FC2ブログ
 
■プロフィール

丸坊主

Author:丸坊主
40代の男です。
テニスは高校から始めました。
福祉の仕事をしています。

『勝つときは正しいテニスで正しく勝つ。負けるときも正しいテニスで正しく負ける』
→テニスで知り会ったテニスマスターT氏の言葉は、私の生き方にも影響を与えてくれています。

『やることをやって、それで止められたなら運が悪かったということと、一方でひとつひとつの技術のクオリティーが低いから、それを許してしまうのだと思います』
(テニスマガジン2009.8号より)
→杉山愛選手のこの言葉はずっと心に残っています。試合における腹のくくり具合と冷静な自己分析が両立した、素敵な言葉だと思っています。

試合において、『正しいテニス』や『やるべきこと』をやりきれたか。練習において、試合で止められた技術の向上を意識して取り組んだか。
そんなことを考えながらテニスをしています。

使用ラケット:
ダンロップのNEOMAX2000に決まりそうです。

使用ストリング:
縦ポリ/横ナイロンであればなんでもよくなっています。
テンションは35P~40Pくらいで落ち着きました。

使用シューズ:
ここは変わらず、アシックス一筋です。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
プレースタイル?
ダブルスに関してもう少々。


レギュラーで通っているクラスのコーチは
陣形を崩さないこと
 空きスペースを作らないこと
を優先したアドバイスをします。

強引な攻撃というのは
あまり好まないようです。


一方で
振り替えでよく行く別のコーチは
ネットより高い球を攻撃すること
 少ない球数でポイントを取ること
を優先したアドバイスをします。

陣形の保持にこだわったり
つなぎの球を続けるのは
あまり好まないようです。


で、両方のレッスンを受けている生徒たちは
スクールの外で議論するのです。


いったいどっちが正しいのだろうか?


といっても
周りの数人なんですけど。



①は確かに堅い。
間違いなく私はこのタイプです。

だからわかるんですが
つなぎのショットの質を向上させ続けないと
あるレベルから通用しなくなります。

でもレベルが上がれば
それに比例して厳しい球が来る訳です。
その中でショットの質を向上させるのは
かなり難しい。

長丁場での競り合いになると
相手がいいプレーをするか or 相手が自爆するか
という話になってしまいがちです。

自分の力で状況を打開するのは
難しいように思えます。



かといって②がいいのかというと
そうでもない。

社会人男性プレーヤーに多いように思えるのですが
『まず、つなぐ』
という意識が低くなる。
ありていに言うと
『荒いプレー』
が増えてしまう。

みなさんのスクールにはいらっしゃらないでしょうか?
派手なプレーで上手いんだけど
試合では負ける方。

仲間内のテニスだとダントツなのに
外の試合だと…な方。

私の周りには意外と多いです。



我々の間では
まず①を身に付けて
だんだんと②に移行していくのが望ましいのではないか
というのが一応の結論になっています。

確かに②にしても
①が重視する陣形に則った上で
チャンスが来たらそれを度外視する
ということなので
まぁ自然な話に思えます。


でもホントにそうなのでしょうか?


たまたま私は
元々の素質が①なので
より上を目指すために②に挑戦する
というのがスムーズに理解できます。

でも、元の素質が②にある方
攻撃的なプレーに光るものを持つ方が
②を磨く前に①の習得をしなければならないとしたら
それはその方にとって
すごく難しい課題になるのではないでしょうか?

それって、楽しいのでしょうか?



何故こだわるかといいますと
スクールを通じて知り合ったテニス仲間に
②で光るプレーをする方がいるんです。
 (①については、まぁ…)
その方はまず①を身に付けようと
努力しているのですが
自分の得意なプレーにブレーキをかけてしまい
迷いが生じているように見えます。

この迷いは
上を目指すためには避けられないものなのでしょうか?
この方の持つ特性に合った
レベルアップの道筋はないものだろうか?


真剣にテニスに取り組んでいて
試合に勝ちたいと頑張っている仲間なので
何かいい方法はないものかと
考えてしまうのです。

人気blogランキングへ 抽象的でつまらなかったかもしれませんが、よかったらクリックをお願いします。

スポンサーサイト



テニス・戦術面 | 22:09:21 | Trackback(0) | Comments(5)