■プロフィール

丸坊主

Author:丸坊主
40代の男です。
テニスは高校から始めました。
福祉の仕事をしています。

『勝つときは正しいテニスで正しく勝つ。負けるときも正しいテニスで正しく負ける』
→テニスで知り会ったテニスマスターT氏の言葉は、私の生き方にも影響を与えてくれています。

『やることをやって、それで止められたなら運が悪かったということと、一方でひとつひとつの技術のクオリティーが低いから、それを許してしまうのだと思います』
(テニスマガジン2009.8号より)
→杉山愛選手のこの言葉はずっと心に残っています。試合における腹のくくり具合と冷静な自己分析が両立した、素敵な言葉だと思っています。

試合において、『正しいテニス』や『やるべきこと』をやりきれたか。練習において、試合で止められた技術の向上を意識して取り組んだか。
そんなことを考えながらテニスをしています。

使用ラケット:
ラケット迷子を抜け出し、マンティスプロ295(初代モデル)に決まりそうです。

使用ストリング:
ストリングは完全に迷子になっています。
テンションも28P~55Pで、振り幅が大きいです。

使用シューズ:
アシックス一筋です。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
EXO3レベル95
大方の予想通り
買ってしまったわけです。
 (ホントにコレで最後にします)
 (オムニ用シューズも欲しいんだけど  )

PONさまは
フルクローズを一押ししていましたが
105でもやったことないのに恐ろしすぎて
フルオープンにしました。

ええ、ただのチキンです 


いろいろ特徴はありますが
なんと言ってもサーブやスマッシュの
縦振り系が最高  です。

いつもと同じように打っているのに
『いつも×1.2~1.5』
くらいの打球になる感じがします。

サーブを受けたテニス仲間も
「かなり切れてるねー」
と言ってくれました。

弾んでからの伸びが違うらしいです。


一方で使い慣れないせいか
ストロークが飛ぶのか飛ばないのか
いまいち掴みきれません 
飛ぶか飛ばないか
どちらかなら合わせることもできるんですが。

打球の飛び出す角度が105とは違うんですかねー。

でも基準値としての球威は
断然増しているように思います。


最初は細いストリングも考えましたが
リコイル独特の人工的な打球感にハマった身としては
なかなか他のものに手を出しにくく
結局リコイルを42Pで張りました。


ストリングだけでなく
グロメットも変更可能ということで
各種セッティングが楽しいラケットです。

参考までに 
 (今後の私のために)
私と数少ないREBEL仲間の皆さまの
セッティングをまとめてみます。


<丸坊主>
①95フルオープン・リコイルを42P
サーブは最高です。
ストロークの掴みきれなさは
グロメットやストリングではなく
単純にラケットのバランスの問題だと感じています。
トップライトになってヘッドが回りすぎるように感じます。
鉛テープでホンの少しいじって
ややトップヘビーにしてみました。
 (いじってからはまだ使っていません)
試合で使えてないのでなんとも言えませんが
シングルスならなんとかなる気がします。
ダブルスで使えるかは…。
単純に練習用という使い方になるかもしれません。

②105縦クローズ・リコイルを48P
95を諦めるためにジタバタし
レザーグリップに巻き変え
鉛テープを両サイドに少々貼りました。
 (ムダな努力でしたが…)
95を買うまではメインで使用してました。
そこそこの打ちごたえとそこそこの球乗りがあり
これまで試した中では一番良いと思いました。
でも95を使った後だと
その『そこそこ』具合が中途半端に感じ
さらに打球の軽さも気になったので
次回はフルクローズで48~50Pにしようかなぁと考えています。
②´105縦クローズ・AKプロ16を48P
打ちごたえもあり弾きもあり
当時は最高のセッティングだと思っていました。
もちろん良かったんですが
AKプロは凹みができるのが早いように感じました。
一度リコイルを使ってしまうと
その凹みからくる打球感の変化が気になってしまい
AKプロは止めることにしました。

③105フルオープン・リコイルを52P
不調時用のサブラケです。
ラクなことはラクです。
他のセッティングに比べると打球感が希薄なせいか
深さのコントロールがやや難しく感じます。
次回は縦クローズで48~50Pにしようかぁと考えています。
③´105フルオープン・AKプロ16を48P
深さの調整がすごく難しいと感じ
早々に張り替えました。


<PONさま>
①95フルクローズ・ライトニングXX17を43P
②105フルクローズ・ライトニングXX17を48P
 (確かもう一本お持ちでしたよね?)

