■プロフィール

丸坊主

Author:丸坊主
40代の男です。
テニスは高校から始めました。
福祉の仕事をしています。

『勝つときは正しいテニスで正しく勝つ。負けるときも正しいテニスで正しく負ける』
→テニスで知り会ったテニスマスターT氏の言葉は、私の生き方にも影響を与えてくれています。

『やることをやって、それで止められたなら運が悪かったということと、一方でひとつひとつの技術のクオリティーが低いから、それを許してしまうのだと思います』
(テニスマガジン2009.8号より)
→杉山愛選手のこの言葉はずっと心に残っています。試合における腹のくくり具合と冷静な自己分析が両立した、素敵な言葉だと思っています。

試合において、『正しいテニス』や『やるべきこと』をやりきれたか。練習において、試合で止められた技術の向上を意識して取り組んだか。
そんなことを考えながらテニスをしています。

使用ラケット:
ラケット迷子を抜け出し、マンティスプロ295(初代モデル)に決まりそうです。

使用ストリング:
ストリングは完全に迷子になっています。
テンションも28P~55Pで、振り幅が大きいです。

使用シューズ:
アシックス一筋です。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
プリンス リコイル
いろいろ試しているのですが
基本的にはAKプロ16を使い続けています。

ポリほどではありませんが打ちごたえ  はあるほうだと思います。
硬めな打球感ながらすごく硬い訳ではなく
すごく弾く訳でもなく
すごくスピンがかかる訳でもありません。
でもきちんと捉えた時に感じる芯が独特で気持ちよく 
それなのにタッチ系のショットもいけて
高いレベルで
『可もなく不可もなく』
なストリングだと思っています。

私は実感できていませんが
 (感覚が鈍いだけです  )
どうやら性能維持にも優れているらしいです。

コレで特に不満はないのですが
当分試合のないこの時期にもう少し探してみたくなって
お試しで張ってみました。


今回は
なんちゃら加工  とかでストリングの滑りが良く
とてもスピンがかけやすいという噂の
プリンスのリコイル
にしました。


硬さは50Pで、グロメットは縦横ともにオープン。
 (ラケットがレベル105だからその都度グロメットを選べる  んです)
ちなみにもう1本のAKプロ16は
硬さが48Pで、グロメットは縦をクローズ・横をオープンにしています。
といっても、こちらは張ってから一月くらい経っているので
あんまり比較の対象にはなりませんが。


打球感はやや硬めのようで
AKプロ16と打ち比べてもあまり違和感はありません。
ただ、しっかり捉えた時の感じはちょっと違っていて
どちらも芯を感じるのですが
なんとなくAKプロは捉えた場所がわかりやすく
リコイルは多少曖昧な印象でした。
やさしさを感じつつ芯も持っている感じで
そのやさしさがイコール曖昧さなのかもしれません。

ここで言う「やさしさ」「曖昧さ」は
スイートエリアの広さと言い換えてもいいかもしれません。


売りであるスピンはさすがに良いと感じました。
ストリング自体の反発力はまあまあある (たぶん) のに
回転がしっかりかかるから結果として飛びを抑えてくれます。

「あっ  ちょっとデカイ」

と思う程度の打球ならほとんどコートに収まってしまいます。


打球感でいうと完全に別物ですし
ストリングそのものの反発力も違いますが
この、ある意味で作り物っぽい感触が
ちょっとポリっぽいと感じました。

ストリングがほとんどズレないのも関係しているかもしれません。



私個人としては
切れるという意味での耐久性を求めてないので
 (ナニ使っても切れない  ので…)
スピン性能に関与している (らしい) ストリングの滑りの良さや緩みといった
性能維持という意味での耐久性を
今後確かめていきたいと思っています。

そこがまあまあ以上だったら
こちらに変えてしまいそうな気がします。



「曖昧」とか「作り物っぽい」とか
表現はマイナスっぽい感じになっていますが
個人的にはすごく気に入り  ました。
そこそこ弾くし、飛びは抑え目
という私の希望を満たしてくれているからです。

AKプロ16も希望通りなんですが
リコイルはオフセンターでもよりカバーしてくれて
飛び自体が抑え目なのではなく
スピン性能の高さで結果として飛びを抑えている
そんな印象を持ちました。


最近はいいポリも出ていますし
素敵だなぁと思ったものもあったのですが
やはりポリはポリ。
80~100%のいい形で捉えられればいいのですが
試合の厳しい状況でどこまでそれが実現できるか。

私程度の中級プレーヤー  が優先すべきなのは
50~80%程度の状況でも
効果があるセッティングではなかろうかと思った訳です。

そういった条件の上で
飛びは抑えたいけどポリではちょっと…という方がいたら
選択肢に入れていいのかなと思います。


もうちょっと言うと
ともかく安心してハードヒットしたい、という方や
体に優しい柔らかさ、もしくは爽快な打球感を求めている方は
おそらく対象外になるでしょう。

打ち込んだ時の安心感や芯のしっかり感は欲しいけど
スイートエリアがシビアだと困るし
オフセンターでも多少は助けてほしい。
そういう希望を持った方には結構ハマるのではないかと
そんな風に思いました。

人気blogランキングへ 個人的な感想でしかありませんが、よかったらクリックをお願いします。


スポンサーサイト
ストリング関係 | 21:56:05 | Trackback(0) | Comments(2)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。