■プロフィール

Author:丸坊主
40代の男です。
テニスは高校から始めました。
福祉の仕事をしています。

『勝つときは正しいテニスで正しく勝つ。負けるときも正しいテニスで正しく負ける』
→テニスで知り会ったテニスマスターT氏の言葉は、私の生き方にも影響を与えてくれています。

『やることをやって、それで止められたなら運が悪かったということと、一方でひとつひとつの技術のクオリティーが低いから、それを許してしまうのだと思います』
(テニスマガジン2009.8号より)
→杉山愛選手のこの言葉はずっと心に残っています。試合における腹のくくり具合と冷静な自己分析が両立した、素敵な言葉だと思っています。

試合において、『正しいテニス』や『やるべきこと』をやりきれたか。練習において、試合で止められた技術の向上を意識して取り組んだか。
そんなことを考えながらテニスをしています。

使用ラケット:
ラケット迷子を抜け出し、マンティスプロ295(初代モデル)に決まりそうです。

使用ストリング:
ストリングは完全に迷子になっています。
テンションも28P~55Pで、振り幅が大きいです。

使用シューズ:
アシックス一筋です。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
サーブ
ずっと改良にとりくんでいるサーブですが
最近になって
ちょっとコツを掴んだ  というか
ひとつ階段を上れた  気がしてます。

自分用のメモだから
「なんのこっちゃ  」
と思われるでしょうが
言葉で表現するとこんな感じの動きが
ようやく体に染み込んできたのだと考えています。


・テイクバックで上体をひねる
・横からボールを見る
・相手側ではなく、外側に振る
 (自分から見て右→左ではなく、正面の方向へ)
・左手と左腰でブロックする
・打点に目を残す


日によって調子に波があるのは
いつものことなんですが
最近は調子の悪い日でも悪いなりに
そこそこの球質  を維持できるように
なった気がしてます。

なのでサーブを打つのが楽しく  なってきて
楽しいと調子も上向きになる。
そんないい循環が起きています。

一日15分でもいいから
サーブの打ちっ放しができたらいいなぁ。

人気blogランキングへ よかったらクリックをお願いします。



スポンサーサイト
テニス・技術面 | 08:00:00 | Trackback(0) | Comments(2)
無呼吸症候群 ~ 丸坊主的不健康日記その2
重度の無呼吸症候群  と診断され
寝るときに付けるよう渡されたのは
CPAP (シーパップ)
という機械です。

もうかれこれ1ヶ月になります。

鼻をぴったりと覆うマスク的なモノと
元の機械が
掃除機のくだみたいなのでつながっています。

ずれにくいよう
額の所に固定する機具があるので
うつぶせで寝ることはできません。

ついでに言うと
鼻がかゆくなっても
掻きにくい (いや、掻けない  ) のが難点です。

そして何よりも
その見た目が物々しすぎて
初めて見ると結構ヒキ  ます。


一番最初の外来でその写真を見たときは
「コレを付けるようにはなりたくないなー  」
と思ってしまいました。



病院によって違うのかもしれませんが
このCPAPはレンタルが基本なのだそうです。
で、借りている間は月1回の外来通院が義務付けられます。

「じゃあ、土曜日に通えば…  」
なんて思っていたのですが
意外にCPAP人口は多いようで
睡眠専門のクリニックなんですが
土曜日の予約は完璧に埋まっている  といいます。

仕方がないので平日に早帰りさせてもらって
通院しています。

ウチの職場は利用者の方々が日中に通ってくる
通所の施設なので
夕方、利用者の皆さんを送り出してから
すぐ帰らせてもらって通院しています。


土曜日の予約がこんな感じなのに
平日の最終受付がなんと5時半!

今時仕事帰りに通えるような時間設定は
当たり前だと思う  のですが。
しかも睡眠専門のクリニックなのに…。


それはそうと
この間、月一の通院に行ってきました。

当日の朝によくわからないカードをCPAPに差し込むと
この間の使用状況とかがわかるのだそうです。

最近の機械はすごい  ですね。


で、結果を聞くと
一晩平均の無呼吸が1,5回
 (使用前は17,6回)
無呼吸+低呼吸は5,7回
 (使用前は41,0回)
と格段の効果  がありました。

マスクからの空気漏れもなく
:「上手く使えてますね」
ってお医者さんに褒められました 


起きたときのだるい感じや
日中の眠気・頭痛が
自覚できるほど改善されるまでには
数ヶ月かかるそうです。

でも頭痛の程度はだいぶ軽くなりましたし
寝るときに感じていた
心配というか、怖さは
もうありません。

ありがたい  ことです。


おそらく長い期間使い続けることになります。
使用感や体の変化など
時々は記事にしようと思っています。

人気blogランキングへ よかったらクリックをお願いします。


雑記 | 09:55:55 | Trackback(0) | Comments(2)
引き続き、リコイル
ちょっと贅沢  なんですが
2本ともリコイルを張って
グロメットの設定と硬さを変えてみました。