<だんゆさま>
①95(でいいんですよね?)フルクローズ・AKプロ17を44P
②105フルオープン・アスタリスクマイルドを50P
 (前にいただいたコメントから引っ張ってきましたが、古い情報でしたか?)

<テニス親父さま>
①95 (セッティングはどんな感じでしょうか?)


ホントにごくごく一部ではありますが
REBELのセッティング話が盛り上がってきました。
様々なセッティングの感想を集めて
REBELの可能性を突き詰められたらいいなぁと
思ったりしています。

よろしかったらご協力をお願いします。

人気blogランキングへ 全国に数人しかいない(であろう)REBEL仲間として肩寄せ合って頑張りましょう。
よかったらクリックをお願いします。


スポンサーサイト
ラケット関係 | 23:39:46 | Trackback(0) | Comments(11)
『虐殺器官』と『9.11』
『虐殺器官』
は伊藤計劃さんの小説です。

私は知らなかったんですが
超有名な作品みたいです。
知っている方も多いんでしょうね。

すでにたくさんの方々が賞賛を送っています。
もはや私ごときが付け加えることなどないので
興味を持たれたら読んでみてください。

少しだけグロい部分がありますが
そういうのがダメな私が読めたくらいですから
ほとんどの方が問題なく読めると思います。

続編とも言える
『ハーモニー』
も素敵です。

どちらも、一見荒唐無稽な設定なのに
とてつもなくリアリティーがあって
最後には現実と物語世界が私の中で
同じくらいのウエイトを占めるようになります。


その後で読むとすんなり入る本が
『9.11』

有名な言語学者チョムスキーが書いたもの
というか、彼のインタビュー集になってます。

かつてはボンクラながらも (福祉) 心理科に所属していた訳で
チョムスキーが有名な言語学者なのは知っています。
 (何をしたのかは知らないケド  )

そんな学者先生のモノとは思えないほど
その発言は政治的です。

副題に
『アメリカに報復する資格はない!』
なんて付けているくらいですから。

あまりに政治的すぎるので
人に勧めるのはどうかとも思うのですが
『虐殺器官』 (と『ハーモニー』)
を読んだことで
『世界の見方が変わる』
という小説体験をし
それを小説体験に終わらせず
現実世界に結びつけてくれる
大変力のある本です。

最近のビックニュースにも関わりますし
時事的な意味でも押さえておいて損はないかと。

人気blogランキングへ よかったらクリックをお願いします。

本とか音楽とか | 20:00:00 | Trackback(0) | Comments(0)
EXO3レベル105 ふたたび
全国に数名しかいないであろう
 (たぶんウソ)
レベル105仲間のPONさまから
『レベル95を買った』
とのコメントをいただき
激しく心が乱れている  丸坊主です。

この病気は治らないのでしょうか 


実はPONさまのコメントをいただく前から
レベル95の購入は検討課題として
常に頭にありました。
 (この病人め…)


レベル105に不満がある訳ではないんです。
厳しい時にはある程度助けてくれるし
打ち込む時もある程度の安心感があります。

でも一方で
もう少しシビアでも…
とか
フルスイングの時にもっと安心したい…
という気持ちもあるんです。

気持ちもある、というか
今のレベル105に慣れれば慣れるほど
強まっていく訳です。
 (この本物め…)



もしレベル95のフェイスが98インチだったら
あるいは18×19のストリングパターンが16×19だったら
きっと買っていたと思います。

使ったことがないのでわかりませんが
 (使ったら買ってしまいそうで怖い…)
いくらグロメットをフルオープンにしても
95インチのフェイスで18×19のパターンでは
打球感はほぼ別物ではないかと。

私の希望するようなスペックだったら
レベル105のグロメットをフルクローズにすればいいだけの話です。


そこまで考えてなんとか納得したというか
ようやくガマンできたというか…。



たぶん仲間内だけでのテニスだったら
レベル95で問題ないと思います。
むしろそっちのほうが楽しいだろうなぁと。

でもド中級ながら試合に勝ちたいと
ジタバタしている身としては
やっぱり自分の力量に合わせたモノを選ばないと。


・・・


ってことをわざわざ記事にしないと
乱れている心を落ち着かせられない
ってだけの話なんですケド。

人気blogランキングへ この病気に治療法はないのでしょうか。よかったらクリックをお願いします。


ラケット関係 | 20:00:00 | Trackback(0) | Comments(9)
割り切れない出来事
久しぶりですが、いきなりこんな質問を。


あなたは職員として
利用者さんを連れて公園に散歩に行きました。
公園では幼い子どもたちがたくさん遊んでいて
子どもが大好きな一人の利用者さんは
その子どもを触ったり撫でたりして
かわいがりたいと思って近寄ろうとします。

この利用者さんは重度の知的障害を抱え
言葉を持たず
嬉しい時は高音で奇声を上げます。
言葉での説明は理解を得ないことが多く
自分のやりたいことを止められると
激しく自分を傷つけることがあります。


こんなとき、あなたならどうしますか?


