FC2ブログ
 
■プロフィール

丸坊主

Author:丸坊主
40代の男です。
テニスは高校から始めました。
福祉の仕事をしています。

『勝つときは正しいテニスで正しく勝つ。負けるときも正しいテニスで正しく負ける』
→テニスで知り会ったテニスマスターT氏の言葉は、私の生き方にも影響を与えてくれています。

『やることをやって、それで止められたなら運が悪かったということと、一方でひとつひとつの技術のクオリティーが低いから、それを許してしまうのだと思います』
(テニスマガジン2009.8号より)
→杉山愛選手のこの言葉はずっと心に残っています。試合における腹のくくり具合と冷静な自己分析が両立した、素敵な言葉だと思っています。

試合において、『正しいテニス』や『やるべきこと』をやりきれたか。練習において、試合で止められた技術の向上を意識して取り組んだか。
そんなことを考えながらテニスをしています。

使用ラケット:
ダンロップのNEOMAX2000に決まりそうです。

使用ストリング:
縦ポリ/横ナイロンであればなんでもよくなっています。
テンションは35P~40Pくらいで落ち着きました。

使用シューズ:
ここは変わらず、アシックス一筋です。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
引き続き、リコイル
ちょっと贅沢  なんですが
2本ともリコイルを張って
グロメットの設定と硬さを変えてみました。

①フルオープンでリコイルを52P
②縦クローズ・横オープンでリコイルを48P

ある程度真ん中を外しても助けてくれて
でもフォアで振り切った時に安心感があるような
そんな虫のいい設定を求めている訳です。

まだそれほど使えていませんが
それぞれの感想をまとめます。

①の感想。
多少硬めに張ったせいか球が乗る感じは無く
弾きだけが目立つように感じました。
グロメットをフルオープンにしたので
硬めにしても乗るかなーと思いましたが
そうでもなかったです。
 (私のスイングスピードに対するご意見は一切受け付けません  )

乗りに乏しいせいかスピンのかかりが微妙だと感じましたが
サーブの軌道を見るといい具合にかかってくれたので
スピン性能は下がっていないようです。

基本的に硬めの打球感が好きなんですが
硬さが先に立ちすぎているような
そんな感じがしました。

縦長フェイスのおかげか (どうかは不明ですが)
左右のバラつきは少ないと思います。
でも深さのバラツキは大きく出ることがあり
ちょっと怖さを感じました。

最初に試したフルオープンの50Pでは
バラつきを感じなかったので
硬さの問題か
使い慣れて感覚がシビアになったのか
そのあたりが原因かと思います。
 (私の技量に対するご意見は一切受け付けません  )


②の感想。
柔らかめ (というか使い慣れた硬さ) にしたせいか
違和感なく使うことができました。
ラケットの種類に関係なく
慣れた硬さというのはあるのかもしれません。

打球感は硬めですが
ホンの少し球が乗ってから弾く感じがします。
そして弾きは感じられるものの
打った球の深さが
意図した範囲内に収まる安心感がありました。

柔らかくしたおかげなのか
そもそもグロメットによる変化は少ないのか
縦クローズなのにスピンのかかりは変わらないように感じました。

一番強く感じたのは
フェイスの上の方で捉えた時の安心感です。
フルオープンの時は意図した以上に深くなってしまう感じがしたので
この点は格段に違いました。


現状では②の設定がベストだと思っていますが
このストリングは多少緩みが早めだと思うので
ある程度緩んでからでないと判断できないかもしれません。

人気blogランキングへ よかったらクリックをお願いします。


続きを読む >>
スポンサーサイト



ラケット関係 | 22:12:40 | Trackback(0) | Comments(2)