■プロフィール

丸坊主

Author:丸坊主
40代の男です。
テニスは高校から始めました。
福祉の仕事をしています。

『勝つときは正しいテニスで正しく勝つ。負けるときも正しいテニスで正しく負ける』
→テニスで知り会ったテニスマスターT氏の言葉は、私の生き方にも影響を与えてくれています。

『やることをやって、それで止められたなら運が悪かったということと、一方でひとつひとつの技術のクオリティーが低いから、それを許してしまうのだと思います』
(テニスマガジン2009.8号より)
→杉山愛選手のこの言葉はずっと心に残っています。試合における腹のくくり具合と冷静な自己分析が両立した、素敵な言葉だと思っています。

試合において、『正しいテニス』や『やるべきこと』をやりきれたか。練習において、試合で止められた技術の向上を意識して取り組んだか。
そんなことを考えながらテニスをしています。

使用ラケット:
ラケット迷子を抜け出し、マンティスプロ295(初代モデル)に決まりそうです。

使用ストリング:
ストリングは完全に迷子になっています。
テンションも28P~55Pで、振り幅が大きいです。

使用シューズ:
アシックス一筋です。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
シューズはアシックスなんです!
ラケットやストリングはコロコロ変えている  のに
シューズだけはアシックス一筋なんです。

一度だけ街履きで愛用している
○ュー○ランスの靴も試したんですが
なんとなく止めてしまいました。

特別な理由はなく
ただなんとなくという感覚だけなんですが
こういう記事 を読んでしまうと
『やっぱねー。
 ボクみたいなこだわる人には
 違いがわかっちゃうんだよねー』
と得意  になってしまいます。


とか言いつつ
つい最近まで自分の足型を
幅広
だと思いこんでて
ずーっとスーパーワイドの型を履き続けていました。

これでは良いも悪いも語れませんな。


で、だいぶ前になりますがアシックスから
同じ型でスリム・レギュラー・ワイドの3種類を揃えた靴が出たので
 (プレステージライトのシリーズです)
買って  しまいました。


それまでハードコートでプレーする時は
オムニ・クレーでたくさん使って
底がヘタった靴を使っていたんですが
 (ここでも語る資格のなさを露呈してます)
ここ最近ハードコートでプレーする機会が増えたんで
ちゃんとしたのを買いにお店に行った訳です。

そしたら店員さんが
『丸坊主さんは少し幅広ですけど
 レギュラーで十分いけますよ』
とか言うじゃないですか。

『バカ言っちゃいけないよ、お兄ちゃん。
 こちとら学生時代から幅広一筋でやってんだから』

と言いそうになるのをこらえ
控えめにレギュラータイプを勧める店員さんの人柄を信じ
お試しで買ってみたのです。


そしたらまぁー素晴らしい 

靴自体の軽さやしっかり感もあるんでしょうが
 (そういうことはよくわからない)
動きやすいこと動きやすいこと。

単純なダッシュもしやすいんですが
振られた後の戻りというかターンがしやすくてたまらない。

止まる場面で外側にちょっとスベって
オットット  となって
踏み込んだ力が逃げる感じがするのは
踏み込む力が足らないせいだと思っていました。

もちろんそれもあるんでしょうけど
レギュラータイプにしてから
外に逃げる力が少なくなって
感覚としては
キュキュッ 
と戻れるようになりました。


ハードコートでこれだけ違うなら
オムニも試さない訳にはいきません。

足が痛いのをいいことに
それを全面に押し出して
別会計から捻出してもらうことに成功  しました。
 (ちなみにレベル95を買ったこと  はまだバレていません)

最近オムニでプレーする機会が減っているので
早く試したくてたまりません。

追ってご報告します。

人気blogランキングへ 機会があったら店員さんに足型を見てもらうのもいいですよ。よかったらクリックをお願いします。

スポンサーサイト
買ってみた。 | 20:54:52 | Trackback(0) | Comments(3)
MUSASHIのリプレニッシュとニー
足は痛い  し
もうオッサン  だし
体のケアには気を使っているわけです。

で、今日は
愛用しているサプリ (?) について。


リプレニッシュ は水に溶かして飲む
スポーツドリンクの粉末です。

すごく効果がありそうなことが書いてありますが
私が気に入っているのはその




いわゆる普通のスポーツドリンクって
どうも甘くって。

薄めて飲んでいた時期もあったんですが
コレを試したらちょうどよくて
今ではコレばっかりになってます。

似たようなことをしてる方がいましたら
ぜひお試しあれ 


それぞれ単品でも売っているんですが
『リカバリー即実感セット』 (素敵なネーミングじゃないですか?)
として
リプレニッシュとニーが4個ずつでセットになっているので
私はそれを買っています。

