FC2ブログ
 
■プロフィール

丸坊主

Author:丸坊主
40代の男です。
テニスは高校から始めました。
福祉の仕事をしています。

『勝つときは正しいテニスで正しく勝つ。負けるときも正しいテニスで正しく負ける』
→テニスで知り会ったテニスマスターT氏の言葉は、私の生き方にも影響を与えてくれています。

『やることをやって、それで止められたなら運が悪かったということと、一方でひとつひとつの技術のクオリティーが低いから、それを許してしまうのだと思います』
(テニスマガジン2009.8号より)
→杉山愛選手のこの言葉はずっと心に残っています。試合における腹のくくり具合と冷静な自己分析が両立した、素敵な言葉だと思っています。

試合において、『正しいテニス』や『やるべきこと』をやりきれたか。練習において、試合で止められた技術の向上を意識して取り組んだか。
そんなことを考えながらテニスをしています。

使用ラケット:
ダンロップのNEOMAX2000に決まりそうです。

使用ストリング:
縦ポリ/横ナイロンであればなんでもよくなっています。
テンションは35P~40Pくらいで落ち着きました。

使用シューズ:
ここは変わらず、アシックス一筋です。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
リターンが好きです
リターンが好きなんです。

サーブが苦手というか
サーブの体の使い方がうまくないから
余計にそう思うのかもしれません。


中学で軟式野球部だったせいか
リターンの時は
バッターのイメージでのぞんでいます。
 (でも得意だったのは送りバント…)

もちろんサーバーはピッチャーになります。


基本的にバッターボックスに立ったら
ヤマ張りや配球の読みはせず
 (することもあるけど)
ボディーに来るサーブに立ち遅れないよう
意識を置いて
自分の構えを作って視界を広く取り
 (≒ぼんやりとさせ)
インパクトで焦点をピタリと合わせる。

そこからフォア・バックに合わせてトップを作り
最短距離でインパクトに振り抜く。

フォロースルーはストロークと同じに
大きく取るよう心がけています。


・・・


実はコレ、丸坊主的バイブルのひとつ
落合博満の超野球学①・②
からのパクりでして。

「リターンはコンパクトにスイングする」
とよく言われますが
コンパクトなスイング
とはどういうものか
教えてくれたのがこの本でした。

>コンパクトなスイングの定義は
 『トップの位置はより深く
 バットは一直線に振り出し
 フォロースルーは大きく』

であり、速球に対しては

>始動を早くすれば解決できる
 (ともに「落合博満の超野球学①」P.42)

と書いてあります。

野球とテニスは違うので
『トップの位置はより深く』
というのは当てはまらないと考えますが
コンパクトなスイング ≠ 小さいスイング
を正確に教えてもらえたのは
私にとって大きな収穫でした。


・・・


とはいえ相手がいいサーバーの時は
タイミングをズラされたり
コースに振られたりして
スイングを崩されることがあります。

そんな時に
得意だったバントのイメージが生きるのです。

正確に言うと
向かってくる打球に対して
トップに入りきらないままスイングが始動しているので
 (だから崩されている)
最初の構えから見え見えの送りバントではなく
自分も生きるセーフティーバントのイメージです。
 (セーフティーバントは下手でしたが)



この打ち方
崇拝するテニスマスターT氏に褒められたことがあります。

曰く
『崩された中でなんとかラリーをつなごうとする意図が伝わり
ゾクッとする』
だそうで!!!

うれしかったなぁ。


もちろんちゃんとしたスイングを目指すのが大前提です。
試合形式の練習でこの打ち方をしたことはありますが
この打ち方を習得するための練習はしたことがありません。

練習ではあくまでも正しいスイングを体に覚えさせたいからです。

落合さん(選手?監督?)も

>きわどい球をカットする感覚は実戦で覚える
 練習しようとするとスイングを崩す

というようなことを書いていました。

なんとなく
バッティングのカットとブロック的なリターンは
似ているように感じて
私もこのための練習はしないようにしています。

人気blogランキングへ よかったらクリックをお願いします。

スポンサーサイト



テニス・技術面 | 15:59:53 | Trackback(0) | Comments(3)