男性プレーヤーに多いように思えるのですが
『まず、つなぐ』
という意識が低くなる。
ありていに言うと
『荒いプレー』
が増えてしまう。

みなさんのスクールにはいらっしゃらないでしょうか?
派手なプレーで上手いんだけど
試合では負ける方。

仲間内のテニスだとダントツなのに
外の試合だと…な方。

私の周りには意外と多いです。



我々の間では
まず①を身に付けて
だんだんと②に移行していくのが望ましいのではないか
というのが一応の結論になっています。

確かに②にしても
①が重視する陣形に則った上で
チャンスが来たらそれを度外視する
ということなので
まぁ自然な話に思えます。


でもホントにそうなのでしょうか?


たまたま私は
元々の素質が①なので
より上を目指すために②に挑戦する
というのがスムーズに理解できます。

でも、元の素質が②にある方
攻撃的なプレーに光るものを持つ方が
②を磨く前に①の習得をしなければならないとしたら
それはその方にとって
すごく難しい課題になるのではないでしょうか?

それって、楽しいのでしょうか?



何故こだわるかといいますと
スクールを通じて知り合ったテニス仲間に
②で光るプレーをする方がいるんです。
 (①については、まぁ…)
その方はまず①を身に付けようと
努力しているのですが
自分の得意なプレーにブレーキをかけてしまい
迷いが生じているように見えます。

この迷いは
上を目指すためには避けられないものなのでしょうか?
この方の持つ特性に合った
レベルアップの道筋はないものだろうか?


真剣にテニスに取り組んでいて
試合に勝ちたいと頑張っている仲間なので
何かいい方法はないものかと
考えてしまうのです。

人気blogランキングへ 抽象的でつまらなかったかもしれませんが、よかったらクリックをお願いします。

テニス・戦術面 | 22:09:21 | Trackback(0) | Comments(5)
位置取り
今回はダブルスの陣形についてちょっと。


スマッシュ3月号の
鈴木貴男直伝ダブルス講座に

『サービスゲームでの前衛は少し後ろ目の位置に立ち
 サーブのボールと同じように前に出ていき
 リターンにプレッシャーをかける』

と書いてあったのでその通りにしてみたら
なかなかいい感じ  で攻撃的なプレーができました。


ぜひ皆さんもお試しあれ。







それはそれとして
苦手なシチュエーションがあるんです。

サービスゲームでの前衛の時に多いんですが
サーバーが前に詰めて  きて
ボレーする度に詰めて  きて
前衛の私を追い越しそう  に
あるいは追い越してしまう  ことがあります。

そんな時私はロブをケアしたくなって
前衛なのに下がってしまいます。

いわゆる『逆ポジション』になる訳ですな。


で、たいがい
『下がっちゃダメ  』
と言われます。

この時点で攻撃の体勢になってるから
攻めに集中するべきで
いいロブが来たら諦めるくらいの気持ちでいなさいと。


言ってることは理解できるんですが
この陣形で私も詰めちゃったら
それほどいいロブでなくても
抜かれちゃわないかい?

まぁ、頑張ってスマッシュ
もしくはカットしなさいと
そういうことなのかもしれませんが。



ちなみにダブルス講座によりますと
『ファーストボレーしたらさらに詰める』
とあり
鈴木選手も
『ファーストボレー後のステップで2人が平行に並ぶのは普通。
 場合によっては自分が前に出ることもある』
とコメントしてます。


私にとって問題なのは
その時の前衛がどう動けばいいのか
ということです。


ド詰めのポーチ狙いでいいのか?
そしたらサーバーが前衛を追い越した時点で
2人ともベタ詰めになってしまうではないか。

それは攻撃的というよりもむしろ
無謀な陣形ではないだろうか?



ちなみに私がサーバーの時は
ファーストボレーの後も前衛と並ばないように
陣形を崩さないことを第一に考えます。

前衛を追い越してしまうなんてことは
まずありえません。

逆にボレーしてもその場に留まってしまうことが多くて
それはそれで問題  なんですが。







相手目線で考えてみると
自分がリターンの時
サーバーが前に出てきて
出てくる度に詰めてきたら
確かにプレッシャー  です。

そういう時に
苦し紛れのロブをあげると
たいてい失敗  します。


でも相手のボレーが甘かったらどうだろう?


ロブだって気持ちに余裕を持って上げられるし
ぶつけるつもりで打ち込むにしても
目の前に格好の標的  が二つもある。

沈めるとか抜くのはさすがに厳しいけど。



相手サーバーが私のように
前に出ても下がり目 (サービスラインやや前くらい) だったら
狙うのは足元かアングルになるでしょう。
陣形的にロブは選択しにくい。

けれどプレッシャーは感じないかもしれない。



そう考えてみると
答えはほぼ出ているようなものですが
頭で理解しても
ついつい体が動いてしまうんですよね~。

人気blogランキングへ よかったらクリックをお願いします。


テニス・戦術面 | 21:11:06 | Trackback(0) | Comments(5)

FC2Ad