FC2ブログ
 
■プロフィール

丸坊主

Author:丸坊主
40代の男です。
テニスは高校から始めました。
福祉の仕事をしています。

『勝つときは正しいテニスで正しく勝つ。負けるときも正しいテニスで正しく負ける』
→テニスで知り会ったテニスマスターT氏の言葉は、私の生き方にも影響を与えてくれています。

『やることをやって、それで止められたなら運が悪かったということと、一方でひとつひとつの技術のクオリティーが低いから、それを許してしまうのだと思います』
(テニスマガジン2009.8号より)
→杉山愛選手のこの言葉はずっと心に残っています。試合における腹のくくり具合と冷静な自己分析が両立した、素敵な言葉だと思っています。

試合において、『正しいテニス』や『やるべきこと』をやりきれたか。練習において、試合で止められた技術の向上を意識して取り組んだか。
そんなことを考えながらテニスをしています。

使用ラケット:
ダンロップのNEOMAX2000に決まりそうです。

使用ストリング:
縦ポリ/横ナイロンであればなんでもよくなっています。
テンションは35P~40Pくらいで落ち着きました。

使用シューズ:
ここは変わらず、アシックス一筋です。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
邪悪なものの鎮め方
なぜそういうことが起こりえるのか
いまだにわからないのですが
この本を読んで
少し理解に近づいた気がしています。

内田樹著
『邪悪なものの鎮め方』

ここに
『何かしないと災厄が訪れるが、何をしたらいいかわからない状況』
を生き抜くヒントとして

①礼儀正しさ
②身体感覚
③オープンマインド

の3点が大事だと書かれていました。
その中で特に②
『身体感覚』に惹かれました。



活動中でものんびりしている時間でもいいんですが
利用者のみなさんと過ごしているときに
『今自分が席を外すと何か起きそうな気がする』
『この利用者を一人で行かせると何か起こりそうな気がする』
というような『何か』を感じることがあります。

カンと言ってしまえばそれまでですが
今までたくさんの時間を共有してきて
気づかぬうちに細かくて膨大なデータを積み重ねている訳です。

そこから
『何かが起きそう』
という感覚が降りてきたとしても
不思議ではないというか
そういうこともありえるだろうなと思います。

私がこだわっている対人支援の技術とか力量とか
センスとか言われるモノを考える上で
大きなヒントになるだろうと感じています。

(次回に続きます)
人気blogランキングへ ぼんやりした話が数回続きますが、よかったらクリックをお願いします。

スポンサーサイト



本とか音楽とか | 11:50:53 | Trackback(0) | Comments(2)