①フルオープンでリコイルを52P
②縦クローズ・横オープンでリコイルを48P

ある程度真ん中を外しても助けてくれて
でもフォアで振り切った時に安心感があるような
そんな虫のいい設定を求めている訳です。

まだそれほど使えていませんが
それぞれの感想をまとめます。

①の感想。
多少硬めに張ったせいか球が乗る感じは無く
弾きだけが目立つように感じました。
グロメットをフルオープンにしたので
硬めにしても乗るかなーと思いましたが
そうでもなかったです。
 (私のスイングスピードに対するご意見は一切受け付けません  )

乗りに乏しいせいかスピンのかかりが微妙だと感じましたが
サーブの軌道を見るといい具合にかかってくれたので
スピン性能は下がっていないようです。

基本的に硬めの打球感が好きなんですが
硬さが先に立ちすぎているような
そんな感じがしました。

縦長フェイスのおかげか (どうかは不明ですが)
左右のバラつきは少ないと思います。
でも深さのバラツキは大きく出ることがあり
ちょっと怖さを感じました。

最初に試したフルオープンの50Pでは
バラつきを感じなかったので
硬さの問題か
使い慣れて感覚がシビアになったのか
そのあたりが原因かと思います。
 (私の技量に対するご意見は一切受け付けません  )


②の感想。
柔らかめ (というか使い慣れた硬さ) にしたせいか
違和感なく使うことができました。
ラケットの種類に関係なく
慣れた硬さというのはあるのかもしれません。

打球感は硬めですが
ホンの少し球が乗ってから弾く感じがします。
そして弾きは感じられるものの
打った球の深さが
意図した範囲内に収まる安心感がありました。

柔らかくしたおかげなのか
そもそもグロメットによる変化は少ないのか
縦クローズなのにスピンのかかりは変わらないように感じました。

一番強く感じたのは
フェイスの上の方で捉えた時の安心感です。
フルオープンの時は意図した以上に深くなってしまう感じがしたので
この点は格段に違いました。


現状では②の設定がベストだと思っていますが
このストリングは多少緩みが早めだと思うので
ある程度緩んでからでないと判断できないかもしれません。

人気blogランキングへ よかったらクリックをお願いします。


続きを読む >>
ラケット関係 | 22:12:40 | Trackback(0) | Comments(2)
市民大会
昨年引っ越しをしまして
新しい居住地の市民大会  に出場してしまいました。

今回はダブルスです。

ここの大会はえらくでかくて
予選通過には5回勝たないといけなくて
本戦に入っても4回勝たないと優勝できないという
ものすごい  ドロー数の大会です。

ちなみにウチの近辺では
本戦に行ったというだけで
『マジでー!』
と驚かれ、尊敬を受けることができます。


我々は今回が初出場でしたが
本戦を目標にがんばるつもりでした。

…が結果は二回戦敗退 

無念です。


初戦は緊張ややりにくさを感じつつも
8‐1で圧勝 

いい形で二回戦に進めました。


そんな二回戦ですが
ペアさんサーブがブレークされ  0‐1
相手Ⅰ(左利き)サーブをキープされ  0‐2
丸坊主サーブをキープして  1‐2
相手Ⅱ(右利き)サーブをキープされ  1‐3
ペアさんサーブがブレークされ  1‐4
相手サーブをⅠキープされ  1‐5
丸坊主サーブをキープして  2‐5
相手Ⅱサーブをブレークして  3‐5
ペアさんサーブがブレークされ  3‐6
相手Ⅰサーブをブレークして  4‐6
丸坊主サーブをキープして  5‐6
相手Ⅱサーブをキープされ  5‐7
ペアさんサーブをキープして  6‐7
相手Ⅰサーブをキープされ  6‐8
で終了しました 


試合後に対戦相手に聞いたところ
ペアさんサーブは自分の一番打ちやすい所に来たけど
その時の前衛 (丸坊主  ) の圧力がないから
余計にノビノビとリターンができた
とアドバイスをもらいました。

確かにペアさんのサーブは普段より力が乗らず
調子が悪そうでした。
でもそれをカバーする動きが私になかった 


ペアさんは
自分のサーブが悪かったのはもちろんだけど
得意なはずのファーストボレーがひどすぎた
と反省していましたが
そのファーストボレーの負担を大きくしたのは
私の前衛だった訳です。

今でもはっきり覚えている一番最初のポイント。

最初だからポーチを狙っちゃおうかな  と考え
少し動けばちょうどいい所にリターンが来たのに
全く足が動きません  でした。

時々は決めたけど
試合を通して見るとポーチを狙う動きはホントに少なかった。


相手のフォアサイドの方は
アングルへのリターンがうまかったんですが
私のセンターを抑える動きが乏しい  から
ペアさんはセンターに意識を配分しなければならなくなった。
そこにいいアングルも来るもんだから
精神的な負担感はかなりのものになったはずです。

いくらファーストボレーが得意といっても
これではハンデがありすぎです。

そしてそのハンデは私が作ってしまった  訳です。


二人で行うダブルスだから当然と言えば当然なんですが
こちらのサービスキープも相手サーブのブレークも
責任は二人とも50%50%なんだなーと
改めて痛感した試合でした。


幸いこれに懲りずに
ペアさんはまた組んでくれると言ってくれたので
なんとか課題をクリアしようと
練習の時から取り組んでいるところです。

人気blogランキングへ この課題は今にはじまったことではないんですが、よかったらクリックをお願いします。


試合など | 22:23:24 | Trackback(0) | Comments(4)

FC2Ad