■プロフィール

丸坊主

Author:丸坊主
40代の男です。
テニスは高校から始めました。
福祉の仕事をしています。

『勝つときは正しいテニスで正しく勝つ。負けるときも正しいテニスで正しく負ける』
→テニスで知り会ったテニスマスターT氏の言葉は、私の生き方にも影響を与えてくれています。

『やることをやって、それで止められたなら運が悪かったということと、一方でひとつひとつの技術のクオリティーが低いから、それを許してしまうのだと思います』
(テニスマガジン2009.8号より)
→杉山愛選手のこの言葉はずっと心に残っています。試合における腹のくくり具合と冷静な自己分析が両立した、素敵な言葉だと思っています。

試合において、『正しいテニス』や『やるべきこと』をやりきれたか。練習において、試合で止められた技術の向上を意識して取り組んだか。
そんなことを考えながらテニスをしています。

使用ラケット:
ラケット迷子を抜け出し、マンティスプロ295(初代モデル)に決まりそうです。

使用ストリング:
ストリングは完全に迷子になっています。
テンションも28P~55Pで、振り幅が大きいです。

使用シューズ:
アシックス一筋です。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
魔法の杖、みたいなものについて
私が以前勤めていたのは
グループホーム(中軽度の方の住まい)
ケアホーム(重度の方の住まい)
ショートステイ
がくっついた施設でした。
 (開設から働いてました)

そこの初代施設長がかなりむちゃくちゃで
人にモノを教えるということをほとんどせず
せっかちで
放っておくとなんでも自分でやってしまう
そんな方でした。

でも利用者対応はダントツ。

私ごときがひっくり返ってもかなわない
比べることさえできない高みにいました。


『対人支援に魔法の杖はない』
とよく言われるのですが
その『魔法の杖』を持っているかのようで。





ショートステイで4~5才くらいの
自閉症で多動のちびっ子が来ても
気がつくと一緒に寝ころんでビデオを見ている。
(わかる方にはわかるでしょうが、私なんかだと付きっきりで一日走り回ることになります)

20年くらい自宅に引きこもり
生活リズムが完全に崩れてしまったダウン症の方が来ても
自宅では滅多に入らないお風呂に一緒に入り
自宅では外出なんかしたがらないのに
一緒に花見に出かけてしまう。


怖いから仕方がなく従っている
というのであればわかるのですが
(確かに叱るときは怖い人でした)
どのケースでも仲良くなっている。

関わっている様子を見ても楽しそうだし
片言の言葉しか持たない利用者が
勤務表にあった施設長の名前を指さして
『ともだち』
などと言う。



ホンの一時期ですが
この施設長の先輩という女性が
手伝いに来てくれたことがありました。

おばあちゃんと言っていいくらいの年齢の
おだやかな女性でした。


夏休み真っ盛りのショートステイで
日中は学童の面々に施設が占拠され
彼らも私もヒートアップしている中
この女性が来るだけでその部屋が涼しくなり
無軌道に暴れまくっていたちびっ子たちが
なんとなく穏やか遊ぶようになる。





こんなことは日常茶飯事でした。

なぜこんなことが可能なのか
一度施設長に聞いたことがありまして
その時は
『今まで何千人、何万人の利用者を見てきたから、いくつかのパターンが見える』
と答えてくれました。

確かにそういう面もあるでしょう。
でもそれだけでは説明の付かないことが多すぎる。


人に教えない職人気質の方だったので
それ以上の話はありませんでした。

代わりに
数え切れない実例を見せつけてくれたのです。





『個人ではなくチームとして支援する』
『人ではなくシステムで支えられるのがよい支援』
等々、このような内容のことが叫ばれています。
もちろんウチの職場も同様です。

私だってその通りだと思いますし
その趣旨も理解しているつもりです。

でも
それでも私はこの人に近づきたい。
この人と同じ視点に立って
人が人を支援することの技術を突き詰めたい。

だから職場で起きているこういった流れからも
一歩引いてしまうのです。


そもそも
一対一の力量を上げようとせず
ことさらチームを強調するのは
支援員一人一人の責任を軽くしたいだけではないのか。
それは我々の専門性(の少なくとも半分)を放棄することにはならないだろうか。


ある程度の対応の適切さが備わっていれば
誰が関わっても同じ支援ができるなんて
そんな仕事なのだろうか。

もちろん言葉使いをはじめ適切な対応というのは
必ず押さえなければなりません。
(それすらもままならない者がいるのも事実です)
(そんな人間がムダにキャリアだけ長かったりすると怒りさえ覚えます)

