FC2ブログ
 
■プロフィール

丸坊主

Author:丸坊主
40代の男です。
テニスは高校から始めました。
福祉の仕事をしています。

『勝つときは正しいテニスで正しく勝つ。負けるときも正しいテニスで正しく負ける』
→テニスで知り会ったテニスマスターT氏の言葉は、私の生き方にも影響を与えてくれています。

『やることをやって、それで止められたなら運が悪かったということと、一方でひとつひとつの技術のクオリティーが低いから、それを許してしまうのだと思います』
(テニスマガジン2009.8号より)
→杉山愛選手のこの言葉はずっと心に残っています。試合における腹のくくり具合と冷静な自己分析が両立した、素敵な言葉だと思っています。

試合において、『正しいテニス』や『やるべきこと』をやりきれたか。練習において、試合で止められた技術の向上を意識して取り組んだか。
そんなことを考えながらテニスをしています。

使用ラケット:
ダンロップのNEOMAX2000に決まりそうです。

使用ストリング:
縦ポリ/横ナイロンであればなんでもよくなっています。
テンションは35P~40Pくらいで落ち着きました。

使用シューズ:
ここは変わらず、アシックス一筋です。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
サーブなんです
ボレーが強い人を見ると
『テニスうまいなー  』
って思いますが
サーブが強い人を見ると
『試合で強いなー  』
って思います。

サーブです。
サーブなんですよ 


ド真ん中の中級レベルながら
試合に勝ちたいと思って励んでいる訳です。

となると
サーブの向上は避けて通れない。



いろいろとマイナーチェンジを繰り返してきたのですが
とうとうコーチから
『下半身の動きと上体のスイングが全然連動してない』
とミもフタもない  指摘をされ
突っ立ったままでサーブを打つところから
やり直しています。


やり始めた頃は全然球に力を乗せられなくて
『ホントにこのやり方でいいのかな』
と思ったりしましたが
最近になって少しずつ
力を乗せるイメージを持てるようになりました。



私の身長は170㎝に満たないので
速いサーブはすでに諦めて  います。

それでも、強いサーブ・重いサーブは打てるはず。

私の場合、回転を意識するとこするだけの球質になってしまい
相当いいコースに落ちない限り
打ち頃のサーブ  になってしまう。

なので今は
球に力を伝えることを最優先しています。


前に踏み込むのだけど、倒れ込むのではない。
軸を保つのだけど、後ろ体重ではない。
体幹から末端へ力を伝えるのだけど、体を回すのではない。





なんだか禅問答っぽくなってますが
こういうのはテニス全般に言えそうな気がしています。

というか、テニスというスポーツが
そういうものなのかもしれません。


まず相手に返すけど、ただ入れるだけではいけない。
コースを狙うけど、そのコースは見ない。
強い球を打ちたいけど、リキんではいけない。
自分のプレースタイルが大事だけど、相手や状況に柔軟でなければならない。
試合に勝ちたいけど、結果に囚われてはいけない。
過去 (打った球) や未来 (打たれる球) が思考を占めるけど、
今 (インパクト) に集中しなければならない。





悟りを開く日はやってくるでしょうか。

人気blogランキングへ よかったらクリックをお願いします。


スポンサーサイト



テニス・技術面 | 21:52:03 | Trackback(0) | Comments(3)