■プロフィール

丸坊主

Author:丸坊主
40代の男です。
テニスは高校から始めました。
福祉の仕事をしています。

『勝つときは正しいテニスで正しく勝つ。負けるときも正しいテニスで正しく負ける』
→テニスで知り会ったテニスマスターT氏の言葉は、私の生き方にも影響を与えてくれています。

『やることをやって、それで止められたなら運が悪かったということと、一方でひとつひとつの技術のクオリティーが低いから、それを許してしまうのだと思います』
(テニスマガジン2009.8号より)
→杉山愛選手のこの言葉はずっと心に残っています。試合における腹のくくり具合と冷静な自己分析が両立した、素敵な言葉だと思っています。

試合において、『正しいテニス』や『やるべきこと』をやりきれたか。練習において、試合で止められた技術の向上を意識して取り組んだか。
そんなことを考えながらテニスをしています。

使用ラケット:
ラケット迷子を抜け出し、マンティスプロ295(初代モデル)に決まりそうです。

使用ストリング:
ストリングは完全に迷子になっています。
テンションも28P~55Pで、振り幅が大きいです。

使用シューズ:
アシックス一筋です。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
X‐BLADE zero MP  ブリヂストン
いろいろ経緯を書き連ねても
言い訳にしかならないので
いつもの病気が再発してしまったと
認めることにします。
 (  他にどんな理由がある?)

レベル95と105の中間くらいで
しなるラケットがあったらいいのになぁ…
って思ってたら
天から降って  きたんです。
 (そんな訳はない  )


ブリヂストンのニューラケット
X‐BLADEシリーズの前モデル
早い話が『型落ち』です。

X‐BLADE zero MP
フェイス:99平方インチ
ウェイト:323g (総重量は343g)
バランス:313㎝
パターン:M16×C19

グリップ3に、パワジーを48Pで張りました。


レベル95・レベル105・MAX400i
と比べるという
かなりニッチなインプレになりますが…。



当然と言えば当然ですが
フレームの硬さは
105 > 95 > zero > 400i
となります。

個人的には105と95の差よりも
95とzeroの差のほうが大きいと感じました。

105は『割と硬い』
95は『硬いと言うよりしっかりしてる』
と感じていて
その二つより差が大きいと感じたので
個人的には『結構柔らかい』
のではないかと思ってます。
 (ちなみに400iは『すごく  柔らかい』)


その柔らかさのおかげか
ストロークで低めの球を上から叩きにいっても
いい具合に持ち上げてくれて
高めの球を叩くときには
面の伏せを意識しないとフカしてしまいます。
 (私の技量に対するご意見は一切受け付けません  )


飛びすぎる怖さはないけれど
弾きはいいように感じます。
スイートエリアはそこまで広くなく
95のサイドオープンと同じくらいかちょっと狭く
フルクローズより少し広いくらいかなぁと感じました。

スイートエリアよりもしなりに差があるので
レベル:しっかり弾く
zero:しなって弾く
という打球感の違いが大きいと思います。

zeroはスイートエリアを外しても
ボレー以外だったら
重量としなりで持っていけるので
その時の感じは400iに似ているかもしれません。


私個人の意見ですが
しっかりフレームでの弾き具合を
細かいストリングパターンで調整している95と
しなりによるパワーロスを
フェイスサイズやしならせ具合で調整しているzeroは
入り口こそ違うものの
ターゲットにしているプレーヤー (の技量) はほとんど重なり
あとはそれぞれの『好み』の問題なのかと
インプレを書きながら思ったりしました。
 (インプレで『好み』を言い出したら元も子もない  のですが…)


実は私の95は
サイドオープンなクセに超ゆるストリング (35P) で
フェイス回りにまあまあ鉛を貼っています。
ノーマルだと少し面ブレが気になって…。
 (私の技量に対するご意見は一切受け付けません  )

だから純粋な比較にはならないのですが
打球感を除いた『使い心地』は
zeroと近いように感じています。

自分にどちらが向いているのか
まだ判断しきれないでいます。


そうそう、ひとつだけ注意が 

ブリヂストンのグリップ3は
プリンス・ダンロップの3より
若干、だけどはっきりわかるくらい
太いです。

かといって3だった方が2を選んで
ちょうどいいかと聞かれると
自信はないのですが…。

人気blogランキングへ この病気はこれで最後にします…っていつも言ってますが、よかったらクリックをお願いします。


スポンサーサイト
ラケット関係 | 23:00:00 | Trackback(0) | Comments(2)
400iの効能
スクール限定のつもりだった400iですが
外テニスでも使うようになりました。