でも、それだけではない『身体感覚』とでもいうべき
個人の力量について
もっと突き詰める必要があるのではないか。





いくつかの記事を流し読んでいただければ
だいたいおわかりかと思いますが
私は不器用です。

ここであげた方々までいかなくても
『センスがいい』
としか表現できない
素敵な関わり方をする同僚たちにさえ
全然かないません。

だからこそ
私はその身体感覚を
言語化したい。

この職人技を理屈で捉えて少しでもその差を埋めたい。
そんなことを考えながら働いています。

人気blogランキングへ よかったらクリックをお願いします。

スポンサーサイト
福祉の仕事 | 15:04:05 | Trackback(0) | Comments(2)
邪悪なものの鎮め方
なぜそういうことが起こりえるのか
いまだにわからないのですが
この本を読んで
少し理解に近づいた気がしています。

内田樹著
『邪悪なものの鎮め方』

ここに
『何かしないと災厄が訪れるが、何をしたらいいかわからない状況』
を生き抜くヒントとして

①礼儀正しさ
②身体感覚
③オープンマインド

の3点が大事だと書かれていました。
その中で特に②
『身体感覚』に惹かれました。



活動中でものんびりしている時間でもいいんですが
利用者のみなさんと過ごしているときに
『今自分が席を外すと何か起きそうな気がする』
『この利用者を一人で行かせると何か起こりそうな気がする』
というような『何か』を感じることがあります。

カンと言ってしまえばそれまでですが
今までたくさんの時間を共有してきて
気づかぬうちに細かくて膨大なデータを積み重ねている訳です。

そこから
『何かが起きそう』
という感覚が降りてきたとしても
不思議ではないというか
そういうこともありえるだろうなと思います。

私がこだわっている対人支援の技術とか力量とか
センスとか言われるモノを考える上で
大きなヒントになるだろうと感じています。

(次回に続きます)
人気blogランキングへ ぼんやりした話が数回続きますが、よかったらクリックをお願いします。

本とか音楽とか | 11:50:53 | Trackback(0) | Comments(2)
バボラのアディクション130
zeroのサブの方に46Pで張っています。

少したわみを感じるけど
飛びは抑えめ。
打球音がややこもるくらいで
特に強い個性は感じず
だけどなんとなくなじんでしまう
不思議なストリングです。

ストロークでがっつり捉えると
グッと食いついて弾くけれど
思ったほどではなく
ほどほどに抑えが効く。

他のラケットに張ったことがないので
決めつけてしまうのもアレですが
迷ったらアディクション
みたいな使われ方が最も適している気がします。


使ったことのあるバボラのナイロンと比べると
パワジーほどのコシの強さはなく
ブリオほど柔らかくはなく
ファイバープレミアムのような高級感のある(?)
個性的な打球感もない
といった感じです。


一言でまとめると
硬めのマルチ
です。

個人的には気に入ってます。

人気blogランキングへ 一切購買意欲のわかないインプレですが、よかったらクリックをお願いします。


ストリング関係 | 21:01:42 | Trackback(0) | Comments(0)
コウノエベルト その後
ヒザ用の素敵さはまだ続いています。
(私は左ヒザに付けてます)

調子の波は当然あるのですが
懸案のフォアハンドで恩恵を感じられ
最近はとても楽しくプレーできています。

不思議なんですが
左ヒザに『巻かれている感』を意識しながら球に入ると
身体の開きを抑えてくれます。
(抑えてくれる感じがします)

なんでなんでしょう。


一方ヒジ用は左に付けててもいまいち効果を実感できず
右にしてみたら動きが制限される感じがしてイヤで
すぐ戻しました。

左ヒジにしていれば邪魔にはならないので
しばらく続けて様子を見ようかと思ってます。


どうやら効果を実感できる場所は
人によって違うみたいです。
さらに言えば
実感できるかどうかと
実際の効果の有無とは
別の話なのかもしれないと感じています。

なのでヒジ用・ヒザ用のどっちが合うかは
付けてプレーしてみないとわからない。

できればその違いを第三者に見てもらったほうがいいと思います。


私はすでに腰サポーターをしているので
腰用は買いませんでしたが
初めてコウノエベルトを買う人は
腰用から入った方が無難なのかもしれません。

人気blogランキングへ 役に立つとは思えないインプレになりましたが、よかったらクリックをお願いします。

買ってみた。 | 14:16:26 | Trackback(0) | Comments(0)
ブリヂストン X-BLADE ZERO 3.2 MP その後
結局2本に増えちゃいました。