ニー はBCAAの粉末なんですが
ちょっとテニスで張り切っちゃった日は
終わった直後や
寝る前に飲んでいます。

変な表現ですが
寝る前に飲んだ次の日は
筋肉痛や疲労が人工的に解消された  ような
そんな感じがします。

ただ、こちらはひとつだけ注意事項があります。

とにかく

マズい 

んです。


どう表現したらいいかわからないんですが
あえて言うなら…

腎臓に副作用のおそれがある  ということで
7~8年くらい前に製造中止となったけれど
あまりの効きの速さに
頭痛持ちの間で  伝説  となっている
セデスG (細粒) 
 (注:市販のではありません)
の味をもっと無味に近づけて
しかも口に入れると少しネチャっとする

そんな味がします。
 (注:わかる人にだけわかる表現です。とにかくマズいと言いたいだけです)

あまりのマズさに
返って目が覚めちゃう  んじゃないかと
思ってしまうくらい
マズいです。

でも不思議と熟睡できます。
翌日の疲労も無く。



効くのはわかっているんですが
あまりにマズいので
普通に疲れただけの日は
アミノバリューの粉末を飲むようにしてます。

これでも寝る前に飲むと
翌日は体が軽くなります。
 (軽くなる気がします)


あくまでも個人的な感想ですし
プラセボ効果にハマりやすい
単純な純粋なO型なので
みなさんに効果を保証することはできませんが
疲れが取れにくいと感じている方は
試す価値アリだと思います。

私がよく行くスポーツ店では
このセットが千円くらいで売ってます。


私はしがない福祉職なので
MUSASHIの売り上げが上がっても
一円も入りません。

まあまあ宣伝になりそうな記事になったし

一年分くらい

送ってくれないかしら。

人気blogランキングへ よかったらクリックをお願いします。


買ってみた。 | 20:00:00 | Trackback(0) | Comments(2)
丸坊主的不健康日記 ~ ふくらはぎが痛い
実は年末あたりから
右足のふくらはぎに妙なしこりのような
違和感があったんです。
プレーに影響がないから気にせずやってたら
2月になって急に痛み  まして。

つった感じに近いんですが
もっと長引く痛みです。

4ヶ月くらい経つ今も
逆を突かれたりすると痛みます。

お医者さんによると
広い意味では筋肉痛
詳しく言うとアキレス腱と筋肉をつなぐ結合組織が
炎症を起こしているのだそうです。

お医者さん:『内部の炎症だから時間がかかりますよ』

と言われてしまいました。


それからというもの
アキレス腱に負担をかけないサポーターを求めて
いろいろ試し  ました。

①スキンズの足先がなくてヒザ下までの長い靴下みたいなヤツ
②ウィルソンの足先のない短い靴下みたいなヤツ
③アキレスビートという剣道用のサポーター
④ザムストのアキレス腱用サポーター
⑤どっかのメーカーのふくらはぎサポーター
⑥キネシオテープ
⑦McDavidの足首用のサポーター
 (Kallassyのサポーターがいいという噂を聞きつけたので
  いつか買ってしまおう  と思っています)

現時点で一番いいのは
⑥キネシオテープを足裏からふくらはぎまで貼り
②ウィルソンのサポーターを履いて
その上に④ザムストのサポーターを付ける
という組み合わせです。

ちなみに靴下はソロパッズで
スーパフィートの靴底を入れてます。
 (もちろん靴はアシックス  )

で、プレー直後は氷のうでアイシングをして
①スキンズを履き
右足には③アキレスビートを重ねています。

ちなみにレギュラーレッスンのコーチによると
プレー直後のアイシングだけで
長いスパンで見ると
経過が全然違ってくるそうです。


今でも油断をしたり逆を突かれた動きをすると
すぐに痛くなりますが
 (逆を突かれること自体が油断しているとも言えますが)
あまり気にせず
右足が痛いなら痛いなりの動き方をすればよい
と思うようになりました。

本当はやらないのが一番なんでしょうが
どうせ日常生活で使う部分だし
 (仕事はほぼ肉体労働  だし)
体のサポートやケアに気を配るようになったから
これはこれでいいかなぁと。



夏にはシングルスの市民大会  があります。

足の様子だけでなく
プレーのまとめ具合を確かめる意味でも
そろそろ草トーに出ておきたいところです。

人気blogランキングへ みなさんも気をつけてください。よかったらクリックをお願いします。


雑記 | 21:22:51 | Trackback(0) | Comments(5)
EXO3レベル95 ふたたび
前記事にコメントするつもりで書いたら
長くなってしまった  ので
新しく記事にしました。

ついでにカテゴリも
EXO3レベル関係
と、新しく作ってみました。


『気に入らない設定で使い続ける方がもったいない』
という自分勝手な理屈により
前設定のフルオープンでリコイルを42Pは
早々に見切って張り替えてしまいました。
 (もちろん理解を得るはずがないので、こっそり張り替えに出しました)

