■プロフィール

丸坊主

Author:丸坊主
40代の男です。
テニスは高校から始めました。
福祉の仕事をしています。

『勝つときは正しいテニスで正しく勝つ。負けるときも正しいテニスで正しく負ける』
→テニスで知り会ったテニスマスターT氏の言葉は、私の生き方にも影響を与えてくれています。

『やることをやって、それで止められたなら運が悪かったということと、一方でひとつひとつの技術のクオリティーが低いから、それを許してしまうのだと思います』
(テニスマガジン2009.8号より)
→杉山愛選手のこの言葉はずっと心に残っています。試合における腹のくくり具合と冷静な自己分析が両立した、素敵な言葉だと思っています。

試合において、『正しいテニス』や『やるべきこと』をやりきれたか。練習において、試合で止められた技術の向上を意識して取り組んだか。
そんなことを考えながらテニスをしています。

使用ラケット:
ラケット迷子を抜け出し、マンティスプロ295(初代モデル)に決まりそうです。

使用ストリング:
ストリングは完全に迷子になっています。
テンションも28P~55Pで、振り幅が大きいです。

使用シューズ:
アシックス一筋です。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
バボラのリベンジとテクニファイバーのブラックコード
リベンジ (1.30のほう) は
レベル105とTiS2に張っています。

球離れと飛ばなさ加減がちょうどよく  感じて
かなり気に入っています。
弾きがすごくいい訳ではないのでボレーはまあまあな感じですが
なによりもフォアハンドがたまらなくいい  です。
ラケットとの相性もあるのでしょうが
8割程度のスイングで捉えると打球がちょうどいい軌道を描いて
相手コートに向かってくれます。

球離れはすごく速い訳ではなく
自分の力が殺されない範囲で食いついてから弾くような印象です。
弾くとはいっても実際の飛びはいくらか抑えめに感じました。
なのでフラットで叩いてもスピンをかけてもコントロールしやすい。

しばらく使うとストリングの縦横がロックされるような感じがして
気になる人は気になるかもしれません。
私はあんまり気にしないのでいいのですが。

あと残念なのは
新ラケットのレベル105と徹底的に  合わない
印象的過ぎるカラーです…。
私は気にせず張っていますが
カラーリングの観点からみるとかなりラケットを選ぶと思います。

他の方のインプレを見てみると
『プロハリケーンツアーとあんまり変わらない』
というようなことが書いてあるのですが
私はそうは感じませんでした。
プロハリケーンツアーは面全体で球に食いつく感じがして面白いのですが
面のどこで捉えたのかがわかりにくい。
リベンジはプロハリケーンツアーに比べると
食いつく感じはやや控えめだけど
捉えた部分がわかりやすい感じがしました。
球の弾きの差はわかりませんでしたが
食いつき方に差があるので打球感は別物かと。



一方のブラックコード(1.28)ですが
これはレベル105に張りました。

噂通り柔らかいことは柔らかいのですが打球感は重く
私のスイングだとこの重さでヒジや手首を痛めるのではないかと感じました。
本当にいい形でスイングできたときは
深さもスピン量もコースも自由自在にコントロールできる感じがして
表現できないくらい素敵  なのですが
そのキャパが小さい印象でした。
 (私の技量に対するご意見は受け付けません  )

どんなショットでもスイングの力が一律に何%か殺される感じがして
その分飛びは抑えられるのですが
その抑えられ感が重く感じる原因なのかもしれないと思いました。

オーバーを気にせずバッチバチ  に打ち込みたいという人には
すごく合うのかなと思いました。
あるいは1.24とか1.18だと印象が変わるのかもしれません。

もし今後使うとしたら
細い方のどちらかをTiS2みたいな弾きの強いラケットに張ると思います。
そうするとある程度の食いつきがあり
フレームによる飛びもいくらか抑えられ…という感じになるかなーと。

フレームのパワーから考えると
レベル105にはちょっと合わないように感じました。


ラケットを新しくしたのでストリングも探さなきゃいけません。
条件として
①硬めな打球感
②飛びは抑えめ
で探しています。
ナイロン、ポリは問わないので
何かいいものを知っていましたら教えてください。

人気blogランキングへ よかったらクリックをお願いします。


スポンサーサイト
ストリング関係 | 14:34:06 | Trackback(0) | Comments(3)
テニスメモ
お久しぶりです。


とある有名コーチから
「社会人テニスフリークはオーバースペックのラケットを選びすぎる」
と言われ
またまたラケットを変えて  しまった
ダメな丸坊主です。

ちなみに今は
プリンスのEXO3レベル105
を使って  います。


それはさておき
個人としては区民大会の申し込みを忘れ 
団体としては所属チームの昇格が決まり 
もう主だった試合はありません。

このままだとネタもなくブログも放置になってしまいそうなので
そもそもの趣旨に立ち返り
立派なオールラウンダーになるためのテニス日記として
記事を書いていこうと思います。
 (注:なのでいつも以上に個人的な内容になってしまいます)



という訳で、今日のテニスメモ
フォアのテイクバックは右ヒジを体の前に残して、左肩を寄せる
サーブのテイクバックは左肩を高く上げて、右ヒジは下げないようにセットする

①ちょっと気を許すとすぐ崩れるフォアハンドですが
私の場合、強く打とうとしすぎて
テイクバック時に右ヒジをかなり背中側まで引いてしまう傾向があります。
返ってそのことがスイングのブレーキになってしまっています。
さらに左肩の入れが甘いのでラケットの出所がわかりやすく
コースが読まれやすくなってしまう。
なので、右ヒジは体の前に置くイメージで
その右ヒジに左肩を寄せて(左肩を入れて)
スムーズにスイングできるように矯正しています。

②ちょっと気を許すと大きな波ができてしまうサーブですが
テイクバック時に右ヒジの位置が低くなる傾向があります。
肩甲骨自体の柔らかさはまあまあですが
長年のクセなのか、どうやっても右ヒジを高くセットできないのです。
なので、左肩を上げて上体を傾けて、右ヒジをいつもの位置にセットして
結果として右ヒジを高くセットしたのと同じになるように矯正しています。


クセは人それぞれなので万人に当てはまる訳ではありません。
個人的なテニスメモだと思っていただければと思います。

人気blogランキングへ またまた久々ですが、よかったらクリックをお願いします。


テニス・技術面 | 18:45:30 | Trackback(0) | Comments(2)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。