グリップが3までしかないので
太くするチューブを巻いて
さらにオーバーグリップとストリングを足して
350gくらいになりました。

メインで使っている方は
ウィルソンナチュラルを48P
サブの方は
バボラのアディクションを46P
にしています。

今年度の試合はだいたい終わったので
今からコレに慣れて
来年度の試合に備えようという魂胆です。


インプレを調べていくと
『硬い』という記載が多いように思います。

確かに当てるだけだと硬く感じますが
多少でも振れればしなりを感じることができます。
その時は柔らかさとかしなやかさの印象を受けます。

特にフォアとサーブは
他のラケットだとアウトになる軌道でも
ラインの内側に入ってくれることが多いんですが
これはしなりが関係しているように感じています。


ある程度のスイングだとフレームがしなり
それによって多少のオフセンターでもフォローしてくれる。
しかし当てるだけだとしならないから
オフセンターに対してもシビアになる。

面はしっかりしていて重さもあるから
真ん中付近で捉えられればいい球を作れます。
切ったりかけたりするよりも
フラット気味に捉えた方がこのラケットには合うように感じます。


こう書いていくと
個性の強いラケットのように思われるかもしれませんが
個人的には
『飛びが控えめだけど変な味付けのないまっさらなラケット』
だと感じています。

極端にシビアではありませんが
自分の実力がそのまま出てしまうという意味でのシビアさはあるので
試合に出ることを考えると
ホントにコレでいいのか考えてしまうところもあるのですが…。


変な味付けのないラケットなので
すごくいい!
とか
全然使えない!
といった極端な感想は
持たれにくいラケットだと思います。

毎年のようにラケットをコロコロ変えている私が
言えたことではないのですが
じっくり使い込むタイプでそこそこの筋力がある男性なら
長く相棒として使い続けられるのではないかと思います。


…えっ?私?

私は飽きっぽいからなぁ。

人気blogランキングへ この時点で最低ですが、よかったらクリックをお願いします。


ラケット関係 | 21:54:27 | Trackback(0) | Comments(2)
コウノエベルト(ヒザ用とヒジ用)
お久しぶりです。

めちゃくちゃ忙しかったり
体調を崩したり
いろんなことがあったのですが
そんな話はさておいて。


テニスによさげなグッズを見つけると
気になって気になってどうしようもなくなってしまう
不治の病を抱えているので
仕方ありません。

また買ってしまいました。


関節を正しい位置に合わせることで
身体全体のバランスを整え…
とかなんとか
いろいろ書いてあった気もしますが
ともかくいいらしいです。
 (詳しい説明はサイトを見てください)


私はヒザ用 (L) とヒジ用 (L) を買いました。

他のラインナップとしては
腰用のハードタイプとソフトタイプがあります。

どうやら腰用が先に発売になって
その評判がよくって
それを受けて (?) 発売されたモノらしいです。

たいていそういうのって
二番煎じ的に残念だったりするのですが
はたして効果や如何に。



で、先日スクールでヒジ・ヒザ(ともに左側)に付けてみたのですが

これ

意外といい

かもしれないです。



ストロークの時に
腰が先に開いてしまうクセがありまして
そういうケースでは左側に付けるといいということで (右利きの場合)
やってみました。


私が特にいいと思ったのはヒザ用。

常にヒザに
『何か巻かれている感』
があって
それを感じながらストロークを打つと
身体の開きが抑えられるように感じました。

『何か巻かれている感』
だけがいいのであれば
今まで何個もサポーターの類を試しているので
その時点で効果があったはずです。

でも普通のサポーターに開きを抑える効果は感じなかったから
開きの抑制はコウノエベルト特有の効果と言っていいかと考えています。


確かめる術がないのですが
本当にバランス的なものが整えられているのかもしれません。

そういう自覚はないのですが。


一方のヒジ用ですが
こちらの効果はよくわかりませんでした。

ヒジ用は上半身に効果があるということなので
たまたま私は下半身のバランスが悪く
上半身はそれほどでもなくて
ヒジ用のよさがわかりにくかったのかもしれません。

よくわからないまま
勝手に想像しているだけですが。


ベルトを付けてプレーしてもほとんど違和感はないし
 (巻く強さも調節できます)
そんなに高くもないし
気になった方は試してみてもいいかもしれません。

少なくとも
パワーバランスやEFXやエルグ
それに類するネックレス系などよりは
効果を実感しやすかったです。
 (あくまでも丸坊主の主観です)


それよりもこの病を治すグッズがあれば…


買ってみた。 | 07:53:39 | Trackback(0) | Comments(2)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。