FC2ブログ
 
■プロフィール

丸坊主

Author:丸坊主
40代の男です。
テニスは高校から始めました。
福祉の仕事をしています。

『勝つときは正しいテニスで正しく勝つ。負けるときも正しいテニスで正しく負ける』
→テニスで知り会ったテニスマスターT氏の言葉は、私の生き方にも影響を与えてくれています。

『やることをやって、それで止められたなら運が悪かったということと、一方でひとつひとつの技術のクオリティーが低いから、それを許してしまうのだと思います』
(テニスマガジン2009.8号より)
→杉山愛選手のこの言葉はずっと心に残っています。試合における腹のくくり具合と冷静な自己分析が両立した、素敵な言葉だと思っています。

試合において、『正しいテニス』や『やるべきこと』をやりきれたか。練習において、試合で止められた技術の向上を意識して取り組んだか。
そんなことを考えながらテニスをしています。

使用ラケット:
ダンロップのNEOMAX2000に決まりそうです。

使用ストリング:
縦ポリ/横ナイロンであればなんでもよくなっています。
テンションは35P~40Pくらいで落ち着きました。

使用シューズ:
ここは変わらず、アシックス一筋です。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
EXO3レベル95 ふたたび
前記事にコメントするつもりで書いたら
長くなってしまった  ので
新しく記事にしました。

ついでにカテゴリも
EXO3レベル関係
と、新しく作ってみました。


『気に入らない設定で使い続ける方がもったいない』
という自分勝手な理屈により
前設定のフルオープンでリコイルを42Pは
早々に見切って張り替えてしまいました。
 (もちろん理解を得るはずがないので、こっそり張り替えに出しました)

とはいえ
どこまでも冒険できないチキンな私。
縦のみクローズでリコイルを44P
という設定にしました。

リコイル以外のストリングを試す勇気はなく
フルクローズにするのも怖いけど
少しでもその感じに近づけたくて
縦のみクローズにしてちょっと硬めの44Pで…

設定そのものよりも
そこに至る過程がチキン  ですな。


その中途半端な過程はともかく
結果としては大当たり  でした。
 (テンションはもう少しユルくしてもいいかも)


成功したからいいんですが
今後のために
フルオープン (というか縦オープン) が
失敗した理由を考えてみました。

あくまでも私個人の感覚の話なので
そのように捉えていただければと思います。



結論としては
・フェイスが縦長であること
・ストリングの目が細かいこと
・打球感が硬めのストリングをユルく張ること
が重なったから
縦オープンで違和感が生じたのだと考えています。


元々縦長だから
縦ストリングの動き (たわみ) は感じ取りやすい。

95はストリングの目が細かいから
105に比べると
真ん中付近のたわみは少ない。

リコイルは打球感が硬めと言われているので
ストリングが重なる真ん中部分は余計に硬くなる。

ユルく張ったことで
ストリングの重なりが少ないトップ部はよりたわみやすく
縦グロメットをオープンにしたことで
さらにトップ部のたわみが大きくなり
真ん中で捉えた時とトップ部で捉えた時の
『たわみの差』が大きくなった。

この『たわみの差』の大きさが
違和感の原因だと考えています。

捉えた場所によって球の飛び出す角度が違ってしまうような
そんな感覚があったので。


私の好みが硬めの打球感だから
今後も試す予定はないのですが
打球感の柔らかいストリングをユルく張れば
ストリングが重なる真ん中付近でも柔らかいでしょうから
真ん中付近とトップ部の『たわみの差』は
少ないかもしれません。
もしくは
張る硬さが50Pを大きく上回るようであれば
全体が硬いから
『たわみの差』は少ないかもしれません。


105は目が粗いから
真ん中とトップ部にそこまでの『たわみの差』は出ず
深さのコントロールに難しさを感じるものの
縦オープンも使い分けることができる。

95では違和感を抱くほど
その差が大きくなった。

そんな風に考えています。


設定が決まるまで
少々 (いや、結構)
お金がかかってしまいましたが
ようやくしっくりくるようになりました。

これでプレーに集中できます。

人気blogランキングへ 言い訳の余地が無くなったとも言えますが、よかったらクリックをお願いします。


続きを読む >>
スポンサーサイト



ラケット関係 | 20:45:01 | Trackback(0) | Comments(4)