とはいえ
どこまでも冒険できないチキンな私。
縦のみクローズでリコイルを44P
という設定にしました。

リコイル以外のストリングを試す勇気はなく
フルクローズにするのも怖いけど
少しでもその感じに近づけたくて
縦のみクローズにしてちょっと硬めの44Pで…

設定そのものよりも
そこに至る過程がチキン  ですな。


その中途半端な過程はともかく
結果としては大当たり  でした。
 (テンションはもう少しユルくしてもいいかも)


成功したからいいんですが
今後のために
フルオープン (というか縦オープン) が
失敗した理由を考えてみました。

あくまでも私個人の感覚の話なので
そのように捉えていただければと思います。



結論としては
・フェイスが縦長であること
・ストリングの目が細かいこと
・打球感が硬めのストリングをユルく張ること
が重なったから
縦オープンで違和感が生じたのだと考えています。


元々縦長だから
縦ストリングの動き (たわみ) は感じ取りやすい。

95はストリングの目が細かいから
105に比べると
真ん中付近のたわみは少ない。

リコイルは打球感が硬めと言われているので
ストリングが重なる真ん中部分は余計に硬くなる。

ユルく張ったことで
ストリングの重なりが少ないトップ部はよりたわみやすく
縦グロメットをオープンにしたことで
さらにトップ部のたわみが大きくなり
真ん中で捉えた時とトップ部で捉えた時の
『たわみの差』が大きくなった。

この『たわみの差』の大きさが
違和感の原因だと考えています。

捉えた場所によって球の飛び出す角度が違ってしまうような
そんな感覚があったので。


私の好みが硬めの打球感だから
今後も試す予定はないのですが
打球感の柔らかいストリングをユルく張れば
ストリングが重なる真ん中付近でも柔らかいでしょうから
真ん中付近とトップ部の『たわみの差』は
少ないかもしれません。
もしくは
張る硬さが50Pを大きく上回るようであれば
全体が硬いから
『たわみの差』は少ないかもしれません。


105は目が粗いから
真ん中とトップ部にそこまでの『たわみの差』は出ず
深さのコントロールに難しさを感じるものの
縦オープンも使い分けることができる。

95では違和感を抱くほど
その差が大きくなった。

そんな風に考えています。


設定が決まるまで
少々 (いや、結構)
お金がかかってしまいましたが
ようやくしっくりくるようになりました。

これでプレーに集中できます。

人気blogランキングへ 言い訳の余地が無くなったとも言えますが、よかったらクリックをお願いします。


続きを読む >>
ラケット関係 | 20:45:01 | Trackback(0) | Comments(4)
禅ゴルフ
ラケットをレベル95にしたから…

というわけではないのですが
そのちょっと前からフォアが不調で
この間のスクールでは
かなり深刻な状態になってしまいました。

『フォアって、どうやって打つんだっけ?  』

突然記憶喪失になったような
ホントにひどい有様でした。


面の感覚やスイングの感覚が消えて無くなり
打った球がどこに飛ぶのか全く制御できなくなって
久々にパニックになりそうでした。

学生の頃はよくなったもんだなぁ…。
勝手にキレてフェンスを蹴ったりしたなぁ…。
 (↑  最低です)


どうやらグリップがズレていたのが
原因だったみたいです。

その前までは
いろいろな改善が実を結び
いい感じで打ち抜けるようになっていました。

おそらく
改善がうまいこといって
『もっと速い球を  』
『もっと強い球を  』
と欲が出て
知らず知らずグリップが厚くなっていったようです。

本来の私のグリップは
イースタン寄りのウェスタン
というか
ウェスタン寄りのイースタン
というか
感覚で言うと『チョイ厚』くらいなんですが
 (セミウェスタンって言うんですかね?)
フト気がつくと
完全なウェスタンになっていました。

角度的にはホンのちょっとなんですが
面やスイングの感覚が無くなるくらい
違いが出るものなんですね。



とは言っても
グリップはあくまでもきっかけで
このひどいスランプを抜ける道を
教えてくれた本があります。

『禅ゴルフ』

ゴルフ本です。
間違いじゃありません。
でもすごく素敵な本で
丸坊主バイブル (何?) に認定されています。

この中に
『ターゲットは球ではない。
 カップの中にある
という一節がありました。

丸坊主風に読み替えると
『どう打つかではない。
 どこにどんな球を打つかである
となります。

地味な基礎練習を繰り返して
理想のスイングを求めることは
とても大事な事ですが
 (by落合博満『超野球学①と②』 ←コレもバイブル認定済み)
それはあくまでも
試合に勝つための道具のひとつでしかありません。

道具の手入れに振り回されていたのが
今回のスランプの
根本的な原因なんだろうなぁと思いました。


熱中すると視野が狭くなり
そもそもの目的を見失う…。

完全に私の人格を表して  います。

人気blogランキングへ テニスって難しいですね。よかったらクリックをお願いします。

本とか音楽とか | 19:44:01 | Trackback(0) | Comments(2)

FC2Ad