FC2ブログ
 
■プロフィール

丸坊主

Author:丸坊主
40代の男です。
テニスは高校から始めました。
福祉の仕事をしています。

『勝つときは正しいテニスで正しく勝つ。負けるときも正しいテニスで正しく負ける』
→テニスで知り会ったテニスマスターT氏の言葉は、私の生き方にも影響を与えてくれています。

『やることをやって、それで止められたなら運が悪かったということと、一方でひとつひとつの技術のクオリティーが低いから、それを許してしまうのだと思います』
(テニスマガジン2009.8号より)
→杉山愛選手のこの言葉はずっと心に残っています。試合における腹のくくり具合と冷静な自己分析が両立した、素敵な言葉だと思っています。

試合において、『正しいテニス』や『やるべきこと』をやりきれたか。練習において、試合で止められた技術の向上を意識して取り組んだか。
そんなことを考えながらテニスをしています。

使用ラケット:
ダンロップのNEOMAX2000に決まりそうです。

使用ストリング:
縦ポリ/横ナイロンであればなんでもよくなっています。
テンションは35P~40Pくらいで落ち着きました。

使用シューズ:
ここは変わらず、アシックス一筋です。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
魔法の杖、みたいなものについて
私が以前勤めていたのは
グループホーム(中軽度の方の住まい)
ケアホーム(重度の方の住まい)
ショートステイ
がくっついた施設でした。
 (開設から働いてました)

そこの初代施設長がかなりむちゃくちゃで
人にモノを教えるということをほとんどせず
せっかちで
放っておくとなんでも自分でやってしまう
そんな方でした。

でも利用者対応はダントツ。

私ごときがひっくり返ってもかなわない
比べることさえできない高みにいました。


『対人支援に魔法の杖はない』
とよく言われるのですが
その『魔法の杖』を持っているかのようで。





ショートステイで4~5才くらいの
自閉症で多動のちびっ子が来ても
気がつくと一緒に寝ころんでビデオを見ている。
(わかる方にはわかるでしょうが、私なんかだと付きっきりで一日走り回ることになります)

20年くらい自宅に引きこもり
生活リズムが完全に崩れてしまったダウン症の方が来ても
自宅では滅多に入らないお風呂に一緒に入り
自宅では外出なんかしたがらないのに
一緒に花見に出かけてしまう。


怖いから仕方がなく従っている
というのであればわかるのですが
(確かに叱るときは怖い人でした)
どのケースでも仲良くなっている。

関わっている様子を見ても楽しそうだし
片言の言葉しか持たない利用者が
勤務表にあった施設長の名前を指さして
『ともだち』
などと言う。



ホンの一時期ですが
この施設長の先輩という女性が
手伝いに来てくれたことがありました。

おばあちゃんと言っていいくらいの年齢の
おだやかな女性でした。


夏休み真っ盛りのショートステイで
日中は学童の面々に施設が占拠され
彼らも私もヒートアップしている中
この女性が来るだけでその部屋が涼しくなり
無軌道に暴れまくっていたちびっ子たちが
なんとなく穏やか遊ぶようになる。





こんなことは日常茶飯事でした。

なぜこんなことが可能なのか
一度施設長に聞いたことがありまして
その時は
『今まで何千人、何万人の利用者を見てきたから、いくつかのパターンが見える』
と答えてくれました。

確かにそういう面もあるでしょう。
でもそれだけでは説明の付かないことが多すぎる。


人に教えない職人気質の方だったので
それ以上の話はありませんでした。

代わりに
数え切れない実例を見せつけてくれたのです。





『個人ではなくチームとして支援する』
『人ではなくシステムで支えられるのがよい支援』
等々、このような内容のことが叫ばれています。
もちろんウチの職場も同様です。

私だってその通りだと思いますし
その趣旨も理解しているつもりです。

でも
それでも私はこの人に近づきたい。
この人と同じ視点に立って
人が人を支援することの技術を突き詰めたい。

だから職場で起きているこういった流れからも
一歩引いてしまうのです。


そもそも
一対一の力量を上げようとせず
ことさらチームを強調するのは
支援員一人一人の責任を軽くしたいだけではないのか。
それは我々の専門性(の少なくとも半分)を放棄することにはならないだろうか。


ある程度の対応の適切さが備わっていれば
誰が関わっても同じ支援ができるなんて
そんな仕事なのだろうか。

もちろん言葉使いをはじめ適切な対応というのは
必ず押さえなければなりません。
(それすらもままならない者がいるのも事実です)
(そんな人間がムダにキャリアだけ長かったりすると怒りさえ覚えます)

でも、それだけではない『身体感覚』とでもいうべき
個人の力量について
もっと突き詰める必要があるのではないか。





いくつかの記事を流し読んでいただければ
だいたいおわかりかと思いますが
私は不器用です。

ここであげた方々までいかなくても
『センスがいい』
としか表現できない
素敵な関わり方をする同僚たちにさえ
全然かないません。

だからこそ
私はその身体感覚を
言語化したい。

この職人技を理屈で捉えて少しでもその差を埋めたい。
そんなことを考えながら働いています。

人気blogランキングへ よかったらクリックをお願いします。

スポンサーサイト



福祉の仕事 | 15:04:05 | Trackback(0) | Comments(2)