似たような出来事がウチの職場で起こりました。

この時は勘案すべき事情が他にもいろいろあったのですが
ウチの職員はこの方と一緒に
子どもをあやしに行ったそうです。

子どもを怖がらせないように自分が間に入り
この方の希望も叶える
そういう選択をした。

結果から言うと
この子は驚いて泣きだしてしまい
この子のお母さんからクレームをいただくことになりました。


結果を知ってから言うのはルール違反ですが
私だったらこの方を子どもに近寄らないように関わります。
で、この方が荒れたら荒れたで
その対応をします。


先に結果を出しているので
一見私が正しそうにも見えますが
そう簡単に結論づけられる話ではありません。

福祉人としては
間に入ろうとした同僚のほうが正しい
そういう言い方をされても
納得してしまいそうです。

例えば
間に入る際のバランスが少し間違っていたけど
あなたの判断自体は間違ってはなかった…
みたいな言い方で。

もちろん私にしても
そういう選択だって十分ありうるという
迷いというか
自分に対する疑いというか
そういう何かは常に持っています。



私がグループホームで働いていたときのこと。

体の大きい男性利用者さん同士のケンカがあり
その場に遭遇してしまいました。
殴る・蹴るだけではすまず
噛む・ひっかくなどエスカレートし
どこに隠し持っていたのか
一方が木刀を持ち出す始末。


一人でこの場に遭遇し
ただ止めるだけではどうにもできないと判断した
当時の私の選択は

①近くのカベを思い切り蹴り飛ばし
②両者を激しく一喝して
③有無を言わせずに部屋に戻す

というものでした。

落ち着いてもらってから
それぞれに話を聞きに行きましたが
後の対処はともかく
この時の私の選択は正しかったと言えるでしょうか?


聞くまでもなく×
大× です。


他にとる手段はなかったのだと
言い訳することはできます。
私、こう見えてもそこそこ弁は立つので
たぶん7~8割の方を納得させる自信もあります。

それでもダメなら
『じゃあ、他にどうすればよかったんですか?』
と逆に質問をして
形勢を逆転させることだって (たぶん) できる。

でも×が×であることに変わりはないのです。


だいたい
相手がヒクくらい一喝しておいて
後で話を聞きに行ったって
言いたいことなんて言えるはずがない。


自分の行動は正しくなかった。
でも他にどうすればいいかわからないし
その場のその瞬間で決断しなければならない。

答えがない仕事
なんてきれいにまとめられることが多いですが
我々の仕事は日常的にそういう事が起こります。

程度の違いはあれ
他の仕事でも同じ事が言えるのかもしれませんが。



ただひとつだけ自己弁護的なことを言わせてもらえば
私は
『だから仕方なかったんだ』
とは絶対に思いません。

私に限らず
この業界に携わる
ほとんどの職員が同じだと思います。


もう少し正直に言えば
『だから仕方なかったんだ』
と考えて
自分の中で解決済みの箱にしまいたい。
気づかないうちにそうしていることだって
きっとあるのでしょう。

それでもその誘惑に抵抗して
他にどうすればいいのかわからないけど
この時の自分の選択は正しくなかった
という中途半端さや割り切れなさを
そのまま保持する。
保持しようと努力する。

保持するから
それは時間が経つにつれ
澱のように自分の中に積もっていく。



私の知る限りですが
この仕事に携わる人の多くが
尊い仕事をしている
とか
素晴らしい仕事をしている
という評価のされかたを嫌うのは
こういう事情があるからだと考えています。


本来は利用されている方々を支援する立場なんですが
そういった割り切れない経験を通して
成長させてもらっている。
モノゴトに対する見方を深化させてもらっている。
 (単に素直にモノゴトを見れなくなっただけかも…)

多かれ少なかれ
そういう疚しさのような感情を
抱いているからではないでしょうか。

人気blogランキングへ だから何?っていう話ですが、割り切れなかったので書いてしまいました。
よかったらクリックをお願いします。

福祉の仕事 | 22:49:46 | Trackback(0) | Comments(3)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。