といっても基礎練習の時だけですけど 


試合形式とかではレベル95や105に持ち変えるのですが
なんだかラケットって

なんでもいい

んじゃないかと思うようになりました。


実はちょっとのラッキーと
いつもの病気  が重なり

BSのX‐BLADE ZERO MP 
 (今出ているヤツの前モデルです)

を手に入れちゃいました


レベルとは違った柔らかい打球感で
これも素敵なんですが
 (硬さを感じる105も、硬くも柔らかくもない95も素敵です)
400iに慣れてくると
硬いフレームでも柔らかいフレームでも
打ち方は同じというか
400iに比べれば何使っても硬いというか…

なんて言えばいいのでしょうか。

ラケットの差は感じますが
その差がプレーに影響を及ぼす割合が
かなり減ったと感じています。

気持ちの問題かもしれませんが。



そんな400iですが
フェイスなのかスロートなのか判断できませんが
確かにしなりを感じます。

ストリングもユルく張っているのですが
 (ナチュラルを35P)
ストリングのたわみとは別の
ラケット自体のしなりを感じます。
 (気のせい?)

ラケットがしなる上にストリングがたわむから
コントロール性は低くなると思うのですが
むしろ軽くて硬いラケットよりも
思った所に打てると感じるのが不思議です。

またボレー以外のショットなら
多少真ん中を外して捉えても
なんとかなってしまう。


ストリングがユルいのも関係しているのでしょうが
ラケットのしなりと重量でそれなりの打球にしてくれて
しかも振動はマイルドだったりするのです。

生きた球をきっちり捉え続ける自信がないからアレですが
シングルスだったらいつか使える日が来るかも…なんて考えています。

バックハンドのスライスがシビアなんで
まだまだ先でしょうけど。


元々スライスは難しいと感じているのですが
ホントに難しいです。

硬いラケットだと
切り下ろしてもソコソコごまかせるのですが
400iだと

・背筋を維持して突っ込まず
・体の中心まで引きつけて
・上からボールの内側を押さえつけるように…

という『いい形』で捉えないと
力のないフラットというか
相手にとって打ち頃な球筋にしかなりません。

これじゃあゲームを作れません。


シビアなボレーですが (捉えさえすれば) コントロールは効きます。
難しいローボレーでも (捉えさえすれば) 相手コートの深いところに持っていける。
 
捉えさえすれば (  とうとう諦めた)
滑る球からドロップまで自由自在。

捉えきれないのが唯一 (で最大) の難点です…。
特に速い展開になるとテキメンにダメです。

果たして試合で使える日は訪れるのでしょうか。

人気blogランキングへ これで重度の浮気性が改善するかも?よかったらクリックをお願いします。

ラケット関係 | 08:25:02 | Trackback(1) | Comments(3)
リターンが好きです
リターンが好きなんです。

サーブが苦手というか
サーブの体の使い方がうまくないから
余計にそう思うのかもしれません。


中学で軟式野球部だったせいか
リターンの時は
バッターのイメージでのぞんでいます。
 (でも得意だったのは送りバント…)

もちろんサーバーはピッチャーになります。


基本的にバッターボックスに立ったら
ヤマ張りや配球の読みはせず
 (することもあるけど)
ボディーに来るサーブに立ち遅れないよう
意識を置いて
自分の構えを作って視界を広く取り
 (≒ぼんやりとさせ)
インパクトで焦点をピタリと合わせる。

そこからフォア・バックに合わせてトップを作り
最短距離でインパクトに振り抜く。

フォロースルーはストロークと同じに
大きく取るよう心がけています。


・・・


実はコレ、丸坊主的バイブルのひとつ
落合博満の超野球学①・②
からのパクりでして。

「リターンはコンパクトにスイングする」
とよく言われますが
コンパクトなスイング
とはどういうものか
教えてくれたのがこの本でした。

>コンパクトなスイングの定義は
 『トップの位置はより深く
 バットは一直線に振り出し
 フォロースルーは大きく』

であり、速球に対しては

>始動を早くすれば解決できる
 (ともに「落合博満の超野球学①」P.42)

