■プロフィール

Author:丸坊主
40代の男です。
テニスは高校から始めました。
福祉の仕事をしています。

『勝つときは正しいテニスで正しく勝つ。負けるときも正しいテニスで正しく負ける』
→テニスで知り会ったテニスマスターT氏の言葉は、私の生き方にも影響を与えてくれています。

『やることをやって、それで止められたなら運が悪かったということと、一方でひとつひとつの技術のクオリティーが低いから、それを許してしまうのだと思います』
(テニスマガジン2009.8号より)
→杉山愛選手のこの言葉はずっと心に残っています。試合における腹のくくり具合と冷静な自己分析が両立した、素敵な言葉だと思っています。

試合において、『正しいテニス』や『やるべきこと』をやりきれたか。練習において、試合で止められた技術の向上を意識して取り組んだか。
そんなことを考えながらテニスをしています。

使用ラケット:
ラケット迷子を抜け出し、マンティスプロ295(初代モデル)に決まりそうです。

使用ストリング:
ストリングは完全に迷子になっています。
テンションも28P~55Pで、振り幅が大きいです。

使用シューズ:
アシックス一筋です。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
仕方ないけど
団体戦  に出てきました。

ダブルスのみの参戦でした。

サービスキープが続き緊迫感が残る序盤
3-4の途中で
相手選手が足首をひねって  しまい
途中棄権で勝ちました。

試合時間は30分程度。
3セットマッチなのでまだまだ序盤だし
フォアの感触がちょっとずつ合ってきたかなー
という所だったので
なんだか消化不良な感じでした。

そういえば
前衛の動きもまあまあ攻撃的に  できましたよ。


それだけになー。
もうちょっとなー。

まぁ、仕方ない  んですけど。


・・・


実はカゼをこじらせて
最近まで寝込んだり
食べれなかったりの日々だったんです。

で、落ちた体力をカバーしようと
以前使っていたTiS2(改良版)を使ってみたんですが
これがすこぶるよい!

ストリングなどコミコミで
300gをちょっと切るくらい軽量  なんですが
かなりヘッドを重くしてあるので
強い球にも負けにくい。

ラケット自体のパワーがありすぎるので
フカしを抑えるために
ポリガットの太いヤツ(1.33)を張ってます。

重量が軽いから取り回しはラクなのに
振り切ってもフカす心配が少ない。

ゆったりとしたスイングのストロークでは
球が軽くなる感じがするんですが
使いようによっては
シングルスでもいけそうな予感がしています。


またラケットに悩む時期が始まってしまうのでしょうか。

人気blogランキングへ なかなか懲りない丸坊主ですが、よかったらクリックをお願いします。


スポンサーサイト
ラケット関係 | 08:45:26 | Trackback(0) | Comments(4)
団体戦や雑感
先日、団体戦  がありました。
ダブルスだけの参戦だったのですが
1試合に


3時間… 


もかかってしまいました。

さすがに疲れるし
頭もボンヤリしてしまって
大変でした。

ギリギリ勝ったからまだ良かったんですが
6-6(7-2)/5-7/6-3
という恐ろしいスコアでした。

私が前衛にいる時の決定力の低さが
足を引っ張って  しまった感じで…。

この課題をクリアできる日は
果たしてくるのでしょうか?

・・・

チームとしても勝ったので
近々2回戦があります。

今回もダブルスだけでの参戦になりますが
もっと攻撃的になりたいものです。

というより、今回は天候  の方が心配だったりするのですが。


・・・


最近、寝る前のストレッチと筋トレを
30~40分くらいかけてまじめに  やっています。

今のところプレーに変化は出ていないのですが
下っ腹がちょっとすっきりして
太ももがいくらかスラリと  してきました。

単純に筋肉がつくという効果もあるのでしょうが
定期的に筋肉に意識を向けることで
よりスムーズに動かせるようになった気がします。

特に最近流行りの肩甲骨や股関節まわりが
なめらかになった  気がしています。

この数ヶ月
「やっぱサーブは大事でしょ」
という (当たり前な) ことを痛感させられる出来事が重なって
腕で打つサーブではなく
体全体を使って打てるように
試しているところです。

バランスを崩さない範囲で
体を大きく使う

文字にするとそれだけのことなんですが
なかなかうまくいかないで困っています。


「自分の体を思い通りに動かせるのは当たり前」
と思うのは、実は錯覚で
ただ歩くこと階段を登ることなど
日常的な動きに際しても
無駄な動きやクセのようなものに
想像以上に支配されていることを
実感しているこの頃です。

なので
バランスを崩さない範囲で体を大きく使ってサーブを打つ
なんて、相当に果てしなく  難しい。


そう思うと
多少の不備はありつつも
毎日出勤して働いて
悪戦苦闘している自分(の身体)が
いとおしく感じられるのです。

きっとテニスを続けなかったら
気づけなかっただろうなぁ。

人気blogランキングへ またまた久々ですが、よかったらクリックをお願いします。


試合など | 11:38:09 | Trackback(0) | Comments(3)

FC2Ad