■プロフィール

丸坊主

Author:丸坊主
40代の男です。
テニスは高校から始めました。
福祉の仕事をしています。

『勝つときは正しいテニスで正しく勝つ。負けるときも正しいテニスで正しく負ける』
→テニスで知り会ったテニスマスターT氏の言葉は、私の生き方にも影響を与えてくれています。

『やることをやって、それで止められたなら運が悪かったということと、一方でひとつひとつの技術のクオリティーが低いから、それを許してしまうのだと思います』
(テニスマガジン2009.8号より)
→杉山愛選手のこの言葉はずっと心に残っています。試合における腹のくくり具合と冷静な自己分析が両立した、素敵な言葉だと思っています。

試合において、『正しいテニス』や『やるべきこと』をやりきれたか。練習において、試合で止められた技術の向上を意識して取り組んだか。
そんなことを考えながらテニスをしています。

使用ラケット:
ラケット迷子を抜け出し、マンティスプロ295(初代モデル)に決まりそうです。

使用ストリング:
ストリングは完全に迷子になっています。
テンションも28P~55Pで、振り幅が大きいです。

使用シューズ:
アシックス一筋です。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
サーブなんです
ボレーが強い人を見ると
『テニスうまいなー  』
って思いますが
サーブが強い人を見ると
『試合で強いなー  』
って思います。

サーブです。
サーブなんですよ 


ド真ん中の中級レベルながら
試合に勝ちたいと思って励んでいる訳です。

となると
サーブの向上は避けて通れない。



いろいろとマイナーチェンジを繰り返してきたのですが
とうとうコーチから
『下半身の動きと上体のスイングが全然連動してない』
とミもフタもない  指摘をされ
突っ立ったままでサーブを打つところから
やり直しています。


やり始めた頃は全然球に力を乗せられなくて
『ホントにこのやり方でいいのかな』
と思ったりしましたが
最近になって少しずつ
力を乗せるイメージを持てるようになりました。



私の身長は170㎝に満たないので
速いサーブはすでに諦めて  います。

それでも、強いサーブ・重いサーブは打てるはず。

私の場合、回転を意識するとこするだけの球質になってしまい
相当いいコースに落ちない限り
打ち頃のサーブ  になってしまう。

なので今は
球に力を伝えることを最優先しています。


前に踏み込むのだけど、倒れ込むのではない。
軸を保つのだけど、後ろ体重ではない。
体幹から末端へ力を伝えるのだけど、体を回すのではない。





なんだか禅問答っぽくなってますが
こういうのはテニス全般に言えそうな気がしています。

というか、テニスというスポーツが
そういうものなのかもしれません。


まず相手に返すけど、ただ入れるだけではいけない。
コースを狙うけど、そのコースは見ない。
強い球を打ちたいけど、リキんではいけない。
自分のプレースタイルが大事だけど、相手や状況に柔軟でなければならない。
試合に勝ちたいけど、結果に囚われてはいけない。
過去 (打った球) や未来 (打たれる球) が思考を占めるけど、
今 (インパクト) に集中しなければならない。





悟りを開く日はやってくるでしょうか。

人気blogランキングへ よかったらクリックをお願いします。


スポンサーサイト
テニス・技術面 | 21:52:03 | Trackback(0) | Comments(3)
プリンスのEXO3レベル105
雑誌にも出るような  某有名コーチが
私のプレステージを眺めながら
『社会人テニスフリークはオーバースペックのラケットを使う傾向が強い』
と嘆くので 
新しいラケットにしてみました。

TiS2でもいいのですが
これは崇拝するテニスマスターT氏と
かぶってしまうので。



いろいろなラケットを試打してみて
①まん丸フェイスは好きじゃない
②フレームはボックス形状 (四角っぽい感じ) がいい
③グリップは扁平な方がいい
ということがわかりました。

見た目の好みとしては①②が気にならないので
今までこの条件にあたらないラケットも使ってきたのですが。


だいぶ前に試打した時は
特段の理由もなく外してしまったのですが
改めていろんなラケットを試打していくと
EXO3レベル105は上記3つの条件に
当てはまることに気づいたのです。
見事に。



縦長フェイスのおかげか
サーブ・スマッシュがラクに振れます。
O3効果なのかはわかりませんが
振り抜きは確かにいいです。


いろいろ調べてみたところ
縦のグロメットをストリングの穴アリ・横を穴ナシ
にするのがオススメだそうです。

ポリ (リベンジ) の方は全部穴ナシにしていますが
AKプロ16の方は確かに
縦穴アリ・横穴ナシがよかったです。

一度全部穴ナシで張ってみたんですが
深さが安定しない感じがしました。
回転のかけやすさは全部穴ナシが一番いいとのことでしたが
私はあまり差を感じませんでした。

先に情報を得ていたので
ただのプラセボ効果かも  しれませんけど。


おそらくフレームが硬いからだと思いますが
打球感は硬めに感じます。
硬めでしなりはあまり感じないけど
フレームで弾くようなことはなく
ストリングの食いつきがわかる。
スイングの力がそのまま球に伝えられる感じがします。

今流行りのもの凄くスピンがかかる、ということはありませんが
振った分だけかかってくれますし
打感がしっかりしていて
球に力が伝わるイメージを持ちやすいです。


O3に拒否感がなくて
縦長のフェイスが好きで
超個性的な模様  が気にならなければ
ハマるかもしれません。

ストリングの選択次第で
シングルスでもダブルスでも使える
万能ラケットだと思います。



調べたり話を聞いたりしたところ
ラケットにしろグリップにしろストリングにしろ
『可もなく  不可もなく  』
が一番なのだそうです。

何らかのメリットが大きいと
同時に失うものも大きいのだそうで。
デメリットが解消されたら
そこでよしとしたほうがいいみたいです。

そう考えると
振り抜きや扱いやすさは感じるものの (特に縦振り系)
いわゆる厚ラケほどではなくある程度の重みを感じ
飛びすぎることもなく抑えすぎることもなく…
『可もなく不可もなく』
のレベルが全体的に高くて
いいラケットなのかもしれません。


型落ちモデルのようで
だいたいのお店で安売りになっています。
 (だから2本買っちゃった  )
ラケットに求める条件が私と近くて
新しいものを探しているという方がいらしたら
選択肢に入れてもいいのではないでしょうか。

人気blogランキングへ よかったらクリックをお願いします。


ラケット関係 | 22:29:40 | Trackback(0) | Comments(15)

FC2Ad