と書いてあります。

野球とテニスは違うので
『トップの位置はより深く』
というのは当てはまらないと考えますが
コンパクトなスイング ≠ 小さいスイング
を正確に教えてもらえたのは
私にとって大きな収穫でした。


・・・


とはいえ相手がいいサーバーの時は
タイミングをズラされたり
コースに振られたりして
スイングを崩されることがあります。

そんな時に
得意だったバントのイメージが生きるのです。

正確に言うと
向かってくる打球に対して
トップに入りきらないままスイングが始動しているので
 (だから崩されている)
最初の構えから見え見えの送りバントではなく
自分も生きるセーフティーバントのイメージです。
 (セーフティーバントは下手でしたが)



この打ち方
崇拝するテニスマスターT氏に褒められたことがあります。

曰く
『崩された中でなんとかラリーをつなごうとする意図が伝わり
ゾクッとする』
だそうで!!!

うれしかったなぁ。


もちろんちゃんとしたスイングを目指すのが大前提です。
試合形式の練習でこの打ち方をしたことはありますが
この打ち方を習得するための練習はしたことがありません。

練習ではあくまでも正しいスイングを体に覚えさせたいからです。

落合さん(選手?監督?)も

>きわどい球をカットする感覚は実戦で覚える
 練習しようとするとスイングを崩す

というようなことを書いていました。

なんとなく
バッティングのカットとブロック的なリターンは
似ているように感じて
私もこのための練習はしないようにしています。

人気blogランキングへ よかったらクリックをお願いします。

テニス・技術面 | 15:59:53 | Trackback(0) | Comments(3)
レベル95 丸坊主’Sチョイス
max400ipro×2

↑増えちゃいました 


フォアハンドを中心に一からやり直すため
昭和のラケット
MAX400iPRO
で練習しています。

もちろん難しいし重たいんですが
とりあえずなんとか使っています。

レッスン限定ですけど。
 (バックのスライスが一番シビアです)



小さいフェイスに慣れたせいか
腰を使う打ち方ができているのか
外テニスでレベル95を使っても
あまり厳しさを感じなくなりました。

そういう効果もあるんですね。


そんな私のレベル95セッティングは
サイドオープン・コーティングゼロ1.22を35P
という、かなりヘタレた  ものです。

400iは30Pで張っているので
緩さに際限が無くなってまして…。


実は密かに
レベル95も30Pくらいでいいんじゃないかと
考えております。


ヘタレたセッティングながら
フェイス周りにはそれなりに鉛を張り
総重量は345gくらいになりました。

元々トップが軽いのに元グリップをレザーにしたから
ヘッドが走りすぎて落ち着かなくなってしまい
いろいろ足したらこんなになってしまいました。

それでも400iより20gくらい軽いんです。



まだ疑いのようなものが残っていますが
フォアはだいぶよくなってきました。
きっちり振れるとコントロール性の高さを感じられます。

バックのスライスはいい具合に乗ってくれて
フォロースルーの大きさだけで
簡単に深さが調節できます。

さすがにここまで重くしてしまったんで
ダブルスで使うのは難しそうですが
シングルスのボレーで取り回しに困ることは (今のところ) ありません。
緩いストリングでも十分コントロールできるし
スイートエリアも広い感じがして
厳しい時でも助けてくれます。

サーブは何もいうことがありません。
緩いストリングでも変わることなく素敵です。

ここまでユルく張っていて
サイドオープンにもしてるのに
フカす感じはほとんどなく
コントロールできてしまうことに驚いています。



サーブが打ちやすくて
フォアとスライスがコントロールできるから
サーブで押し込んで
次をフォアなりスライスで
空いたスペース or バック側にアプローチし
前を狙う
という私のポイントの作り方がやりやすい。

リターンゲームでも
スキを見つけて前を狙う
自分の形に持っていきやすい。

ハードなストロークで押し込んで…
という方には合わないかもしれませんが
私のようなプレースタイルには
案外合うセッティングなのではないかと思っています。


今度の市民大会 (男S) 前に
ようやくいいセッティングを見つけられて
ホッとしています。

はたして試合はどうなることやら。

人気blogランキングへ よかったらクリックをお願いします。



ラケット関係 | 21:37:43 | Trackback(0) | Comments(8)

FC2Ad